ビットコインを「体内マイクロチップ」に保管|新時代の資産管理方法となるのか?

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨がこれから世の中で広く普及していくためには、誰でも気軽に使用できるようにするための新しい方法が必要であると言われています。開発者の人々はそれらの課題をクリアするためのアプリケーション開発に取り組んでいますが、一部の仮想通貨ユーザーは体内に「マイクロチップ」を埋め込むことによって主要な暗号資産を「使いやすいお金」として使用しています。

こちらから読む:実用化に向けた取り組みが進む「ビットコイン」関連ニュース

「バイオハッキング」によって進化する人々

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨をより安全に保管するために、一部の人々は自らの体内にそれらの資産を保管しています。2014年には、オランダでビットコインATM関連の会社を手がけている起業家のMartijn Wismeijer氏が自分自身の体内にビットコインウォレットを埋め込んだことが話題となっており、その後は多くの人々が実際に自分の手にマイクロチップを埋め込んでいます。

マイクロチップのインプラントなどのサービスを提供している人気店「Dangerous Things」によると、実際にチップを埋め込んでいる人々の数は現在10万人に上るとされています。このような人々は「自らの肉体」と「科学・テクノロジー」を融合させる「バイオハッキング」が人間の次の進化の段階であると考えています。

同社は現在、
・Vivokey spark(約15,000円)
・XDF2 Desfire(約15,500円)
・Xnt NFCチップ(約11,000円〜19,000円)
・Flexnt(約16,000円)
・Vivokey Flex 1(約112,000円)
といった様々なチップを個人向けに販売しているほか「バイオマグネット」と呼ばれる磁石を体内に埋め込むサービスなども展開しています。

ビットコインの送金以外でも使用可能

日本に住む多くの人々は「ビットコインを保管するためにマイクロチップを埋め込む」と言われるとやや抵抗を感じるかと思われますが、同社が提供している様々なサービスの中の一つとしてみると「マイクロチップの埋め込み」は比較的一般的なバイオハッキングであるようにも感じられます。

「Dangerous Things」の公式YouTubeチャンネルで公開されているプロモーションビデオには、体内に埋め込んだマイクロチップを使用することによって「ビットコインなどを使った送金」だけでなく「自動車や家の鍵の開け閉め」や「改札口などの通過」もできることが示されています。

このようなマイクロチップはその種類によって違いがありますが、より高性能なチップであれば様々な機能を追加することができます。具体的には、
・個人のID番号
・個人識別情報
・医療ファイル
・連絡先情報
などがあげられますが、マイクロチップに記録できる容量が増えればその可能性はさらに広がることになります。

マイクロチップは「未来のBTC保管方法」になるのか?

日本における「マイクロチップを埋め込み」に関しては法律上の問題などもあるため、現時点では実際に処置を行える場所も非常に限られています。そのため「ビットコインを体内で保管する」という選択をする日本人は極めて少ない状態が今後も続くと予想されます。

しかしながら海外では実際にチップを埋め込む人も増えており、スウェーデンの国鉄では非常に早い時期から手に埋め込まれたマイクロチップで決済を行い乗車することが可能となっています。

また、スウェーデンの他にもスイスアメリカなどでも実用化されているため、世界的にはチップを埋め込む人々が増加していくことになると予想されます。

実際に世の中で「マイクロチップのインプラント」が受け入れられるためには解決すべき多くの課題があると考えられますが「チップを埋め込むことによって仮想通貨の利便性を高めることができる」という点では大きなメリットがあります。

仮想通貨の気軽な保管・管理方法としては「スマートフォン」などもあるため、今後は人々がどちらを選択していくかによって、将来は変わっていくことになるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

フィリピン政府ブロックチェーン認可へ | アジアのシリコンバレーに大きく前進

フィリピン政府ブロックチェーン認可へ | アジアのシリコンバレーに大きく前進

【予測精度99.5%】著名アナリストが語るビットコインの今後|6年後には「100倍」に?

【予測精度99.5%】著名アナリストが語るビットコインの今後|6年後には「100倍」に?

Tron CEOに対する「不信感」高まる|パーティ参加報道に続き「買収費用未払い」疑惑も

Tron CEOに対する「不信感」高まる|パーティ参加報道に続き「買収費用未払い」疑惑も

Bakkt:ビットコイン保管サービスで「1億2,500万ドルの保険」を準備

Bakkt:ビットコイン保管サービスで「1億2,500万ドルの保険」を準備

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月28日〜8月3日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月28日〜8月3日

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

注目度の高い仮想通貨ニュース

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

全米最大のショッピングモールに「仮想通貨関連ストア」がオープン|SPEDNアプリに対応

全米最大のショッピングモールに「仮想通貨関連ストア」がオープン|SPEDNアプリに対応

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

PepsiCoの報酬サービス「Pepcoin」仮想通貨業界からの反応は?

PepsiCoの報酬サービス「Pepcoin」仮想通貨業界からの反応は?

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

仮想通貨取引所bitFlyer:不正ログイン検知サービス「FraudAlert」を導入

仮想通貨取引所bitFlyer:不正ログイン検知サービス「FraudAlert」を導入

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

Operaブラウザ:Android版で「ビットコイン・トロン」をサポート

Operaブラウザ:Android版で「ビットコイン・トロン」をサポート

リヒテンシュタイン政府「ブロックチェーン法」を可決|トークンエコノミー促進へ

リヒテンシュタイン政府「ブロックチェーン法」を可決|トークンエコノミー促進へ

マイニング大手BITMAIN「世界最大のビットコイン採掘施設」を建設

マイニング大手BITMAIN「世界最大のビットコイン採掘施設」を建設

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す