実業家:本田圭佑「ブロックチェーン・ファンド」設立へ|新たなビジネス構想も

by BITTIMES

サッカー元日本代表の本田 圭佑(ほんだ けいすけ)氏は、東京都内で行われたイベント「Advertising week asia 2019」の中で新しく「ブロックチェーン・ファンド」を設立することなどを明かし、ブロックチェーン技術や仮想通貨についての自身の思いを語りました。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などを支える「分散型」という思想に共感しているという同氏は「サッカークラブを分散型で運営する」といったことも構想していることを明かしています。

こちらから読む:本田圭佑氏が共感しているという「ブロックチェーン技術」とは

世界中の人々が「夢を追える世界」を目指して

honda

サッカー元日本代表として世界中で知られている本田 圭佑(ほんだ けいすけ)氏は、東京都内で行われたイベント「Advertising week asia 2019」の中で、新しく「ブロックチェーン・ファンド」を設立することなどについて語りました。本田 圭佑氏は、サッカー選手として広く知られる一方で「経営者・実業家」としても側面も持っており、これまでにも仮想通貨取引所「BitPoint(ビットポイント)」のイメージキャラクターを務めるなど、仮想通貨業界に深く関わってきた経歴を持っています。

「Advertising week asia 2019」に登壇した同氏は、現在140人ほどのグループで「世界中の誰もが夢を追い続けられる世界を作ること」を目標とした活動を行なっていると語り、これまでにも子供達に夢を持ってもらうためにサッカースクールを立ち上げたり、社会のための有意義な活動を行うために「エンジェル投資」を始めたりしていたことを説明しました。

大企業ではなく「テクノロジー」や「志の高い起業家」の"将来的に国に影響を与えるような企業"に投資をして、間接的にでも国を変えていきたいと考えているという同氏は、個人的に50社ほどに投資を行なっている他、俳優のWill Smith(ウィル・スミス)氏とベンチャー・キャピタルを立ち上げ、すでに30社ほどに投資を行なっていることを明かしています。

ブロックチェーン・ファンド設立の理由とは?

Blockchain

ブロックチェーン・ファンドを立ち上げようと思った理由については、「ブロックチェーン=仮想通貨」という考え方が一般的であることから「投機的」な印象も強く、あまり良いイメージを持っていない人の方が多いものの、実際にはブロックチェーン技術の重要なポイントは「分散型である」という点であり「誰にも支配されていない」ということなのだと強調し、僕はそのような"ブロックチェーンの思想"に共感したのだと説明しました。

その一方で「実はブロックチェーンに関するノウハウを有していない」とも語った本田氏は、ブロックチェーン・ファンド設立の仲間として「クリプト・キャピタリスト」として知られる大日方 祐介(おびなた ゆうすけ)氏を壇上に迎え入れました。大日方氏は「クリプト・キャピタリスト」として知られる人物であり、国際ブロックチェーンカンファレンスである「Node Tokyo」を主催したことでも知られています。

「おそらく多くの人々がブロックチェーンや仮想通貨を誤解している」と語った本田圭佑氏は、誤解は多いものの、ベースとなっているビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の思想や技術はまだまだ未熟ではあるものの『本当に未来なんです』と自らの思いを語っています。

サッカークラブを「分散型」で経営したい

soccer

イベントの終了間際に仮想通貨・ブロックチェーンメディアである「あたらしい経済」から『サッカー×ブロックチェーンのプロジェクトをやるとしたら?』という質問を受けた本田圭佑氏は、"やるかどうかはわからない"とは語りつつも『例えばサッカークラブを"分散型"で経営したい』と回答しました。

「ファンの人々がクラブのオーナーになれないのがすごくおかしいことだと思っている」という本田圭佑氏は、サッカークラブのファンの人々がクラブチームの"トークン"を保有することによってチームの意思決定に投票できる仕組みが今後のスポーツ業界で広がっていくのではないか?との考えを語りました。

