ブロックチェーンで「信用組合ネットワーク」構築へ|IBMとCULedgerが提携

by BITTIMES

ブロックチェーンコンソーシアムである「CULedger」は、金融協同組合や信用組合により良いビジネスモデルを提供するため、IBMと共同で新しいアプリケーションを開発する事を発表しました。これらソリューションにはIBMが開発した「Hyperledger Fabric(ハイパーレジャー・ファブリック)」も用いられます。

こちらから読む:金融・食品・医療など幅広い分野で提携拡大「IBM」関連ニュース

信用組合などのために新たな金融サービスの提供を目指し、様々なプライベートブロックチェーンを試している「CULedger」は、新たにIBMが提供するブロックチェーン「Hyperledger Fabric」を利用する事を発表しました。これにより不変の監査証跡を作成でき、新しいビジネスモデルや、既存のビジネスモデルの変換、幅広い会員の獲得などが可能になると伝えられています。

IBMが提供する「Hyperledger Fabric」を使用する事によって、
・ID認証やKYC(本人確認)のコンプライアンス向上
・貸し付けや支払いなどのサービス改善
を図ることができるとされており、2019年後半には「CULedger」に加入している信用組合などのメンバーに提供される予定だと報じられています。

なお、Hyperledgerとは仮想通貨を発行せず、様々な分野に応用可能なオープンソースのブロックチェーンプラットフォームであり、信頼性や透明性を確保することを目指している多くの企業が開発・参加しています。

信用組合サービス組織(CUSO)である「CULedger」は、先月1,000万ドル(約11億円)を資金調達に成功しており「R3/Hedera/Evernym」とも提携を結んでいます。今回新たにIBMとの提携が発表されたものの、これまでのパートナー関係は維持すると報じられています。

CULedgerの主力ソリューションとして知られる社内のID管理サービス「MyCUID」は、Hyperledger IndyをベースにEvernymと共同で開発されており、ID認証をより強固にしたサービスを提供しています。この「MyCUID」は、信用組合がネットワーク上のあらゆる信用組合間で取引を行う事ができる共有金融サービス支援に役立つものとなっています。

信用組合業界は、これまで2億6,000万人以上の会員にサービスを提供しており、ブロックチェーン技術を採用することにより、より安全で速く効率的な取引を可能にし、また金融機関のサービスにアクセスできない中小企業を助ける事も可能にします。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシア:政府職員に「暗号資産の保有状況報告」を義務付け

ロシア:政府職員に「暗号資産の保有状況報告」を義務付け

「ビットコイン送金時間かかりすぎ!」その問題解決しますよライトニングネットワーク

「ビットコイン送金時間かかりすぎ!」その問題解決しますよライトニングネットワーク

Ripple社:政府との関係強化に向け「米ワシントン」に新オフィス開設

Ripple社:政府との関係強化に向け「米ワシントン」に新オフィス開設

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

グローバルなステーブルコイン「リスク評価が重要」だと強調:G20共同声明

グローバルなステーブルコイン「リスク評価が重要」だと強調:G20共同声明

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

注目度の高い仮想通貨ニュース

c0ban取引所:最大5,000円相当のRYOがもらえる「秋のプレゼントキャンペーン」開始

c0ban取引所:最大5,000円相当のRYOがもらえる「秋のプレゼントキャンペーン」開始

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

コインチェック:オリジナルパーカーが当たる「Twitterキャンペーン」開始

コインチェック:オリジナルパーカーが当たる「Twitterキャンペーン」開始

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Gaziantep F.K.」と提携|$GFKファントークン発行へ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す