Anique(アニーク)とは?ブロックチェーンで人気アニメの「アートワーク所有権」取引

by BITTIMES   

Anique株式会社は、アニメ・マンガ・ゲームなどに関する人気作品の"アートワーク所有権"をブロックチェーン上で取引することができる新サービス「Anique(アニーク)」を開始することを2019年5月8日に発表しました。「進撃の巨人」とのコラボレーションで話題となっている注目の新サービスを紹介します。

こちらから読む:Anique株式会社のサービスの基盤となる「ブロックチェーン技術」とは

Anique(アニーク)とは

Anique

Anique(アニーク)とは、アニメ・マンガ・ゲーム・イラストといったの世界中に多くのファンを持つ作品の優れたアートワークにブロックチェーンなどの最先端技術を組み合わせることによって、アートワークの所有権・体験を世界の一人だけに認証するサービスです。

このサービスを運営している「Anique株式会社」は、アニメ・マンガ・ゲーム・イラストレーション・IT・EC・メディア・ブロックチェーンといった各業界で豊富な経験を培ってきた多様なメンバーによって支えられています。

アートワークの所有権を証明する「オーナー証明書」

オーナー証明書(画像:Anique)オーナー証明書(画像:Anique)

Aniqueは、アートワークを購入したオーナーに対して「オーナー証明書」を発行しています。Aniqueで購入したデジタル所有権は様々なブロックチェーンゲームでキャラクターやアイテムの価値を支えている"代替不可能なトークン"Non-Fungible Toke(NFT)の「ERC-721」をベースに構築されています。

同社が取り扱っている全ての作品は、その作品の著作権を持っているクリエイターやコンテンツホルダーから「Anique」が正式に委託を受けて取り扱っているため、偽造品などの心配はありません。販売された作品の取引記録はブロックチェーン上に記録されるため、購入者は自分の所有物であることを永久に記録することができます。

また、アートワークのオーナーは「創り手が認めた高精細なエディションフレーム」を注文することもできます。フレームを購入するためには追加で別料金(税別50,000円)が発生しますが、この額縁を購入することによって、自分だけの"セル画"をリミテッド・フレームと共に飾ることができます。

(画像:Anique)(画像:Anique)

Aniqueはこの他にも、作品のオーナーだけが参加することができるコミュニティも提供します。このような複数のサービスによって、作品のオーナーは、所有権が保証された作品を通じた特別な体験を得ることができます。

デジタルコンテンツの「収集・売買・レンタル」が可能

Aniqueのサービスでは、希少価値のある世界に1つだけの作品を「コレクション」として保有することができます。アートワークの所有者は、作品に関連する「ラフなどの制作物」や「特典コンテンツ」を閲覧することが可能です。

また集めた作品は「Anique」のプラットフォーム上で売買することも可能です。なお、作品を売却した後も、元々の所有者は「歴代オーナー」としてブロックチェーン上に永久に記録されることになります。作品の著作権はクリエイターや製作委員会が保有します。

さらに同社は、保有している作品を他のブロックチェーンサービスに貸し出すことによって、オーナーが収入を得る機会も創出していくと説明しています。プラットフォーム上で売買やレンタルができるようになることによって、アートワークの早期購入者はより多くの恩恵を受けることができるようになるでしょう。

作品の「創り手」に対する報酬還元

Aniqueは、作品の創り手との間でも良好な関係を築き、持続可能な制作環境を確保するために、デジタルコンテンツの売買額の一部を創り手に還元し続けると説明しています。この還元の仕組みにはスマートコントラクトの技術が活用されているため、取引自体も信頼できる形でスムーズに実行されます。

デジタル化されたアート作品は、劣化する心配もなく、失われる可能性もないため、価値を安全に保護することができます。より注目度の高い作品であれば、将来的にそれらの作品は高い金額で取引されることになる可能性もあります。

進撃の巨人×ブロックチェーン

Anique-Shingeki

Anique株式会社は、2019年5月8日に「Anique」のプロジェクト第一弾として、大人気アニメ「進撃の巨人」のアートワーク26点のデジタル所有権を抽選販売することを発表しました。

