ビットコインを「体内マイクロチップ」に保管|新時代の資産管理方法となるのか?

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨がこれから世の中で広く普及していくためには、誰でも気軽に使用できるようにするための新しい方法が必要であると言われています。開発者の人々はそれらの課題をクリアするためのアプリケーション開発に取り組んでいますが、一部の仮想通貨ユーザーは体内に「マイクロチップ」を埋め込むことによって主要な暗号資産を「使いやすいお金」として使用しています。

こちらから読む:実用化に向けた取り組みが進む「ビットコイン」関連ニュース

「バイオハッキング」によって進化する人々

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨をより安全に保管するために、一部の人々は自らの体内にそれらの資産を保管しています。2014年には、オランダでビットコインATM関連の会社を手がけている起業家のMartijn Wismeijer氏が自分自身の体内にビットコインウォレットを埋め込んだことが話題となっており、その後は多くの人々が実際に自分の手にマイクロチップを埋め込んでいます。

マイクロチップのインプラントなどのサービスを提供している人気店「Dangerous Things」によると、実際にチップを埋め込んでいる人々の数は現在10万人に上るとされています。このような人々は「自らの肉体」と「科学・テクノロジー」を融合させる「バイオハッキング」が人間の次の進化の段階であると考えています。

同社は現在、
・Vivokey spark(約15,000円)
・XDF2 Desfire(約15,500円)
・Xnt NFCチップ(約11,000円〜19,000円)
・Flexnt(約16,000円)
・Vivokey Flex 1(約112,000円)
といった様々なチップを個人向けに販売しているほか「バイオマグネット」と呼ばれる磁石を体内に埋め込むサービスなども展開しています。

ビットコインの送金以外でも使用可能

日本に住む多くの人々は「ビットコインを保管するためにマイクロチップを埋め込む」と言われるとやや抵抗を感じるかと思われますが、同社が提供している様々なサービスの中の一つとしてみると「マイクロチップの埋め込み」は比較的一般的なバイオハッキングであるようにも感じられます。

「Dangerous Things」の公式YouTubeチャンネルで公開されているプロモーションビデオには、体内に埋め込んだマイクロチップを使用することによって「ビットコインなどを使った送金」だけでなく「自動車や家の鍵の開け閉め」や「改札口などの通過」もできることが示されています。

このようなマイクロチップはその種類によって違いがありますが、より高性能なチップであれば様々な機能を追加することができます。具体的には、
・個人のID番号
・個人識別情報
・医療ファイル
・連絡先情報
などがあげられますが、マイクロチップに記録できる容量が増えればその可能性はさらに広がることになります。

マイクロチップは「未来のBTC保管方法」になるのか?

日本における「マイクロチップを埋め込み」に関しては法律上の問題などもあるため、現時点では実際に処置を行える場所も非常に限られています。そのため「ビットコインを体内で保管する」という選択をする日本人は極めて少ない状態が今後も続くと予想されます。

しかしながら海外では実際にチップを埋め込む人も増えており、スウェーデンの国鉄では非常に早い時期から手に埋め込まれたマイクロチップで決済を行い乗車することが可能となっています。

また、スウェーデンの他にもスイスアメリカなどでも実用化されているため、世界的にはチップを埋め込む人々が増加していくことになると予想されます。

実際に世の中で「マイクロチップのインプラント」が受け入れられるためには解決すべき多くの課題があると考えられますが「チップを埋め込むことによって仮想通貨の利便性を高めることができる」という点では大きなメリットがあります。

仮想通貨の気軽な保管・管理方法としては「スマートフォン」などもあるため、今後は人々がどちらを選択していくかによって、将来は変わっていくことになるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Zaif、ビットコインが0円で販売されていた事を謝罪

Zaif、ビットコインが0円で販売されていた事を謝罪

Reddit創業者:Twitterプロフィールを「ビットコイン」に変更|マスク氏に続く

Reddit創業者:Twitterプロフィールを「ビットコイン」に変更|マスク氏に続く

未来予想プログラムにビットコインの未来を聞いてみた

未来予想プログラムにビットコインの未来を聞いてみた

ブロックチェーンで「デジタル取引」促進へ|インド決済公社が導入を検討

ブロックチェーンで「デジタル取引」促進へ|インド決済公社が導入を検討

BINANCE:ユーロ(EUR)の取引ペア「6種類」を追加

BINANCE:ユーロ(EUR)の取引ペア「6種類」を追加

仮想通貨ウォレット「Switch」ベータ版公開|XRP・BTC・ETHを即時交換:Kava Labs

仮想通貨ウォレット「Switch」ベータ版公開|XRP・BTC・ETHを即時交換:Kava Labs

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

MoneyGram「Stellar活用したUSDC送金サービス」を準備|ウォレット企業との協業も視野

MoneyGram「Stellar活用したUSDC送金サービス」を準備|ウォレット企業との協業も視野

メタバース建築事業「METANAVI建築」のサービスを正式リリース:株式会社tenshabi

メタバース建築事業「METANAVI建築」のサービスを正式リリース:株式会社tenshabi

Zaif:10月までに新規5銘柄取扱いへ「暗号資産取扱数国内No.1」目指す

Zaif:10月までに新規5銘柄取扱いへ「暗号資産取扱数国内No.1」目指す

The Sandboxに「キャプテン翼Land」構築へ|日本発の漫画作品IPブランドが初提携

The Sandboxに「キャプテン翼Land」構築へ|日本発の漫画作品IPブランドが初提携

Bitget KCGI 2022、5,000人近い参加者で閉幕

Bitget KCGI 2022、5,000人近い参加者で閉幕

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

American Express × Abra「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

American Express × Abra「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」の販売概要を発表|AMAも開催予定

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」の販売概要を発表|AMAも開催予定

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

ビットバンク:国内初上場「ポリゴン(Polygon/MATIC)」取扱いへ

ビットバンク:国内初上場「ポリゴン(Polygon/MATIC)」取扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す