ブラウザを選ぶなら「ブロックチェーン基盤のブレイブ」Wikipedia創設者がChromeを批判

by BITTIMES   

ブロックチェーン基盤のWebブラウザ「Brave(ブレイブ)」は、Wikipedia(ウィキペディア)の共同創設者であるLarry Sanger(ラリー・サンガー)氏から高い評価を受けています。同氏は、自身のブログ記事の中で「Google Chrome」や「Mozilla Firefox」といった主流のWebブラウザは『使用するべきではない』との考えを語り、プライバシーを重視したサービスを使用するべきだと提案しています。

こちらから読む:Wikipedia共同設立者が推奨するブラウザ「Brave」関連ニュース

「Google Chrome」に潜む問題点

Larry Sanger(ラリー・サンガー)氏は、2019年3月17日に更新したブログ記事の中で、
・Google Chrome
・Mozilla Firefox
・Apple iCloud
といった世界中で非常に多くの人々に愛用されているWebブラウザやクラウドサービスなどを名指しし、それらのサービスは利用すべきではないとの考えを語りました。

サンガー氏が指摘している問題点は、これらのサービスが「ユーザーから大量の個人情報を収集している」という点です。さらに同氏はGoogleはユーザーのプロフィール情報を保存しており、Google検索では他にもたくさんの情報を抽出していると説明し、Gmailなどのサービスも使用するのをやめるべきだと主張しています。

同氏は自分自身がそれらのサービスの代わりに、ブロックチェーン技術や仮想通貨を採用していることで注目を集めているプライバシーに特化したWebブラウザ「Brave」を使用していることを語っており、読者に対して「より良いパスワード管理ソフトウェアを使用するべき」とも説明しています。

プライバシー特化型のWebブラウザ「Brave」

Brave(ブレイブ)は、2016年1月にリリースされた比較的新しいブラウザであり、これまでにない独自の機能を数多く備えていることでも注目されています。このブラウザも同様に個人情報を収集しますが、これらの情報はユーザーのコンピュータ内にとどまるように設計されているため、集めされた個人情報は「Brave社」には送信されないと説明されています。

また「Brave」は、仮想通貨ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)を採用しているため、ユーザーが評価しているWebサイトに適切な報酬が支払われる仕組みとなっています。

将来的にはユーザーが広告を表示するかどうかを選択し、広告を閲覧したユーザーに「BATトークンによる報酬」が支払われる仕組みを導入することが予定されています。この仕組みが採用されることによって、ユーザーは自分自身の個人情報を提供する代わりに、それに応じた報酬を受け取って収益化を測ることができるようになります。

個人情報は「価値あるデータ」に

サンガー氏はブロックチェーン業界に深く関わっている人物でもあり、イオス(EOS)のブロックチェーン技術を用いて作成された「Everipedia(エヴァリペディア)」の最高情報責任者でもあります。2018年8月に公開されたこのサービスは「新しいWikipedia」とも言えるサービスとなっており、独自の仮想通貨「IQトークン」による報酬システムを搭載しています。

プライバシーが重要視される現代社会では、既存の中央管理された個人情報の扱い方を問題視する意見が数多く見られています。これまではそれらの個人情報を売買することによって収益化を図っている企業が存在していましたが、仮想通貨やブロックチェーン技術が登場したことによって、「個人が自分自身の個人情報を提供して収益化を図る」ことができるようになりました。

Googleなどの大手企業が収集している個人情報は、ユーザーに適した広告やWebサイトを表示するためなどに役立てられているため、このような状況を歓迎している人もいますが、今後はそういった個人情報の扱い方も徐々に変化していく可能性があります。

Larry Sanger(ラリー・サンガー)氏が公開したブログ記事の全文は以下の公式ブログをどうぞ
>Larry Sanger氏のブログ記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MicroStrategy:ビットコイン購入に向けた資金調達を完了「10億ドル相当の株式売却」も計画

MicroStrategy:ビットコイン購入に向けた資金調達を完了「10億ドル相当の株式売却」も計画

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

日本暗号資産市場社「イチバ(ICHIBA/ICB)」の販売開始|オンライン勉強会も開催へ

日本暗号資産市場社「イチバ(ICHIBA/ICB)」の販売開始|オンライン勉強会も開催へ

トラックでブロックチェーンベースの「M2M決済システム」をテスト:コメルツ銀行

トラックでブロックチェーンベースの「M2M決済システム」をテスト:コメルツ銀行

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す