「進撃の巨人」のアートワークはそれぞれが限定1点のみの合計26点となっており、購入希望者は仮想通貨ウォレットを使用してそれらのコンテンツを所有・売買することができます。

日本国内だけでなく世界中で非常に多くの人々に支持されている「進撃の巨人」は、原作コミックの売り上げが累計8,000万部を超えており、2019年4月28日には「TVアニメ 進撃の巨人 Season 3」の放送が開始されているため、今後もさらに人気が高まっていくと期待されます。

「進撃の巨人」アートワークのデジタル所有権販売のスケジュールと詳細は以下のような内容となっています。

受付期間:2019年5月8日10:00~2019年5月20日12:00(日本時間)
当選発表:2019年5月27日以降(当選者のみにメールで連絡)

販売価格:
- デジタル所有権:10,000円(税別)
- デジタル所有権+額装セル画:60,000円(税別、配送費別途)
※額のサイズ:幅400ミリ・高さ310ミリ・奥行き25ミリ

「Anique」に関する詳細については以下の公式サイトをご覧ください。
>>「Anique」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

高級時計メーカー「Ulysse Nardin」ブロックチェーン保証書を導入

高級時計メーカー「Ulysse Nardin」ブロックチェーン保証書を導入

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

【国内初】プラチナ連動ステーブルコイン「x-Platinum」提供開始:エクスチェンジャーズ

【国内初】プラチナ連動ステーブルコイン「x-Platinum」提供開始:エクスチェンジャーズ

DAppsの開発方法が学べる「CryptoZombies」新たなカードゲームを発表

DAppsの開発方法が学べる「CryptoZombies」新たなカードゲームを発表

デジタル通貨「Jコイン」で不正アクセス被害|加盟店情報18,000件流出か

デジタル通貨「Jコイン」で不正アクセス被害|加盟店情報18,000件流出か

KUAILIAN(クアイリアン)世界中にブロックチェーン技術をもたらす革新的エコシステム

KUAILIAN(クアイリアン)世界中にブロックチェーン技術をもたらす革新的エコシステム

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン基盤のホームシェアリングサービス「Dtravel」公開|TRVL配布も予定

ブロックチェーン基盤のホームシェアリングサービス「Dtravel」公開|TRVL配布も予定

Grayscale親会社「イーサリアムクラシック投資信託(ETCG)への投資計画」を発表

Grayscale親会社「イーサリアムクラシック投資信託(ETCG)への投資計画」を発表

バイナンスが支援するNFTプラットフォーム「Featured by Binance」公開

バイナンスが支援するNFTプラットフォーム「Featured by Binance」公開

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

Perfume初のNFTアート作品「Imaginary Museum “Time Warp”」本日リリース

Perfume初のNFTアート作品「Imaginary Museum “Time Warp”」本日リリース

Bitstamp × ZEBEDEE:ビットコイン賞金付きの「カウンターストライク試合」開催へ

Bitstamp × ZEBEDEE:ビットコイン賞金付きの「カウンターストライク試合」開催へ

【世界初】エルサルバドル「ビットコインを法定通貨とする法案」を可決

【世界初】エルサルバドル「ビットコインを法定通貨とする法案」を可決

BINANCE:Tron(TRX)保有者などに対する「APENFTエアドロップ第1弾」を完了

BINANCE:Tron(TRX)保有者などに対する「APENFTエアドロップ第1弾」を完了

マイニング大手BIT Mining:中国から「カザフスタン」にマイニングマシンを移動

マイニング大手BIT Mining:中国から「カザフスタン」にマイニングマシンを移動

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

日本銀行の黒田総裁「暗号資産は投機的だが、ステーブルコインは決済手段になり得る」

日本銀行の黒田総裁「暗号資産は投機的だが、ステーブルコインは決済手段になり得る」

タイ証券取引委員会:NFT・ファントークンなど「仮想通貨4種類の取扱い」を禁止

タイ証券取引委員会:NFT・ファントークンなど「仮想通貨4種類の取扱い」を禁止

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す