国産有機ワイン×ブロックチェーンで「エシカル消費」の実証実験|トークン・DAppsも活用

by BITTIMES

フランスの「バルドワーズ県経済開発委員会(CEEVO)」、株式会社電通国際情報サービス(ISID)の「オープンイノベーションラボ(イノラボ)」、ブロックチェーン・スタートアップ企業「シビラ株式会社」の3者は、ブロックチェーン技術で管理された国産有機ワインをパリに空輸し、"エシカル消費(*1)"を可視化してトークンエコノミーの実現する実証実験を行いました。
(*1)エシカル消費:倫理的消費とも呼ばれ「地域/社会/人/環境」に配慮したモノやサービスを選択し購入する消費活動の事。大量生産などによる地球の環境破壊防や発展途上国の生産者に貢献できる様な商品を購入する事で社会的問題を解決を促そうとする働きであり、特に欧州で広がりを見せている。

こちらから読む:ブロックチェーンで安全性を保証「食品」関連ニュース

「地球環境や地域に優しい消費活動」を促進

・バルドワーズ県経済開発委員会(CEEVO)
・オープンイノベーションラボ(イノラボ)
・シビラ株式会社
の3者が実施した実証実験は、2019年5月8日〜10日までの3日間にかけて、フランス・パリのレストラン「ゼブラ」で行われました。

実証実験の内容としては、ブロックチェーンで生産情報が管理されている日本の有機ワインをパリに空輸してレストランで販売し、ワイン注文者が受け取ることができるトークンや、注文履歴などを可視化する分散型アプリケーション(DApps)をなど活用することによって、レストランの来店者がゲーム感覚で"地球環境や地域に優しい消費活動"を行えるようにするといったものになっています。

この実証実験には、完全無農薬・植物性堆肥にこだわった宮崎県綾町の「香月ワインズ」が全面的に協力しています。実験に参加している「イノラボ」と「シビラ」はこれまでにも宮崎県綾町と共同で、ブロックチェーンを活用して有機農産物の生産・流通履歴を記録・可視化するトレーサビリティ・システムの構築に取り組んできており、今回の実証実験にも「土づくり/ブドウの作付け/収穫/醸造/加工/出荷輸送」の全工程の履歴がブロックチェーン上に記録された「香月ワインズ」の有機ワイン50本が使用されています。

なお、この実証実験で得られた売り上げは、全額がパリの「ノートルダム大聖堂」再建用に寄付されています。

エシカル消費をゲーム感覚で確認できる「DApps」も提供

この実証実験には国連が採択したSDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)で掲げられている 「17のゴール」も関連付けられており、レストランに訪れた客に対してSDGsの「17のゴール」を擬人化したハードウェアウォレットと"エシカル消費"が確認できるDAppsを用いたゲームによる演出なども提供されています。

このDAppsは「香月ワイン」を注文することによって、SDGsの目標として掲げられている「気候変動(ゴール13)」や「陸の生物多様性(ゴール15)」といった目標の中の"どの目標に貢献できているか"をひと目で確認することができるようになっており、実際にワインを注文して目標に貢献した人には、そのことを証明するトークンが付与される仕組みとなっています。

これによって、ワインの購入者はワインの味を楽しむだけでなく、これまでになかった新しい体験を同時に得ることができ、トークンをコレクションする楽しみも増えることになります。このDAppsに新しい機能が搭載されるのであれば、そのような楽しみの幅はさらに広がっていくことになるとも予想されるため、さらなる開発にも注目です。

なお、以前よりイノラボとシビラは「トークンエコノミープロトコル」を共同開発しており、今回の実証実験に実装する事で汎用プロトコルからトークンを配布する仕組みが世界で初めて実現した事になります。またエシカル消費に関するブロックチェーンの実装においても世界初となっています。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

ブロックチェーン企業向け銀行口座「LBXPay」を発表 ー London Block Exchange

ブロックチェーン企業向け銀行口座「LBXPay」を発表 ー London Block Exchange

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

Coinbase「仮想通貨オープン特許アライアンス(COPA)」に参加

Coinbase「仮想通貨オープン特許アライアンス(COPA)」に参加

仮想通貨取引所ビットバンク「スマホで本人確認」の提供開始

仮想通貨取引所ビットバンク「スマホで本人確認」の提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Google「仮想通貨の広告掲載ポリシーを明確化」条件満たした場合の宣伝を許可

Google「仮想通貨の広告掲載ポリシーを明確化」条件満たした場合の宣伝を許可

金持ち父さん著者:ビットコイン買いは「24,000ドル」まで待機

金持ち父さん著者:ビットコイン買いは「24,000ドル」まで待機

BINANCE:Tron(TRX)保有者などに対する「APENFTエアドロップ第1弾」を完了

BINANCE:Tron(TRX)保有者などに対する「APENFTエアドロップ第1弾」を完了

Coinbase Pro「ポルカドット(DOT)」取扱いへ|24時間で14%価格上昇

Coinbase Pro「ポルカドット(DOT)」取扱いへ|24時間で14%価格上昇

Sorare「サッカーフランス代表チームのNFT選手カード」発行へ

Sorare「サッカーフランス代表チームのNFT選手カード」発行へ

Enjin × Health Hero「NFT活用したウェルネスプログラム」を発表

Enjin × Health Hero「NFT活用したウェルネスプログラム」を発表

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

SBI証券など4社、セキュリティトークン扱うコンソーシアム「ibet for Fin」運営開始

SBI証券など4社、セキュリティトークン扱うコンソーシアム「ibet for Fin」運営開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」第2期公認クリプトアーティストの審査受付開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」第2期公認クリプトアーティストの審査受付開始

MicroStrategy:ビットコイン「540億円相当」を追加購入|保有量は10万BTC超え

MicroStrategy:ビットコイン「540億円相当」を追加購入|保有量は10万BTC超え

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月30日〜6月5日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月30日〜6月5日

ブレイブ:プライバシー重視の独自検索エンジン「Brave Search」ベータ版公開

ブレイブ:プライバシー重視の独自検索エンジン「Brave Search」ベータ版公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す