「トークン保有型のクラブチーム運営」というスタイルはすでに世界各地で広まりつつあり、最近では、
・Paris Saint-Germain FC(パリ・サンジェルマン FC)
・Juventus FC(ユヴェントスFC)
・West Ham United FC(ウェストハム・ユナイテッドFC)
などの有名サッカークラブが参加している投票プラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」を支えている仮想通貨チリーズ(ChiliZ/CHZ)が大手仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)と提携を結んだことも話題となっています。

「ChiliZ」や「Socios.com」のプロジェクトは日本のユーザーからも強く支持されているため、本田圭佑氏が実際に「トークン保有型のクラブチーム」を立ち上げた場合には、大きな支持が得られると予想されます。現時点では、実際にそのようなプロジェクトを立ち上げるかどうかはわからないとされているため、強く期待することはできないものの、今後本田圭佑氏が「ブロックチェーン・ファンド」などを通じてどのような取り組みを行っていくのか?には注目が集まります。

(参照元:あたらしい経済

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨市場の成長は始まったばかり|Joseph Lubin ー Ethereum共同設立者

仮想通貨市場の成長は始まったばかり|Joseph Lubin ー Ethereum共同設立者

仮想通貨格付け「史上初の最高評価」価格上昇率は160%超え:Weiss Ratings

仮想通貨格付け「史上初の最高評価」価格上昇率は160%超え:Weiss Ratings

国際配送でのブロックチェーン利用「義務化」すべき|航空貨物輸送大手FedEx

国際配送でのブロックチェーン利用「義務化」すべき|航空貨物輸送大手FedEx

ビットコイン投資「長期保有」が成功の鍵?利確ポイントは「98.66%」著名アナリスト

ビットコイン投資「長期保有」が成功の鍵?利確ポイントは「98.66%」著名アナリスト

企業のブロックチェーン「導入・開発」を支援|日本MicrosoftとLayerXが協力

企業のブロックチェーン「導入・開発」を支援|日本MicrosoftとLayerXが協力

カルダノ(ADA)高評価は「信用できない」Weiss Ratingsツイート、議論に発展

カルダノ(ADA)高評価は「信用できない」Weiss Ratingsツイート、議論に発展

注目度の高い仮想通貨ニュース

二酸化炭素・温室効果ガスの削減に「仮想通貨報酬」を付与|ドイツ自由民主党が提案

二酸化炭素・温室効果ガスの削減に「仮想通貨報酬」を付与|ドイツ自由民主党が提案

三菱UFJ:スマホ決済・ポイント管理を一括できる「MUFGウォレット」9月にも開始予定

三菱UFJ:スマホ決済・ポイント管理を一括できる「MUFGウォレット」9月にも開始予定

Cash App:ビットコイン売買機能に続き「株の無料取引」も提供か=Bloomberg報道

Cash App:ビットコイン売買機能に続き「株の無料取引」も提供か=Bloomberg報道

NASA:ブロックチェーン・仮想通貨関連の「データサイエンティスト」を募集

NASA:ブロックチェーン・仮想通貨関連の「データサイエンティスト」を募集

CoinMarketCap:仮想通貨の「ランキング手法」変更へ|取引高の水増しに対処

CoinMarketCap:仮想通貨の「ランキング手法」変更へ|取引高の水増しに対処

米格付け機関が選ぶ「ビットコインよりも優れた仮想通貨」

米格付け機関が選ぶ「ビットコインよりも優れた仮想通貨」

北海道厚沢部町、仮想通貨用いた「EV送迎サービス」を実証実験|TIS×INDETAIL

北海道厚沢部町、仮想通貨用いた「EV送迎サービス」を実証実験|TIS×INDETAIL

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

楽天ウォレット:仮想通貨取引アプリ「iOS版」をリリース

楽天ウォレット:仮想通貨取引アプリ「iOS版」をリリース

ブルンジ共和国:仮想通貨取引の「全面禁止」を決定|投資家・消費者の保護を優先

ブルンジ共和国:仮想通貨取引の「全面禁止」を決定|投資家・消費者の保護を優先

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す