オンラインショップの表示価格「BTC/Satoshi」に自動換算|ブラウザ拡張機能リリース

by BITTIMES

Amazon(アマゾン)、eBay(イーべイ)、COSTCO(コストコ)などのオンラインショップ(ECサイト)で表示されている商品の価格を自動的にリアルタイムなビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格に換算してくれるブラウザ拡張機能「Get Used to Bitcoin」がリリースされました。この機能を追加すれば、米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、日本円(JPY)などで表示されている価格と同額の「Satoshi(サトシ)」を画面上に自動表示することができます。

こちらから読む:本格的な強気相場へ「ビットコイン」関連ニュース

ブラウザ拡張機能「Get Used to Bitcoin」とは

get-used-to-bitcoin-logo

「Get Used to Bitcoin」とは、オンラインショップ(ECサイト)で表示されている商品の価格を自動的に「リアルタイムのビットコイン価格」に換算して表示させることができるブラウザ拡張機能です。

この拡張機能は、ウェブページの価格値を自動的にスキャンしてビットコインの最小単位である「Satoshi(サトシ)」に換算し、すでに表示されている法定通貨価格の横にその金額を自動表示する仕様となっているため、この機能をブラウザに追加すれば、電卓などを使用せずに表示されている法定通貨の価格をビットコインに自動変換することができます。

また表示されるビットコイン価格は、より正確な結果を提示するために15分ごとに更新されるように設計されています。

Get-Used-to-Bitcoin

「Google Chrome」と「Firefox」に対応

このブラウザ拡張機能は、記事執筆時点で「Google Chrome(グーグル・クローム)」と「Firefox(ファイヤーフォックス)」向けに提供されているため、これらのブラウザを利用している方であれば、今すぐ利用することができます。

アマゾン・コストコなど「世界最大のeコマースサイト」で利用可能

「Get Used to Bitcoin」は、
Amazon(アマゾン)
・eBay(イーべイ)
・Best Buy(ベスト・バイ)
・Costco(コストコ)
などといった世界最大のeコマースサイトを含む、多数のオンラインショップで機能すると説明されており、利用できるサイトは継続的に追加されていく予定だと説明されています。

変換可能な法定通貨は「8種類」

「Get Used to Bitcoin」で自動変換することができる法定通貨の種類は以下の8通貨となっています。

  • 米ドル(USD)
  • ユーロ(EUR)
  • 日本円(JPY)
  • 英ポンド(GBP)
  • タイバーツ(THB)
  • 韓国ウォン(KRW)
  • ロシアルーブル(RUB)
  • オーストラリアドル(AUD)

また、将来的にはその他の法定通貨も追加で対応していく予定だと伝えられています。

ビットコイン(BTC)がもっと身近に

「Get Used to Bitcoin」を使用すれば、ビットコインで支払いを行う場合にはどれくらいの「Satoshi」が必要になるのかを一目で確認することができるため、ビットコイン決済がより気軽なものになります。

同社の公式サイトには、「Get Used to Bitcoin」を使用することによって、ビットコインに関する人々の理解を深めることができるとのコメントが掲載されています。

当メディアで実際に「Get Used to Bitcoin」を使用してテストしたみたところ、現時点では日本の「Amazon」などではうまく機能しなかったものの、海外のECサイトでは非常にスムーズに動作しており、BTC価格の表示・非表示の切り替えもボタン一つで瞬時に行うことができました。

「Get Used to Bitcoin」の改良が進み、より多くの国でこれらの機能が自然に利用できるようになれば、ビットコイン決済を利用するユーザーも増加していくと期待されます。

>>「Get Used to Bitcoin」の公式サイトはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

ニューヨーク新市長:初任給は「ビットコイン・イーサリアム」で受け取り

ニューヨーク新市長:初任給は「ビットコイン・イーサリアム」で受け取り

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

ビットコイン注文価格「800万円」を突破|ジンバブエで起きた急騰の原因とは?

ビットコイン注文価格「800万円」を突破|ジンバブエで起きた急騰の原因とは?

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

下落続きのXRP価格「15円台突入」の可能性も

下落続きのXRP価格「15円台突入」の可能性も

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

千葉県佐倉市:DOGEで知られる「かぼすちゃん」のマンホール設置

千葉県佐倉市:DOGEで知られる「かぼすちゃん」のマンホール設置

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す