今、投資家が注目すべきは「ビットコイン」ではない:Bernhard Schroeder

by BITTIMES

仮想通貨市場全体で価格が上昇し始めていることなどから、ビットコイン(Bitcoin/BTC)への関心は再び高まってきます。しかし、サンディエゴ州立大学で起業家を目指す人々への教育を行なっているBernhard Schroeder氏は「投資家や起業家はビットコインではなく、それを支える"ブロックチェーン技術"や、その技術を活用している"企業"に焦点を当てるべきだ」と語っています。

こちらから読む:ビットコインを支える基盤技術「ブロックチェーン」の基本知識

Bernhard Schroeder氏の経歴

Bernhard Schroeder氏は、サンディエゴ州立大学の経営管理学部内にある「Lavin Entrepreneurship Center」でディレクターを務め、起業コースを教えている人物です。

起業家を目指す人々のための複数の本も出版していることでも知られる同氏は、サンディエゴに移る以前は世界最大の統合マーケティングコミュニケーション代理店である「CKS Partners」でシニアパートナーを務めていた経歴も持っています。

同氏の公式ホームページである「bernieschroeder.com」の情報によると、豊富な経験を有しているSchroeder氏は、「Yahoo!・Amazon・Corbis・ESPN・Travelocity」のような会社の最初のブランディングとマーケティングの立ち上げにも関わっていたと説明されています。

投資家が見るべきは「ブロックチェーン技術」

key-blockchain

Bernhard Schroeder氏は、2019年5月20日に「Forbes(フォーブス)」に寄稿した記事の中で投資家や起業家の人々は、ビットコインではなく、ブロックチェーン技術に焦点当てるべきだとの考えを語っています。

同氏は、ビットコインは"将来的に採用されるかもしれない"という憶測に基づいた存在であり、現時点では単なる「投機的なもの」に過ぎないため、長期的には上手くいかない可能性があることを指摘しています。

一方ブロックチェーン技術に関しては「さまざまな解決策を提供できる素晴らしいテクノロジーである」と説明されており、すでに複数の分野で役立てられている実績があるため、ブロックチェーンの将来は明るいと同氏は考えています。

Schroeder氏は具体的に、新しい金鉱が見つかった際に採掘者の人々が一攫千金を狙って金(ゴールド)に殺到する「ゴールドラッシュ」が起こった時のことを例としてあげており、この時の"真の勝者"は貴金属を採掘したり投資したりした人々ではなく「採掘者の人々にツルハシやショベルを販売した人々」だったと警告しています。

ブロックチェーン「真の可能性」は企業から

Blockchain

Schroeder氏は、ブロックチェーン技術の「真の可能性」は"ブロックチェーン技術を基盤とすることを決心した企業"から生まれてくると考えており「企業がブロックチェーン技術を活用して構築できる潜在的なソリューション」として、
・デジタル著作権管理
・実物資産のトークン化
不動産のデジタル化
・顧客への報酬プラグラム
などをあげています。

このような分野にブロックチェーン技術を活用している企業は、すでに世界中に数多く存在しており、実際にブロックチェーン上で不動産取引を行なった事例や、貴金属をトークン化するプロジェクトなども存在しています。

Schroeder氏の意見に基づいて考えると、価格が不安定で将来がわからない「ビットコイン」に投資するよりも、ビットコインを支えている基盤技術でもある"ブロックチェーン技術"を取り入れて事業を進めている「企業」に投資した方が良いということになります。

最近では、ビットコインなどの仮想通貨から直接「企業の株」などを購入できるサービスなども提供されており、ビットコイン投資をやめて株などへの投資に切り替えることも簡単にできるようになってきているため、仮想通貨だけでなくブロックチェーン技術を活用している企業にも投資したいと考えている方はそのようなサービスを利用してみると良いでしょう。

>>Bernhard Schroeder氏が寄稿した記事はこちら

ビットコイン(BTC)で世界の「株式」を購入できるウォレットアプリ「Abra(アブラ)」のダウンロードはこちら

Download Abra

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月8日〜14日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月8日〜14日

ブロックチェーン・AIの「導入・教育」を強化|連邦クラスの大規模政策を開始:UAE

ブロックチェーン・AIの「導入・教育」を強化|連邦クラスの大規模政策を開始:UAE

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

「独自デジタル通貨、準備はできている」中国人民銀行の高官が発表

「独自デジタル通貨、準備はできている」中国人民銀行の高官が発表

イスラエルが仮想通貨とマネーロンダリングに関する草案を公表

イスラエルが仮想通貨とマネーロンダリングに関する草案を公表

著名YouTubeアナリスト:今後数週間の「ビットコイン価格上昇」を予想|200万超えも視野?

著名YouTubeアナリスト:今後数週間の「ビットコイン価格上昇」を予想|200万超えも視野?

注目度の高い仮想通貨ニュース

ロシアの暗号資産取引所ライブコイン:ハッキング受け「事業閉鎖」を発表

ロシアの暗号資産取引所ライブコイン:ハッキング受け「事業閉鎖」を発表

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

【Chiliz】PSG&JUVファントークン「100〜200%価格急騰」3つの主要取引所で取引開始

【Chiliz】PSG&JUVファントークン「100〜200%価格急騰」3つの主要取引所で取引開始

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す