駐車違反金の滞納で暗号資産「40万円相当」差し押さえ:岐阜県警

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨(暗号資産)が正式に「財産」として認められたことによって、日本国内でも徐々に仮想通貨を差し押さえる事例が増えてきています。2019年5月9日には新たに岐阜県警が「駐車違反の罰金を約5年間に渡って滞納し続けていた男性から40万円相当の暗号資産を差し押さえたこと」を発表しています。

こちらから読む:エイベックス、ブロックチェーン関連会社を新設「日本」国内ニュース

違反金と滞納金「合計24,000円」を徴収

岐阜県警は、2019年5月8日に駐車違反金を滞納していた名古屋市の20代男性から40万円相当の仮想通貨を差し押さえた上で、違反金と滞納金として合計24,000円を徴収したと伝えられています。

ロイターの報道によると、この男性は2014年8月に岐阜市内の路上で駐車違反したものの、違反金となる15,000円を滞納し続けていたとされています。

岐阜県警はこの男性に対して勧告書を14回送付しているだけでなく、直接自宅にも訪問し、およそ5年間に渡って督促していたものの、違反金の支払いに応じなかったため、男性が仮想通貨取引所に預けていた暗号資産を差し押さえたと報じられています。なお、この男性の財産は仮想通貨以外は確認できなかったとのことです。

仮想通貨の差し押さえは「3度目」

駐車違反関連で仮想通貨を差し押さえた事例は今回が初めてではなく、昨年7月には兵庫県警が5,000円相当の仮想通貨を駐車違反の男性から押収したことを発表しています。

また、今年3月には埼玉県警が駐車違反3件を繰り返した後に滞納し続けていた東京都大田区の33歳男性からおよそ640,000円相当の仮想通貨7種類を差し押さえたことを発表しています。

これら3件の差し押さえは、2017年4月に改正資金決済法が施行され、仮想通貨が法律上で「財産」として認められたことを踏まえた上での措置となっており、このような「仮想通貨差し押さえ」の事例は日本だけでなく、アメリカイギリスドイツなどといった複数の国々からも報告されています。

差し押さえの理由は国やケースによって違いがあるものの、規制が整うにつれて今後はこのようなニュースも増えていくことになると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

仮想通貨ウォレット搭載「高級腕時計」年内発売へ|スイス:A.Favre&Fils

仮想通貨ウォレット搭載「高級腕時計」年内発売へ|スイス:A.Favre&Fils

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

ビットコイン価格予想「4,400万円」価値がなければ盗まれない:モルガン・クリークCEO

ビットコイン価格予想「4,400万円」価値がなければ盗まれない:モルガン・クリークCEO

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

仮想通貨で「チップが送れる」Twitter向け新機能を一般公開:Braveブラウザ

仮想通貨で「チップが送れる」Twitter向け新機能を一般公開:Braveブラウザ

Tron CEO「違法資金調達・ポルノビジネス関与」など、中国メディアの報道に反論

Tron CEO「違法資金調達・ポルノビジネス関与」など、中国メディアの報道に反論

テックビューロ:仮想通貨交換業「廃業」を発表|Zaif譲渡未承諾ユーザーには返金対応

テックビューロ:仮想通貨交換業「廃業」を発表|Zaif譲渡未承諾ユーザーには返金対応

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

イーサリアムウォレット「MetaMask」スマホ向けアプリ・ベータ版を公開

イーサリアムウォレット「MetaMask」スマホ向けアプリ・ベータ版を公開

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

トラックでブロックチェーンベースの「M2M決済システム」をテスト:コメルツ銀行

トラックでブロックチェーンベースの「M2M決済システム」をテスト:コメルツ銀行

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す