インド:ブロックチェーンを活用して出生証明書を管理へ

by BITTIMES   

インドの複数の政府機関は、ブロックチェーン(Blockchain)企業である「Lynked.World」の新しいプラットフォームを採用して市民活動や識別プロセスの簡素化に取り組んでいます。同社が提供しているアプリケーションを活用することによって、人口密度の高いインドでもより簡単かつ迅速に国民のIDデータを管理することができます。

こちらから読む:個人情報を適切に管理できるブロックチェーンの仕組みとは?

Lynked.Worldとは

「Lynked.World」は、オランダのホーフトドルプ(Hoofddorp)を拠点とするブロックチェーン企業です。

同社は、個人や機関がデジタル化された個人識別情報を所有・管理・共有するための安全なプラットフォームを提供しています。同社は、市民、雇用主、高等教育管理者、政府向けの「ブロックチェーンID検証ソリューション」を提供しており、このアプリは既に「App Store」や「Google Play」を通じて誰でも利用することができます。

現在提供されているアプリは、ユーザーが自分の識別データを簡単な方法で安全に管理することができるように設計されており、特定の場所に縛られることなくデジタル化されたIDデータやドキュメントを共有できるサービスとなっています。

インドが抱える問題点

インドでは出生証明書を持たない人も多いため、自分の正確な年齢を知らない人も珍しくないといわれています。また実際に出生証明書を発行するためのプロセスにも複数の問題点があり、長い時間がかかることなども指摘されていました。

また、出生証明書がなかった場合には国籍をもたないことになるため、パスポートを発行することもできず、渡航することもできないという問題などもあります。

ブロックチェーン技術を活用することによって簡単に出生届を発行できるシステムが出来上がり、より安全かつ効率的に管理できるようになることで、これらの様々な問題を解決することができます。

インド国民の識別プロセスを単純化

インドの複数の政府機関は、国民の要望に応じて必要な会議を速やかに行うためにも、市民が安全に関与することができる環境作りが重要であることを認識しています。インドでは中央銀行が仮想通貨取引を禁止したにも関わらず、仮想通貨の取引量がさらに増加するなどの問題も起きており、それらを問題視する意見もあがっていました。

インド中央銀行の仮想通貨禁止に関する記事はこちら

西ベンガルの「Bankura」や「Durgapur」などの自治体は、市民が出生証明書などの書類をすぐに申請できるように、管理機能に「Lynked.World」のプラットフォームを統合しています。

「Bankura」には約350万人の居住者がいるため、地方自治体の法人によるサービスを効果的に提供するためには、識別プロセスを単純化することが必要不可欠となります。

Lynked.Worldの創設者兼CEOであるArun Kumar(アルン・クマール)氏は、「このプラットフォームによって、政府サービスの提供がより効果的かつ費用対効果の高いものになる」と述べています。

デジタル認証されたIDデータは、データ管理の未来です。

現代のシステムはあまりにも面倒です。政府機関が『サービスを受ける権利がある市民かどうか』を適切に識別するための唯一の方法は、その人のIDを手元に置いて本人を連れてくる以外にありません。

当社のプラットフォームは、デジタルIDやデータ、ドキュメントの真正性を保証するために、多くのセキュリティを提供することによって、これらの障害を取り除きます。

インドのような人口密度の高い国でこのシステムを用いることによって、市民や地方自治体の様々なプロセスをより簡単で迅速に行えるようにすることができ、最終的には管理費や手数料を節約することができます。

インドでは仮想通貨やブロックチェーン技術の需要が急速に高まってきています。「Lynked.World」のサービスが普及することによって、インドではさらにブロックチェーン技術や仮想通貨が一般的に受け入れられるようになるでしょう。

インド政府はブロックチェーンの技術者の育成にも取り組んでおり、インド国立技術向上プログラムはIBMと協力して、ブロックチェーン技術を学ぶことができる「学生向けのオンラインコース」なども提供しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

デジタル通貨用いた「福利厚生」の実証実験開始:ディーカレット×トヨタシステムズ

デジタル通貨用いた「福利厚生」の実証実験開始:ディーカレット×トヨタシステムズ

元MLB選手のNFTアート作品「LA交差点の巨大看板」に掲載|ユニークな仕掛けも

元MLB選手のNFTアート作品「LA交差点の巨大看板」に掲載|ユニークな仕掛けも

ブロックチェーン基盤の電子署名システム「電子実印」無料提供を開始

ブロックチェーン基盤の電子署名システム「電子実印」無料提供を開始

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

EU初!デンマークで船舶登録簿管理にブロックチェーンパートナー“シップ”を導入

EU初!デンマークで船舶登録簿管理にブロックチェーンパートナー“シップ”を導入

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

DeFiの損益計算・確定申告を簡単に「Gtax」で新機能β版をリリース:Aerial Partners

DeFiの損益計算・確定申告を簡単に「Gtax」で新機能β版をリリース:Aerial Partners

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

DMMビットコイン「新規口座開設完了で2,000円もらえるキャンペーン」開始

DMMビットコイン「新規口座開設完了で2,000円もらえるキャンペーン」開始

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

Bakkt:米サンドイッチチェーン「Quiznos」でビットコイン決済試験導入

Bakkt:米サンドイッチチェーン「Quiznos」でビットコイン決済試験導入

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す