Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra」トークン経済の専門家が関与か

by BITTIMES   

Facebook(フェイスブック)が進めている独自仮想通貨の開発プロジェクト「Libra(リブラ)」に米マサチューセッツ工科大学(MIT)で暗号資産とブロックチェーン技術の研究に取り組んできた経歴を持つChristian Catalini(クリスチャン・カタリーニ)准教授が関与していることが「Coindesk」の取材で明らかになりました。

こちらから読む:水面下でブロックチェーン関連の活動を続ける「Facebook」関連ニュース

Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」

Facebook(フェイスブック)は、過去1年以上に渡って独自仮想通貨の開発を行っていることが最近の報道で明らかになっており、今月3日には米国の経済誌「The Wall Street Journal」がこれらの開発プロジェクトが「Libra(リブラ)」という名前で進められていることを報告しています。

これまでの報道内容によると、Facebookは現在ステーブルコインの開発に取り組んでおり、実際に利用可能になれば「個人間での送金」や「オンラインショッピング」などで使用することができると伝えられています。

現在は、eコマース企業に対して「この仮想通貨を受け入れるように」と呼びかけが行われているほか、出資も募っていると報告されています。また、コインを利用できる仕組みだけでなく、ユーザーが仮想通貨を入手する方法として「Facebook」上での取り組みに対してユーザーが仮想通貨を受け取ることができる仕組みなども構築されているとされています。

米国の大手新聞社「The New York Times」が今年2月に報じた内容では、関係者の話として「フェイスブックは独自仮想通貨をユーザーが購入できるように複数の仮想通貨取引所と交渉を行なっている」とも報告されているため、この仮想通貨は「Facebook上または仮想通貨取引所で入手することができ、買い物や個人間での送金などに利用することができるステーブルコイン」であると予想されます。

今回新たに明らかになった情報では「Libra(リブラ)」のプロジェクトに仮想通貨やブロックチェーン技術に詳しい専門家が関わっている可能性があることが明らかにされています。

トークンエコノミーの第一人者「Christian Catalini」

仮想通貨メディアである「Coindesk」は、2019年5月3日の報道で「Facebookの開発プロジェクトにマサチューセッツ工科大学(MIT)で仮想通貨とブロックチェーンの研究を続けてきたChristian Catalini(クリスチャン・カタリーニ)准教授が参画する」ということを事情に詳しい関係者2人が明かしたと報じました。

カタリーニ氏は「トークンエコノミー」の研究を進めている第一人者の一人であり、昨年はトロント大学のJoshua Gans(ジョシュア・ガンズ)教授とともに「暗号トークンの価値(Value of crypto tokens)」に関する論文をまとめているほか、スタンフォード大学の経済学者Susan Athey(スーザン・アテイ)氏とMITの経済学者Catherine Tucker(キャサリン・タッカー)氏と共に「個人のプライバシー保護」に関する論文などもまとめています。

Facebookの広報担当者やカタリーニ氏は「Coindesk」の取材に対してコメントを控えたと報じられているため、この件に関する詳しい情報は明らかになっていないものの、昨年に比べると現在は非常に多くの情報が明らかにされており、以前にはこの仮想通貨が早ければ2019年上半期にリリースされる可能性があることなども報告されているため、正式に「Facebookの独自通貨」が公開される日はそれほど遠くないとも考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引の「報告義務違反者に罰金刑」ブラジル税務当局が発表

仮想通貨取引の「報告義務違反者に罰金刑」ブラジル税務当局が発表

【NEM】Symbol(XYM)受け取りに必要な申請手続き「9月15日」から受付開始へ

【NEM】Symbol(XYM)受け取りに必要な申請手続き「9月15日」から受付開始へ

ブロックチェーンで「珈琲の製品情報」を共有|流通過程に透明性を:ウガンダ

ブロックチェーンで「珈琲の製品情報」を共有|流通過程に透明性を:ウガンダ

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

仮想通貨は金融資産か?マルタの金融庁が見解を表明

仮想通貨は金融資産か?マルタの金融庁が見解を表明

フィリピンの金融サービス大手が「RippleNet」に参加|国際送金を効率化

フィリピンの金融サービス大手が「RippleNet」に参加|国際送金を効率化

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック「The Sandbox」と連携|NFTマーケットプレイスでトークン取扱いへ

コインチェック「The Sandbox」と連携|NFTマーケットプレイスでトークン取扱いへ

ビットコイン「価格上昇の時は近い」著名アナリストPlanB氏が予想

ビットコイン「価格上昇の時は近い」著名アナリストPlanB氏が予想

BINANCE:ADA・LINKの「四半期先物取引サービス」拡大へ

BINANCE:ADA・LINKの「四半期先物取引サービス」拡大へ

アメリカ空軍「戦闘・空域管理」などでのブロックチェーン活用を検討

アメリカ空軍「戦闘・空域管理」などでのブロックチェーン活用を検討

コインチェック:アルトコイン取引所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

コインチェック:アルトコイン取引所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

韓国政府機関:ブロックチェーン基盤の「DIDモバイル社員証」導入へ

韓国政府機関:ブロックチェーン基盤の「DIDモバイル社員証」導入へ

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

BINANCE:ステーキングで新たな資産が獲得できる「Launchpool」を発表

BINANCE:ステーキングで新たな資産が獲得できる「Launchpool」を発表

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す