Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

by BITTIMES

ブロックチェーンや分散型台帳技術の普及を目的とした団体である「INATBA(International Association for Trusted Blockchain Applications)」と呼ばれる国際標準化協会にRipple(リップル)社が創設メンバーとして参加したことが明らかになりました。この団体はブロックチェーン・仮想通貨業界の発展のために政府機関などと協力して環境整備や業界の基準を作成するための活動を行なっています。

こちらから読む:Coinbaseが送金手段として賞賛「Ripple/XRP」関連ニュース

Ripple社「INATBA」の設立メンバーとして参加

Ripple社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、2019年4月2日にRipple社の公式Twitterを通じて「INATBA(International Association for Trusted Blockchain Applications)」と呼ばれる組織にRipple社が設立メンバーとして加入したことを発表しました。

私たちは「INATBA」の創設メンバーであることに感動しているのと共に、主要メンバーとして参加できることを楽しみにしています!

INATBAとは?

INATBA(International Association for Trusted Blockchain Applications)は、欧州委員会が立ち上げたブロックチェーンや分散型台帳技術(DLT)の普及を目指す国際標準化協会であり、「中小企業/政策立案者/規制当局/標準化団体」などが協力してブロックチェーン・仮想通貨業界における理想的な規制を構築するための活動を行なっています。

同組織は具体的な目標として、
・ブロックチェーン・分散台帳技術の規制に関する規制当局との積極的な対話
・ブロックチェーン・分散台帳技術のインフラガバナンスのグローバルモデル構築
・参加者間で相互運用性のある基準の策定
・分野に特化したガイドラインの開発
を掲げています。

2018年11月に欧州連合によって設立された「INATBA」の初期メンバーには
ConsenSys
IOTA
・UniBright
・RoyaltyRange
・STOKR
などが含まれており、その後は、
・Ledger
・R3
IBM Belgium
・Guard Time
・Swift
・Barclays
・BBVA、Accenture
・Cardano Foundation
などの新会員が参加しています。また、カルダノ財団が参加した際には、カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格高騰にも繋がったとも報じられています。

「暗号業界全体での協力」非常に重要

ブラッド・ガーリングハウス氏は、今回の発表の中で今は暗号業界にとって非常に大事な時期であるため、仮想通貨・ブロックチェーン関連企業や団体が協力して、規制当局や政府と関わっていくことが重要だと語っています。

今は分散型台帳技術にとって非常に重要な時期であるため、業界人である私たちが集まって世界中の規制当局や政府との関わりを持つことが重要です。欧州委員会と協力して努力を続けていくことによって、業界をリードしていくことができるでしょう。私たちはこの取り組みに関わりを持てることに興奮しており、業界を導く団体の参加者になることを楽しみにしています。

Ripple社はすでに数多くの金融機関と協力して世界中に広がる国際送金ネットワークを構築していますが、仮想通貨XRPを支持するコミュニティの間でもXRPを世界の主要なサービスに統合するための活動が続けられています。

INATBAに参加したことによって、これからRipple社がより多くの企業や政府機関などと協力していくことになれば、XRPは「世界中で利用できる新しいお金」としてビットコインと同様に幅広い分野で活用されていくことになると予想されます。

エックスアールピー(XRP)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

年間1兆円もコスト削減可能!最大手銀行がブロックチェーンに夢中な理由

年間1兆円もコスト削減可能!最大手銀行がブロックチェーンに夢中な理由

金融大手Fidelity:ビットコイン送金の聖火リレー「Lightning Torch」に参加

金融大手Fidelity:ビットコイン送金の聖火リレー「Lightning Torch」に参加

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

フランス銀行:中央銀行デジタル通貨の利用実験に向け「アプリケーション」募集開始

フランス銀行:中央銀行デジタル通貨の利用実験に向け「アプリケーション」募集開始

サンディエゴ国際映画祭と「ライトコイン財団」が提携|仮想通貨LTCで賞金を授与

サンディエゴ国際映画祭と「ライトコイン財団」が提携|仮想通貨LTCで賞金を授与

トロン(TRON/TRX)の取引量が「1億」を突破!約半月で2倍の成長を記録

トロン(TRON/TRX)の取引量が「1億」を突破!約半月で2倍の成長を記録

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

暗号資産取引所FTX:IPO前の「Coinbase先物市場立ち上げ」を計画

暗号資産取引所FTX:IPO前の「Coinbase先物市場立ち上げ」を計画

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

Lumi Wallet:Apple Pay対応後、ビットコイン購入が「200%」増加

Lumi Wallet:Apple Pay対応後、ビットコイン購入が「200%」増加

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す