サムスンSDS:ブロックチェーン開発で「インドIT大手」と提携|利用拡大・機能性向上へ

by BITTIMES

インド(India)の大手ソフトウェア企業である「Tech Mahindra(テックマヒンドラ)」社と、韓国(Korea)のSAMSUNG(サムスン)傘下でIT部門を務める「サムスンSDS」が提携を結び、サムスンSDSが開発したブロックチェーンプラットフォーム「Nexledger(ネクスレジャー)」の利用拡大やさらなるアップグレードに取り組んでいくことが2019年4月14日のコリア・タイムズの報道で明らかになりました。

こちらから読む:仮想通貨ウォレット搭載スマホでも話題「SAMSUNG」関連ニュース

Nexledger(ネクスレジャー)とは

Nexledger(ネクスレジャー)は、2017年にサムスンSDSによって開発されたエンタープライズ・ブロックチェーンセキュリティプラットフォームです。

このプラットフォームは、IBMらが開発したビジネス用ブロックチェーンフレームワーク「Hyperledger Fabric(ハイパーレジャー・ファブリック)」や「イーサリアム(Ethereum/ETH)」などといった一般的に使用されるオープンソースブロックチェーンのカスタマイズ機能を組み合わせるために設計されています。

そのためこのプラットフォームは、開発者らに幅広いユースケースを即座に提供する事が可能であり、様々な業種や企業の要請にも柔軟に対応する事ができるようになっています。実際にこのプラットフォームは「金融/物流/公共部門」などでも既に使用されていると伝えられています。

プラットフォームの「利用拡大・機能性向上」に向けて協力

「テックマヒンドラ(Tech Mahindra)」社は、インドの10大財閥の1つである「マヒンドラ・グループ」に属する大手IT企業であり、世界約900社にITサービスを提供し、12万人以上のエンジニアを抱えています。

コリア・タイムズの報道によれば、「テックマヒンドラ」社は「サムスンSDS」との提携を通じて、インド、アメリカ、ヨーロッパ市場でより多くのビジネスチャンスを模索し「Nexledger」のアップグレードに取り組んでいくと伝えられています。

また、テックマヒンドラ社は「ネクスレジャー・プラットフォーム」に参加する事で、機能向上にも積極的に貢献できると述べています。

インドではブロックチェーン技術の活用が急速に進んでおり、最近ではインド国内の決済ネットワーク企業である「インド決済公社」がデジタル取引を促進するためにブロックチェーン技術を導入することを検討しているとも伝えられています。

ブロックチェーンへの関心が高まっているインドの大手IT企業と提携することによって「Nexledger」のプラットフォームはさらに成長していくことになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NFLのスター選手、ロッカールームで「ビットコイン」話題に

NFLのスター選手、ロッカールームで「ビットコイン」話題に

Liquid Global:Zcashなど「暗号資産28銘柄」上場廃止の可能性

Liquid Global:Zcashなど「暗号資産28銘柄」上場廃止の可能性

ウクライナの銀行「Stellar(XLM)活用した電子マネー」に関する調査結果を報告

ウクライナの銀行「Stellar(XLM)活用した電子マネー」に関する調査結果を報告

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

BINANCE:ライトコインの「先物取引」提供へ|対応仮想通貨の拡大続く

BINANCE:ライトコインの「先物取引」提供へ|対応仮想通貨の拡大続く

中央銀行の通貨発行に「懲役刑」アルゼンチン大統領が法案を準備

中央銀行の通貨発行に「懲役刑」アルゼンチン大統領が法案を準備

注目度の高い仮想通貨ニュース

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す