ブロックチェーンで「知的財産保護」図る|NEM財団とマスコミ団体が協力:アルゼンチン

by BITTIMES   

アルゼンチンのNEM財団は、地元のマスコミ労働組合である「CISPREN」と協力して「著作権や知的財産を保護するためのブロックチェーンソリューション」を開発していくことを約束する覚書を締結しました。

こちらから読む:世界各国で技術活用が進む「NEM/XEM」関連ニュース

「コンテンツ盗難」や「使用料未払い」に対処

アルゼンチン・コルドバ市で1974年に設立されたジャーナリストの労働組合である「CISPREN」と同国のNEM財団は、ジャーナリストが作成したコンテンツの著作権を保護するためにブロックチェーン技術を活用します。

「NEM財団」と「CISPREN」が作成するソリューションは、ジャーナリストが作成した出版物などのコンテンツをブロックチェーン上で管理することによって「コンテンツの盗難」や「使用料の未払い」などのような知的財産・著作権に関連する様々な問題を解決することができると期待されています。

このソリューションを活用すれば、著者はコンテンツを作成する過程で自分自身のコンテンツをブロックチェーン上に記録することができ、情報を記録する際には「たった1回」のクリックで保存できるようにもなっているため、ブロックチェーンにアップロードするために無駄な時間をかける必要もないと説明されています。

また、作成されたコンテンツには「QRコード」や「デジタル署名」が含まれる仕様になっているため、何か問題やトラブルが発生した際にはこれらのコードを読み取ることによって、著者の権利を保護することができるようになっています。

著作権保護に役立つ「ブロックチェーン技術」

idea

ブロックチェーン技術を用いて出版物などの著作権を保護するための取り組みはすでに複数の企業やプロジェクトで勧められています。

世界的に有名な経済誌であるForbes(フォーブス)は「分散型ジャーナリズムプラットフォーム」として知られる「Civil(シビル)」と提携を結び、同社のプラットフォームでコンテンツを公開しています。Forbesはコンテンツの全てにブロックチェーンの技術を活用して、コンテンツ制作者が「Forbes」と「Civil」に関する記事を同時に発行できるようにする予定だと伝えられています。

また、F1世界チャンピオンであるフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)氏は、画像や映像などのコンテンツを管理することができるブロックチェーン・プラットフォーム「KODAKOne」を活用していくことを発表しており、自分自身の写真や動画をこのプラットフォームで管理することによって、自身のファンやプロのフォトグラファーに適切に報酬が支払われる環境作りに取り組んでいます。

著作権や知的財産権などの問題解決に大きく貢献することができるブロックチェーン技術は、ジャーナリズムや画像・動画・音楽などのデータ配信のあり方を大きく変革する可能性を秘めています。

ネム(NEM/XEM)の価格|2019年1月8日

ネム(NEM/XEM)の価格は先月24日に「9円」近くまで上昇していたものの、その後はやや下落しており、2019年1月8日時点では「1XEM=6.98円」で取引されています。

2018年12月9日〜2019年1月8日 XEM価格推移(引用:coingecko.com)2018年12月9日〜2019年1月8日 XEM価格推移(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カナダ当局「3つのイーサリアムETF(上場投資信託)」を承認|20日から取引開始予定

カナダ当局「3つのイーサリアムETF(上場投資信託)」を承認|20日から取引開始予定

前澤友作氏:フォロワーに「分散型自律組織(DAO)の立ち上げ」を提案

前澤友作氏:フォロワーに「分散型自律組織(DAO)の立ち上げ」を提案

チェーンリンク:時価総額ランキング「5位」に浮上|LINK価格も高騰中

チェーンリンク:時価総額ランキング「5位」に浮上|LINK価格も高騰中

選挙×ブロックチェーン:不正の回避や公約の永久保存・投票システムで激変する世界の政治

選挙×ブロックチェーン:不正の回避や公約の永久保存・投票システムで激変する世界の政治

XRP保有者に対するSparkエアドロップ「スナップショット撮影日」が判明:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkエアドロップ「スナップショット撮影日」が判明:Flare Networks

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

注目度の高い仮想通貨ニュース

マネーグラム:Stellar・USDC活用した送金サービス「Crypto-to-Cash」提供開始

マネーグラム:Stellar・USDC活用した送金サービス「Crypto-to-Cash」提供開始

The Sandboxに「キャプテン翼Land」構築へ|日本発の漫画作品IPブランドが初提携

The Sandboxに「キャプテン翼Land」構築へ|日本発の漫画作品IPブランドが初提携

GTA6「仮想通貨報酬システム導入」の噂が話題に|ゲーム内で獲得・取引が可能に?

GTA6「仮想通貨報酬システム導入」の噂が話題に|ゲーム内で獲得・取引が可能に?

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月22日〜28日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月22日〜28日

P2Eゲーム「De:Lithe Φ」国内初のゲームトークンIEO実施へ|Huobi Japan・HashPaletteと協力

P2Eゲーム「De:Lithe Φ」国内初のゲームトークンIEO実施へ|Huobi Japan・HashPaletteと協力

Huobi Japan:IOST上場記念「2つのキャンペーン」開始|最大10万円相当プレゼント

Huobi Japan:IOST上場記念「2つのキャンペーン」開始|最大10万円相当プレゼント

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

Klaytn(クレイトン)大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」と提携

Klaytn(クレイトン)大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」と提携

SAKURA GUILD GAMES:P2Eゲーム「Titan Hunters」とパートナーシップ契約

SAKURA GUILD GAMES:P2Eゲーム「Titan Hunters」とパートナーシップ契約

Coincheck NFT:Otherside取扱開始「最大30万円相当のETHがもらえるキャンペーン」開催

Coincheck NFT:Otherside取扱開始「最大30万円相当のETHがもらえるキャンペーン」開催

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す