「Amazon Managed Blockchain」一般提供へ|独自ブロックチェーンを簡単に構築

by BITTIMES   

Amazon(アマゾン)が提供するクラウドサービス「アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services/AWS)」は、ユーザーが簡単な手順で「優れた機能と拡張性をもつ独自のブロックチェーンネットワーク」を構築し、管理することができる「アマゾン・マネージド・ブロックチェーン(Amazon Managed Blockchain/AMB)」と呼ばれるサービスが一般向けにも提供され始めることを発表しました。

こちらから読む:今後は一般企業でも活用が進む?「ブロックチェーン技術」の基本から学ぶ

Amazon(アマゾン)が提供するクラウドコンピューティングサービスである「アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services/AWS)」は、4月30日の発表で同社が提供するブロックチェーン「アマゾン・マネージド・ブロックチェーン(Amazon Managed Blockchain/AMB)」と呼ばれるサービスが一般ユーザーも利用できるようになることを発表しました。

「Amazon Managed Blockchain」は、ブロックチェーンネットワークの作成、管理、拡張を簡単かつ費用対効果の高いものにする完全管理型サービスを提供するものであり、利用者は「ハイパーレジャー・ファブリック(Hyperledger Fabric)」や「イーサリアム(Ethereum/ETH)」などの一般的なオープンソースフレームワークを使用して、数百万のトランザクションを実行し、数千のアプリケーションをサポートできる安全なブロックチェーンネットワークを数回のクリックだけで簡単に作成して管理できると説明されています。

「Hyperledger Fabric」や「Ethereum」などのフレームワークを使用してブロックチェーンネットワークを作成する際には、
・ハードウェアのプロビジョニング
・ソフトウェアのインストール
・アクセス制御用の証明書の作成と管理
・ネットワーク設定の構成
などを行う必要があるため、実際にこれらのフレームワークを使用してネットワークを設定するのは困難で時間がかかるものの「Amazon Managed Blockchain」を使用すれば、迅速かつ低コストに独自のネットワークを開発することができるようになると説明されています。

AWSの発表によると、「Amazon Managed Blockchain」を導入している大手企業の中には、
・米国の通信大手「AT&T」
・世界的な食品・飲料品会社「Nestlé(ネスレ)」
・大手自動車メーカーが参加する「MOBI」
などが含まれていると説明されています。

「Amazon Managed Blockchain」は、米国東部(N. Virginia)ですぐに利用できるようになり、来年中にはその他の地域にも拡大する予定だと説明されています。ブロックチェーンエンジニアの年収は1,000万円を超えるとも言われているため、このサービスは利用者に大きな可能性をもたらすものであるとも言えます。

ブロックチェーン技術の有用性が世界中で認められていく中で、より簡単にブロックチェーンネットワークを構築することができるサービスがリリースされることによって、今後はさらに多くの企業でブロックチェーンの導入が進んでいくことになると予想されます。

「Amazon Managed Blockchain」に関する詳しい情報は以下の公式サイトをどうぞ
>>「Amazon Managed Blockchain」の詳細はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米SEC委員長候補ゲンスラー氏:公聴会で「暗号資産関連の取り組み」について発言

米SEC委員長候補ゲンスラー氏:公聴会で「暗号資産関連の取り組み」について発言

ブロックチェーンで旅行予約の「最低価格」を実現する ー  TravelBlock

ブロックチェーンで旅行予約の「最低価格」を実現する ー TravelBlock

Chiliz&Socios:イタリアの「Udinese Calcio」と提携|$UDIファントークン発行へ

Chiliz&Socios:イタリアの「Udinese Calcio」と提携|$UDIファントークン発行へ

トロン(Tron/TRX)Sun Networkのテストネット公開「100倍のスケーラビリティ」実現へ

トロン(Tron/TRX)Sun Networkのテストネット公開「100倍のスケーラビリティ」実現へ

韓国:2024年から「国会議員・公務員の仮想通貨保有情報」開示へ

韓国:2024年から「国会議員・公務員の仮想通貨保有情報」開示へ

日本ブロックチェーン協会:暗号資産に関する税制改正要望(2023年度)を政府に提出

日本ブロックチェーン協会:暗号資産に関する税制改正要望(2023年度)を政府に提出

注目度の高い仮想通貨ニュース

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す