NASDAQ(ナスダック)暗号資産インデックスに「エックスアールピー(XRP)」を追加

by BITTIMES

仮想通貨(暗号資産)インデックス(*1)のリストを拡大している米国の株式市場NASDAQ(ナスダック)は、2019年5月1日から新たに「XRPLX(XRP・リキッド・インデックス)」を追加しました。今年の2月にはビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の指数が追加されているため、XRPは3つ目の仮想通貨関連指数ということになります。
(*1)インデックス(指数):市場の状況を把握しやすくするために、市場全体や特定の銘柄グループの値動きを1つの値として数値化したもの

こちらから読む:サウジアラビア大手銀行が国際送金に活用「Ripple/XRP」関連ニュース

XRPLX(XRP・リキッド・インデックス)とは

XRPLX(XRP・リキッド・インデックス)は、ニュージーランドを拠点とする「Brave New Coin(BNC)」によって開発されたものであり、そのソースとなるデータは取引高や板の厚さで最も流動性が高い取引所のみを参照していると説明されています。これらの取引所の中には、
Bitfinex(ビットフィネックス)
・Bitstamp(ビットスタンプ)
Poloniex(ポロニエックス)
Kraken(クラーケン)
が含まれており、この他の取引所としてはCoinbase(コインベース)の追加も検討されているとのことです。

また「Brave New Coin」は、インデックスの質を保つためにこれらの参照元となる仮想通貨取引所やインデックスの算出方法を四半期ごとに見直しているとされており、XRPLXは2014年8月14日まで遡ったデータを使用し、指数は30秒に1回更新されるとの説明がなされています。

XRPLXは、ナスダックの「グローバル・インデックス・データ・サービス(GIDS)」のデータフィードを参照している顧客のみに提供されます。このデータサービスは、すべてのナスダック指標と第三者パートナーのデータを含めた上場投資信託(ETF)の評価データを一元管理するリアルタイムのフィードです。

GIDSは「ナスダック100」や「ナスダック総合指標(Nasdaq Composite)」といった4万近くのインデックスを提供しており、これら2つの指標は、証券監督者国際機構(IOSCO)の「証券規制の目的と原則」などに規定されている法的拘束力のない原則や指針、基準などに基づいて計算されています。

仮想通貨関連の金融商品はこれまでにも長期間に渡って研究開発が続けられていますが、延期発表なども続いているためビットコイン先物取引やビットコインETFはもうしばらく先になると予想されています。XRPLXのようなインデックスの追加は、そのような商品の開発を進める上でも重要な動きとなります。

>>「XRPLX」に関する公式発表はこちら

2019年5月1日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は、先日30日時点で一時的に32円まで下落したものの、その後はやや回復しており、2019年5月1日時点では「1XRP=34.35円」で取引されています。

2019年4月17日〜2019年5月1日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年4月17日〜2019年5月1日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)は仮想通貨取引所Liquidなどから購入することができます。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

ビットコイン:時価総額ランキングで「ロシアルーブル・Tesla」超え

ビットコイン:時価総額ランキングで「ロシアルーブル・Tesla」超え

BMW Group:ブロックチェーンで「サプライチェーンの透明性」確保へ

BMW Group:ブロックチェーンで「サプライチェーンの透明性」確保へ

サトシ・ナカモトがビットコインキャッシュの商標を出願?|著作権侵害を主張

サトシ・ナカモトがビットコインキャッシュの商標を出願?|著作権侵害を主張

Binance US:XEM・TRXなど「仮想通貨18銘柄」上場を検討

Binance US:XEM・TRXなど「仮想通貨18銘柄」上場を検討

ネム(NEM/XEM)上場:仮想通貨取引所「BTC-Alpha」で取引可能に

ネム(NEM/XEM)上場:仮想通貨取引所「BTC-Alpha」で取引可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「ドージコイン(DOGE)受け入れ」も検討

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「ドージコイン(DOGE)受け入れ」も検討

楽天:NFTを発行・販売・取引できる「Rakuten NFT」2022年春公開へ

楽天:NFTを発行・販売・取引できる「Rakuten NFT」2022年春公開へ

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

Mastercard:仮想通貨・ブロックチェーン分析企業「CipherTrace」買収へ

Mastercard:仮想通貨・ブロックチェーン分析企業「CipherTrace」買収へ

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

インテル・ミラノ:仮想通貨DigitalBits(XDB)開発企業「Zytara Labs」と提携

インテル・ミラノ:仮想通貨DigitalBits(XDB)開発企業「Zytara Labs」と提携

仮想通貨ステーキングの始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨ステーキングの始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

Chiliz Exchange:サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日取引開始

仮想通貨市場全体で「価格急落」エルサルバドル政府はビットコイン押し目買い

仮想通貨市場全体で「価格急落」エルサルバドル政府はビットコイン押し目買い

ビットバンク「ミクシィ」と資本業務提携|NFT・IEO・ステーキング事業も検討

ビットバンク「ミクシィ」と資本業務提携|NFT・IEO・ステーキング事業も検討

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す