「Amazon Managed Blockchain」一般提供へ|独自ブロックチェーンを簡単に構築

by BITTIMES   

Amazon(アマゾン)が提供するクラウドサービス「アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services/AWS)」は、ユーザーが簡単な手順で「優れた機能と拡張性をもつ独自のブロックチェーンネットワーク」を構築し、管理することができる「アマゾン・マネージド・ブロックチェーン(Amazon Managed Blockchain/AMB)」と呼ばれるサービスが一般向けにも提供され始めることを発表しました。

こちらから読む:今後は一般企業でも活用が進む?「ブロックチェーン技術」の基本から学ぶ

Amazon(アマゾン)が提供するクラウドコンピューティングサービスである「アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services/AWS)」は、4月30日の発表で同社が提供するブロックチェーン「アマゾン・マネージド・ブロックチェーン(Amazon Managed Blockchain/AMB)」と呼ばれるサービスが一般ユーザーも利用できるようになることを発表しました。

「Amazon Managed Blockchain」は、ブロックチェーンネットワークの作成、管理、拡張を簡単かつ費用対効果の高いものにする完全管理型サービスを提供するものであり、利用者は「ハイパーレジャー・ファブリック(Hyperledger Fabric)」や「イーサリアム(Ethereum/ETH)」などの一般的なオープンソースフレームワークを使用して、数百万のトランザクションを実行し、数千のアプリケーションをサポートできる安全なブロックチェーンネットワークを数回のクリックだけで簡単に作成して管理できると説明されています。

「Hyperledger Fabric」や「Ethereum」などのフレームワークを使用してブロックチェーンネットワークを作成する際には、
・ハードウェアのプロビジョニング
・ソフトウェアのインストール
・アクセス制御用の証明書の作成と管理
・ネットワーク設定の構成
などを行う必要があるため、実際にこれらのフレームワークを使用してネットワークを設定するのは困難で時間がかかるものの「Amazon Managed Blockchain」を使用すれば、迅速かつ低コストに独自のネットワークを開発することができるようになると説明されています。

AWSの発表によると、「Amazon Managed Blockchain」を導入している大手企業の中には、
・米国の通信大手「AT&T」
・世界的な食品・飲料品会社「Nestlé(ネスレ)」
・大手自動車メーカーが参加する「MOBI」
などが含まれていると説明されています。

「Amazon Managed Blockchain」は、米国東部(N. Virginia)ですぐに利用できるようになり、来年中にはその他の地域にも拡大する予定だと説明されています。ブロックチェーンエンジニアの年収は1,000万円を超えるとも言われているため、このサービスは利用者に大きな可能性をもたらすものであるとも言えます。

ブロックチェーン技術の有用性が世界中で認められていく中で、より簡単にブロックチェーンネットワークを構築することができるサービスがリリースされることによって、今後はさらに多くの企業でブロックチェーンの導入が進んでいくことになると予想されます。

「Amazon Managed Blockchain」に関する詳しい情報は以下の公式サイトをどうぞ
>>「Amazon Managed Blockchain」の詳細はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

XRP・ADA流出事件続報:仮想通貨取引所「Bitrue」7月3日には入出金再開へ

XRP・ADA流出事件続報:仮想通貨取引所「Bitrue」7月3日には入出金再開へ

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

ドローン用いた「荷物盗難防止」にブロックチェーン活用|IBMが特許を取得

ドローン用いた「荷物盗難防止」にブロックチェーン活用|IBMが特許を取得

南アフリカ警察は約3万人が関与する仮想通貨投資詐欺を調査

南アフリカ警察は約3万人が関与する仮想通貨投資詐欺を調査

仮想通貨市場全体で「10〜20%の大幅急落」BTC保有ポジション数にはやや変化

仮想通貨市場全体で「10〜20%の大幅急落」BTC保有ポジション数にはやや変化

仮想通貨は金融安定性にリスクをもたらすものではない

仮想通貨は金融安定性にリスクをもたらすものではない

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

BINANCE「マイニングプール構築」を計画|2020年春にも公開か

BINANCE「マイニングプール構築」を計画|2020年春にも公開か

Socios公式ファントークン「SOCIOSユナイテッド(SSU)」公開

Socios公式ファントークン「SOCIOSユナイテッド(SSU)」公開

仮想通貨リンク(LINK/LN)とは?基本情報・特徴・対応取引所などを解説

仮想通貨リンク(LINK/LN)とは?基本情報・特徴・対応取引所などを解説

bitFlyer:新規口座開設完了で「1,000円がもらえる」キャンペーン開催

bitFlyer:新規口座開設完了で「1,000円がもらえる」キャンペーン開催

ディーカレット:現物・レバレッジ取引の「API」提供開始

ディーカレット:現物・レバレッジ取引の「API」提供開始

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)が聖パトリック祭を開催!ゲームに参加してiPhone 11 Proやビットコインボーナスをゲット!

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)が聖パトリック祭を開催!ゲームに参加してiPhone 11 Proやビットコインボーナスをゲット!

【速報】ビットコイン価格「80万円台」に急落|仮想通貨市場は全面安の展開に

【速報】ビットコイン価格「80万円台」に急落|仮想通貨市場は全面安の展開に

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

ビットコイン下落はこれから「1BTC=35万円予想」的中させたアナリストが警告

ビットコイン下落はこれから「1BTC=35万円予想」的中させたアナリストが警告

IOTA財団:ネットワークノードの「再起動」を完了

IOTA財団:ネットワークノードの「再起動」を完了

仮想通貨「タイムコイン」のIEO実施へ|タイムチケット子会社、大手取引所と基本契約

仮想通貨「タイムコイン」のIEO実施へ|タイムチケット子会社、大手取引所と基本契約

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す