実業家:本田圭佑「ブロックチェーン・ファンド」設立へ|新たなビジネス構想も

by BITTIMES

サッカー元日本代表の本田 圭佑(ほんだ けいすけ)氏は、東京都内で行われたイベント「Advertising week asia 2019」の中で新しく「ブロックチェーン・ファンド」を設立することなどを明かし、ブロックチェーン技術や仮想通貨についての自身の思いを語りました。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などを支える「分散型」という思想に共感しているという同氏は「サッカークラブを分散型で運営する」といったことも構想していることを明かしています。

こちらから読む:本田圭佑氏が共感しているという「ブロックチェーン技術」とは

世界中の人々が「夢を追える世界」を目指して

honda

サッカー元日本代表として世界中で知られている本田 圭佑(ほんだ けいすけ)氏は、東京都内で行われたイベント「Advertising week asia 2019」の中で、新しく「ブロックチェーン・ファンド」を設立することなどについて語りました。本田 圭佑氏は、サッカー選手として広く知られる一方で「経営者・実業家」としても側面も持っており、これまでにも仮想通貨取引所「BitPoint(ビットポイント)」のイメージキャラクターを務めるなど、仮想通貨業界に深く関わってきた経歴を持っています。

「Advertising week asia 2019」に登壇した同氏は、現在140人ほどのグループで「世界中の誰もが夢を追い続けられる世界を作ること」を目標とした活動を行なっていると語り、これまでにも子供達に夢を持ってもらうためにサッカースクールを立ち上げたり、社会のための有意義な活動を行うために「エンジェル投資」を始めたりしていたことを説明しました。

大企業ではなく「テクノロジー」や「志の高い起業家」の"将来的に国に影響を与えるような企業"に投資をして、間接的にでも国を変えていきたいと考えているという同氏は、個人的に50社ほどに投資を行なっている他、俳優のWill Smith(ウィル・スミス)氏とベンチャー・キャピタルを立ち上げ、すでに30社ほどに投資を行なっていることを明かしています。

ブロックチェーン・ファンド設立の理由とは?

Blockchain

ブロックチェーン・ファンドを立ち上げようと思った理由については、「ブロックチェーン=仮想通貨」という考え方が一般的であることから「投機的」な印象も強く、あまり良いイメージを持っていない人の方が多いものの、実際にはブロックチェーン技術の重要なポイントは「分散型である」という点であり「誰にも支配されていない」ということなのだと強調し、僕はそのような"ブロックチェーンの思想"に共感したのだと説明しました。

その一方で「実はブロックチェーンに関するノウハウを有していない」とも語った本田氏は、ブロックチェーン・ファンド設立の仲間として「クリプト・キャピタリスト」として知られる大日方 祐介(おびなた ゆうすけ)氏を壇上に迎え入れました。大日方氏は「クリプト・キャピタリスト」として知られる人物であり、国際ブロックチェーンカンファレンスである「Node Tokyo」を主催したことでも知られています。

「おそらく多くの人々がブロックチェーンや仮想通貨を誤解している」と語った本田圭佑氏は、誤解は多いものの、ベースとなっているビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の思想や技術はまだまだ未熟ではあるものの『本当に未来なんです』と自らの思いを語っています。

サッカークラブを「分散型」で経営したい

soccer

イベントの終了間際に仮想通貨・ブロックチェーンメディアである「あたらしい経済」から『サッカー×ブロックチェーンのプロジェクトをやるとしたら?』という質問を受けた本田圭佑氏は、"やるかどうかはわからない"とは語りつつも『例えばサッカークラブを"分散型"で経営したい』と回答しました。

「ファンの人々がクラブのオーナーになれないのがすごくおかしいことだと思っている」という本田圭佑氏は、サッカークラブのファンの人々がクラブチームの"トークン"を保有することによってチームの意思決定に投票できる仕組みが今後のスポーツ業界で広がっていくのではないか?との考えを語りました。

「トークン保有型のクラブチーム運営」というスタイルはすでに世界各地で広まりつつあり、最近では、
・Paris Saint-Germain FC(パリ・サンジェルマン FC)
・Juventus FC(ユヴェントスFC)
・West Ham United FC(ウェストハム・ユナイテッドFC)
などの有名サッカークラブが参加している投票プラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」を支えている仮想通貨チリーズ(ChiliZ/CHZ)が大手仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)と提携を結んだことも話題となっています。

「ChiliZ」や「Socios.com」のプロジェクトは日本のユーザーからも強く支持されているため、本田圭佑氏が実際に「トークン保有型のクラブチーム」を立ち上げた場合には、大きな支持が得られると予想されます。現時点では、実際にそのようなプロジェクトを立ち上げるかどうかはわからないとされているため、強く期待することはできないものの、今後本田圭佑氏が「ブロックチェーン・ファンド」などを通じてどのような取り組みを行っていくのか?には注目が集まります。

(参照元:あたらしい経済

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップルによる金融システムアップデートが仮想通貨を次のステップへ

リップルによる金融システムアップデートが仮想通貨を次のステップへ

BitGo:日本市場で「カストディサービス」本格展開か|営業担当者の求人募集を掲載

BitGo:日本市場で「カストディサービス」本格展開か|営業担当者の求人募集を掲載

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月23日〜12月29日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月23日〜12月29日

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

Cardano(ADA)新たなバージョンへとアップグレード|DAEDALUS Walletにも新機能

Cardano(ADA)新たなバージョンへとアップグレード|DAEDALUS Walletにも新機能

注目度の高い仮想通貨ニュース

XRP Ledger基盤の銀行アプリ「XUMMベータ版」近日中に一般公開へ

XRP Ledger基盤の銀行アプリ「XUMMベータ版」近日中に一般公開へ

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月29日〜4月4日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月29日〜4月4日

Huobi Japan:仮想通貨「レバレッジ取引サービス」提供へ

Huobi Japan:仮想通貨「レバレッジ取引サービス」提供へ

「金・銀・ビットコインを購入すべき」ロバート・キヨサキ氏、FRB・中央銀行を批判

「金・銀・ビットコインを購入すべき」ロバート・キヨサキ氏、FRB・中央銀行を批判

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

PoL:ブロックチェーン学習で「決済用トークンがもらえる」新サービス提供開始

PoL:ブロックチェーン学習で「決済用トークンがもらえる」新サービス提供開始

GMOコイン:仮想通貨BATの「貸出受付」を開始

GMOコイン:仮想通貨BATの「貸出受付」を開始

BINANCE:ビットコインでチャージできる「Visaデビットカード」発行へ

BINANCE:ビットコインでチャージできる「Visaデビットカード」発行へ

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

【XRP盗難】Ledgerの「偽拡張機能」で被害報告|転送先はクジラウォレット

【XRP盗難】Ledgerの「偽拡張機能」で被害報告|転送先はクジラウォレット

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す