オンライン通貨換算サービス「XE.com」近日中にXRP取扱いか?【追記あり】

by BITTIMES

Ripple(リップル)社と提携する企業や、仮想通貨エックスアールピー(XRP)を取り扱う取引所などが増加していることによって、コミュニティの間では新たな企業の「XRP取扱い予定」に対する期待が高まっています。毎年2億8,000万人の人々に利用されているオンライン通貨換算サービス「XE.com」は、最近Twitterで行われたやりとりの中で近日中にXRPを取り扱う可能性があることを示唆しました。

こちらから読む:XRPが稼げるブログ誕生「Ripple/XRP」関連ニュース

2億8,000万人が利用する通貨交換サービス「XE.com」

XE.comは、カナダに拠点を置きウェブサイト・モバイルアプリ、オンラインチャネルを介して「外国為替レート情報」や「国際送金」および「その他の通貨関連サービス」を提供している企業です。同社は複数の大手企業を傘下に持つアメリカ・カンザス州の電子決済サービスプロバイダ「Euronet Worldwide(ユーロネットワールドワイド)」の子会社でもあります。

同社が提供している「オンライン通貨換算アプリケーション」では様々な通貨や資産の価値を変換することができるようになっており、世界各国の法定通貨だけでなく、金(ゴールド)や銀(シルバー)などの商品の価値を調べることもできるようになっています。

この「オンライン通貨換算アプリケーション」は同社のサービスの中でも特に広く知られており、公式サイトでは年間2億8,000万人の人々が利用していると報告されています。

Twitter投稿で「XRP取扱い」を示唆

「XE.com」は最近Twitter上で、同社が近い将来エックスアールピー(XRP)の取り扱いを開始する可能性があることを示唆しました。

リップル(XRP)の愛好家であるTwitterユーザー「@behindtheledger」氏がXRPの取り扱い予定について質問したのに対して「XE.com」は、具体的な日付までは明かすことはできないものの、近い将来XRPが利用できる可能性があるという返信を投稿しています。

@behindtheledger
近いうちに「XE.com」のウェブサイトでXRPを取り扱う予定はありますか?

@xe
こんにちは!XEをご利用いただきありがとうございます!
近い将来それが実現する可能性はありますが、当社はまだ具体的なスケジュールを提供することができません!

XE.comが取り扱う通貨の中にはビットコイン(BTC)も含まれています。最近では「XE.com」と同じ親会社を持つ、世界第2位の国際送金会社「Ria Money Transfer(リア・マネー・トランスファー)」がRippleNet(リップルネット)に参加したことも報じられていたため、今回のツイートにも期待が高まり、複数のユーザーが「XE.com」に対してXRPの取り扱いを望むコメントを投稿しています。

正確な予定日などは投稿されていないものの、「XE.com」は利用者の意見を前向きに受け入れる姿勢を見せているため、将来的にはXRPの情報が同社のサービスでも確認できるようになる可能性があります。「XE.com」のサービスは日本向けにも提供されているため、実際にXRPが追加されれば日本人にとっても嬉しいニュースであると言えるでしょう。

追記:XRP取り扱いについて「XE.com」が言及

今回の発言を受けて、海外の仮想通貨メディア「AMB Crypto」は『XRPが近い将来、XE.comに上場する可能性がある』と報じていましたが、「XE.com」はその後のツイートでその記事を引用し、同社は常に情報サービスの充実を図っているものの、近日中にXRPを取り扱う計画はないということを報告しています。

わかりやすくするために、私たちは常に情報サービスの充実を図っていますが、近い将来の計画はありません。

近いうちにXRPを取り扱う可能性に関しては訂正が行われているものの、今回の投稿に寄せられた複数のユーザーによる「XRP取扱い」の要望が同社に届けば、将来的にはXRPの情報が「XE.com」でも確認できるようになる可能性があるとも考えられます。最近ではNASDAQ(ナスダック)が仮想通貨インデックスに「XRP」を追加しているため、今後は多くの企業がこの動きに続くことになるとも予想されます。

エックスアールピー(XRP)は仮想通貨取引所Liquidなどから購入することができます。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

石油ガス大手Shell:ブロックチェーン技術の「人材募集」新たな活用方法を模索

石油ガス大手Shell:ブロックチェーン技術の「人材募集」新たな活用方法を模索

仮想通貨取引所「Gemini」イギリス市場進出か?サービス拡大に向け世界各国を調査

仮想通貨取引所「Gemini」イギリス市場進出か?サービス拡大に向け世界各国を調査

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」始動|インターコンチネンタル取引所が発表

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」始動|インターコンチネンタル取引所が発表

【重要】BINANCE:2019年3月12日に「約8時間のメンテナンス」を実施

【重要】BINANCE:2019年3月12日に「約8時間のメンテナンス」を実施

リップル(XRP)「約3,600万円相当」盗難事件 ー オーストラリアで女性逮捕

リップル(XRP)「約3,600万円相当」盗難事件 ー オーストラリアで女性逮捕

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨の「年末価格」フィンテック専門家10名が徹底予測|TRX・BNBなど13銘柄

仮想通貨の「年末価格」フィンテック専門家10名が徹底予測|TRX・BNBなど13銘柄

PepsiCo(ペプシコ)ブロックチェーンで「広告表示」最適化へ|Zilliqaなどと協力

PepsiCo(ペプシコ)ブロックチェーンで「広告表示」最適化へ|Zilliqaなどと協力

Cardano(ADA)米国の仮想通貨取引所「Huobi.com」に上場|3銘柄との交換が可能に

Cardano(ADA)米国の仮想通貨取引所「Huobi.com」に上場|3銘柄との交換が可能に

NIKE(ナイキ)が「CRYPTOKICKS」の商標提出|仮想通貨・ブロックチェーン事業進出か

NIKE(ナイキ)が「CRYPTOKICKS」の商標提出|仮想通貨・ブロックチェーン事業進出か

日銀・黒田総裁の「暗号資産」に対する見解はいかに?|藤巻議員の質疑に応答

日銀・黒田総裁の「暗号資産」に対する見解はいかに?|藤巻議員の質疑に応答

高級ファッションブランドが「IOTA/MIOTA」の分散型台帳(DLT)活用:ALYX

高級ファッションブランドが「IOTA/MIOTA」の分散型台帳(DLT)活用:ALYX

ブロックチェーン・AIを「行政サービス」に活用|最高のスマートシティ構築へ:ソウル

ブロックチェーン・AIを「行政サービス」に活用|最高のスマートシティ構築へ:ソウル

仮想通貨マイニングソフト「Honeyminer(ハニーマイナー)」MacOS・Windowsに対応

仮想通貨マイニングソフト「Honeyminer(ハニーマイナー)」MacOS・Windowsに対応

移民申請プラットフォーム「Migranet」プロジェクトがIDAXを通じてローンチ

移民申請プラットフォーム「Migranet」プロジェクトがIDAXを通じてローンチ

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月5日〜11日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月5日〜11日

Liquid(リキッド)現物取引や証拠金の対象通貨に「Ripple/XRP」などを追加

Liquid(リキッド)現物取引や証拠金の対象通貨に「Ripple/XRP」などを追加

Facebook独自の仮想通貨「GlobalCoin(グローバルコイン)」2020年発行へ=BBC報道

Facebook独自の仮想通貨「GlobalCoin(グローバルコイン)」2020年発行へ=BBC報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す