カタパルト実装に前進!NEM財団「最新ウォレットアプリ」開発パートナー企業を発表

by BITTIMES

NEM財団は、ネム(NEM/XEM)の次世代コアエンジンとなる「カタパルト」の開発に携わる初の「NEMサービスプロバイダー」として「Bonfire Portal」という企業が参加したことを2019年4月10日に発表しました。この企業は新しいウォレットアプリである「Catapult Mobile Wallet(カタパルト・モバイル・ウォレット)」の開発に参加すると説明されています。

こちらから読む:NEM関連のプロジェクトがマクドナルドと提携「NEM」関連ニュース

「Catapult Mobile Wallet」の開発に参加

「NEMサービスプロバイダー」とは、NEM.io財団と事業パートナー契約を結び、特定のサービスや製品を開発する"外部のパートナー企業"のことを指します。サービスプロバイダーとしてパートナー契約を締結した企業はNEM財団から「開発資金」と「特定のプロジェクトの仕事」を任されることになり、その製品を開発して財団に提出することになります。

今回発表された「Bonfire Portal」は、仮想通貨ネム(NEM/XEM)を保管するためのウォレットアプリ「Catapult Mobile Wallet(カタパルト・モバイル・ウォレット)」の開発に参加すると説明されています。

カタパルトは『あらゆるビジネスのデータを取り扱うことができる「実用性」と「セキュリティ」を兼ね備えた最も使いやすいブロックチェーン』だとされており、『処理速度やスケーラビリティを向上させるための機能強化に加え、これまでの非中央集権型のブロックチェーンにはなかった新機能を搭載する』と説明されています。

具体的な内容としては、複数のトランザクションを一つにまとめて信頼を必要としない交換などを実現する「アグリゲート・トランザクション」やマルチレイヤー・マルチシグネチャー・アカウントなどをパブリックとプライベートの二つのブロックチェーンで利用できるとされており、最先端のスマートコントラクト機能を、コーディングやセキュリティリスクに悩まされる事なく利用することができると説明されています。

カタパルト実装に向けて開発を進めるNEM財団

NEM財団は2019年内に「カタパルト」をメインネットで公開することを目標として開発を続けており、今年の3月にはカタパルト開発に関する今後の計画を記したロードマップを公開しています。公開されたロードマップによると、今後はテストネットでカタパルトが公開されたのちにメインネットでの公開が予定されており、今年度中には関連する様々なプロジェクトが進められるとされています。

また2020年以降は、
IoTを実現する機能
ライトニングネットワークへの対応
ステーブルコインの発行
・投票モジュールの改良
なども予定されています。このような開発を進めるために「NEMサービスプロバイダープログラム」は継続してプログラムに参加する企業を募集しているため、今後もさらに開発が進んでいくことになると予想されます。

NEM財団が公開している「NEM.io財団によるカタパルトのロードマップと展望」は以下のリンクから確認することができます。
>「カタパルトのロードマップと展望(日本語版)」はこちら(公式Googleドキュメント)
>NEM.io財団からの公式発表はこちら

2019年4月10日|ネム(NEM/XEM)の価格

ネム(NEM/XEM)の価格は過去1ヶ月間に渡って上昇を続けており、2019年4月10日時点では「1XEM=8.16円」で取引されています。最近の最高値は今月3日に記録した約9円となっています。

2019年3月11日〜2019年4月10日 XEM価格推移(引用:coingecko.com)2019年3月11日〜2019年4月10日 XEM価格推移(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

日本へのハッキング攻撃は終わっていない?|取引所規制の重要性

日本へのハッキング攻撃は終わっていない?|取引所規制の重要性

オマーン大手銀行:RippleNetを活用してインドへ「国際送金サービス」開始|BankDhofar

オマーン大手銀行:RippleNetを活用してインドへ「国際送金サービス」開始|BankDhofar

【Cardano/ADA】Shelleyハードフォークまで「残り1日」事前に知っておきたい基礎知識

【Cardano/ADA】Shelleyハードフォークまで「残り1日」事前に知っておきたい基礎知識

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

注目度の高い仮想通貨ニュース

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

Moonstakeウォレット「ORBSのステーキング」対応へ|パートナーシップを締結

Moonstakeウォレット「ORBSのステーキング」対応へ|パートナーシップを締結

セクシー女優 波多野結衣「NFT形式のデジタル写真ボックス」販売へ

セクシー女優 波多野結衣「NFT形式のデジタル写真ボックス」販売へ

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

【Sorare】強豪サッカークラブ「AC Milan」のNFT選手カード販売開始

【Sorare】強豪サッカークラブ「AC Milan」のNFT選手カード販売開始

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す