国際送金世界2位「Ria Money Transfer」RippleNetに参加|4兆円規模の取引さらに効率化へ

by BITTIMES

世界最大の国際送金会社の1社である「Ria Money Transfer(リア・マネー・トランスファー)」がRippleNet(リップルネット)に参加したことが明らかになりました。同社はRipple社が提供する「xCurrent」と呼ばれるソリューションを活用します。

こちらから読む:世界第2位の送金会社が参加した「RippleNet」とは

Ria Money Transferとは

Ria

Ria Money Transfer(リア・マネー・トランスファー)とは、アメリカ・カンザス州に本社を構える電子決済サービスプロバイダ「Euronet Worldwide(ユーロネットワールドワイド)」の子会社であり、世界最大の国際送金事業者の1つとして知られる大手送金会社です。

1987年に最初の店舗をオープンした同社は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、アフリカ、オンラインなどで代理店を展開しており、その取引額は年間400億ドル(約4.4兆円)を超えると言われています。

Ripple社は、2019年5月1日に「Ria Money Transfer」が、Ripple社の国際送金ネットワーク「RippleNet(リップルネット)」に参加したことを発表しました。

「年間400億ドル」の送金をさらに効率化

「Ria Money Transfer」は、Ripple社が提供する国際送金ソリューション「xCurrent」を利用して、世界中から200以上の金融機関が参加している送金ネットワークに接続し、取引を行います。

「xCurrent」は、主に金融機関や企業向けに提供されているソリューションであり、利用者は低コストかつ迅速な送金を行うことができるだけでなく、リアルタイムメッセージングを行うこともできるようになっており、取引前に決済内容の確認や決済後の着金確認も可能です。

世界155カ国以上の377,000以上の顧客にサービスを提供している「Ria Money Transfer」は、年間400億ドルの送金をより効率的に処理することを目指していると伝えられています。

RIA Financial ServicesのCEOであるJuan Bianchi氏は、RippleNetへの参加について次のように述べています。

Riaは、世界で2番目に大きな送金ネットワークと独自のテクノロジーで結び付けられた最高クラスのコンプライアンスプログラムを開発しました。RiaとRippleの統合は、潜在的なパートナーへのアクセスを容易にしつつ、より迅速で健全な送金手段をユーザーに提供するための革新的なインフラ構築に役立ちます。

時間はお客様やパートナーにとって非常に重要な通貨であるため、私たちは常にそれを念頭に置いてイノベーションに取り組んでいます。

Ripple社の幹部であるMarcus Treacher(マーカス・トリーチャー)氏は、RippleNetに参加することによって「Ria Money Transfer」がさらなるコスト削減を図ることができると説明しています。

Riaは世界で2番目に大きなネットワークを持つ、業界で最も優れた送金会社の1つであり、世界クラスのサービスでも知られています。RippleNetに参加することによって、Riaはパートナーのバリューチェーンを強化するだけでなく、顧客と企業両方のクライアントの送金時間と費用を改善し続けることができるでしょう。

RippleNetに参加する企業や金融機関は現在も続々と増え続けており、最近では世界最大級のメガバンク「HSBCホールディングス」の傘下にに属するサウジ・ブリティッシュ銀行(Saudi British Bank/SABB)もRipple社の技術を持ちいた国際送金サービスを開始したことを発表しています。「Ria Money Transfer」が参加したことによって、今後もより多くの機関がこの動きに続くことになると予想されます。

エックスアールピー(XRP)は仮想通貨取引所Liquidなどから購入することができます。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

LG Electronics:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営審議会に参加

LG Electronics:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営審議会に参加

ハードウェアウォレット「Ledger」で不正アクセス被害|個人情報約100万件が流出

ハードウェアウォレット「Ledger」で不正アクセス被害|個人情報約100万件が流出

仮想通貨ニュース週間まとめ|9月23日〜29日

仮想通貨ニュース週間まとめ|9月23日〜29日

運用資産28兆円の米投資会社「Guggenheim」ビットコイン投資を検討

運用資産28兆円の米投資会社「Guggenheim」ビットコイン投資を検討

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

注目度の高い仮想通貨ニュース

米コンビニ大手「Sheetz(シーツ)」仮想通貨決済対応へ|BTC・ETHなどを受け入れ

米コンビニ大手「Sheetz(シーツ)」仮想通貨決済対応へ|BTC・ETHなどを受け入れ

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

Coinbase Walletで「ORBS(オーブス)のステーキング」が利用可能に

Coinbase Walletで「ORBS(オーブス)のステーキング」が利用可能に

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

米ウィリストン市:仮想通貨決済で「公共料金の支払い」が可能に|BitPayと提携

米ウィリストン市:仮想通貨決済で「公共料金の支払い」が可能に|BitPayと提携

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

ビットコインの法定通貨化「経済・法律面で複数の懸念」国際通貨基金(IMF)

ビットコインの法定通貨化「経済・法律面で複数の懸念」国際通貨基金(IMF)

米著名社会心理学者Jonathan Haidt氏「Cardano(ADA)のファン」だと公言

米著名社会心理学者Jonathan Haidt氏「Cardano(ADA)のファン」だと公言

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

コインチェック:Amazonギフト券が当たる「#HowMuch_NFT」キャンペーン開催

コインチェック:Amazonギフト券が当たる「#HowMuch_NFT」キャンペーン開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す