国際送金世界2位「Ria Money Transfer」RippleNetに参加|4兆円規模の取引さらに効率化へ

by BITTIMES

世界最大の国際送金会社の1社である「Ria Money Transfer(リア・マネー・トランスファー)」がRippleNet(リップルネット)に参加したことが明らかになりました。同社はRipple社が提供する「xCurrent」と呼ばれるソリューションを活用します。

こちらから読む:世界第2位の送金会社が参加した「RippleNet」とは

Ria Money Transferとは

Ria

Ria Money Transfer(リア・マネー・トランスファー)とは、アメリカ・カンザス州に本社を構える電子決済サービスプロバイダ「Euronet Worldwide(ユーロネットワールドワイド)」の子会社であり、世界最大の国際送金事業者の1つとして知られる大手送金会社です。

1987年に最初の店舗をオープンした同社は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、アフリカ、オンラインなどで代理店を展開しており、その取引額は年間400億ドル(約4.4兆円)を超えると言われています。

Ripple社は、2019年5月1日に「Ria Money Transfer」が、Ripple社の国際送金ネットワーク「RippleNet(リップルネット)」に参加したことを発表しました。

「年間400億ドル」の送金をさらに効率化

「Ria Money Transfer」は、Ripple社が提供する国際送金ソリューション「xCurrent」を利用して、世界中から200以上の金融機関が参加している送金ネットワークに接続し、取引を行います。

「xCurrent」は、主に金融機関や企業向けに提供されているソリューションであり、利用者は低コストかつ迅速な送金を行うことができるだけでなく、リアルタイムメッセージングを行うこともできるようになっており、取引前に決済内容の確認や決済後の着金確認も可能です。

世界155カ国以上の377,000以上の顧客にサービスを提供している「Ria Money Transfer」は、年間400億ドルの送金をより効率的に処理することを目指していると伝えられています。

RIA Financial ServicesのCEOであるJuan Bianchi氏は、RippleNetへの参加について次のように述べています。

Riaは、世界で2番目に大きな送金ネットワークと独自のテクノロジーで結び付けられた最高クラスのコンプライアンスプログラムを開発しました。RiaとRippleの統合は、潜在的なパートナーへのアクセスを容易にしつつ、より迅速で健全な送金手段をユーザーに提供するための革新的なインフラ構築に役立ちます。

時間はお客様やパートナーにとって非常に重要な通貨であるため、私たちは常にそれを念頭に置いてイノベーションに取り組んでいます。

Ripple社の幹部であるMarcus Treacher(マーカス・トリーチャー)氏は、RippleNetに参加することによって「Ria Money Transfer」がさらなるコスト削減を図ることができると説明しています。

Riaは世界で2番目に大きなネットワークを持つ、業界で最も優れた送金会社の1つであり、世界クラスのサービスでも知られています。RippleNetに参加することによって、Riaはパートナーのバリューチェーンを強化するだけでなく、顧客と企業両方のクライアントの送金時間と費用を改善し続けることができるでしょう。

RippleNetに参加する企業や金融機関は現在も続々と増え続けており、最近では世界最大級のメガバンク「HSBCホールディングス」の傘下にに属するサウジ・ブリティッシュ銀行(Saudi British Bank/SABB)もRipple社の技術を持ちいた国際送金サービスを開始したことを発表しています。「Ria Money Transfer」が参加したことによって、今後もより多くの機関がこの動きに続くことになると予想されます。

エックスアールピー(XRP)は仮想通貨取引所Liquidなどから購入することができます。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

【Cardano×eコマース統合計画】Shopifyなどのオンラインストアに「ADA決済」導入へ

【Cardano×eコマース統合計画】Shopifyなどのオンラインストアに「ADA決済」導入へ

ビットコインの紙幣が誕生?スマート紙幣Tangem Notesとは

ビットコインの紙幣が誕生?スマート紙幣Tangem Notesとは

ライトコイン財団「BitGoのマルチシグウォレット」へと移行|資金管理を簡素化

ライトコイン財団「BitGoのマルチシグウォレット」へと移行|資金管理を簡素化

【DMM Bitcoin】XRP入金でもれなく「1,000円」もらえる|ダブル記念キャンペーン開催

【DMM Bitcoin】XRP入金でもれなく「1,000円」もらえる|ダブル記念キャンペーン開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

【Chiliz/CHZ】過去1年で「15,000%の価格上昇率」を記録|一時100円付近まで高騰

【Chiliz/CHZ】過去1年で「15,000%の価格上昇率」を記録|一時100円付近まで高騰

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す