仮想通貨で「グッズ・チケット」が購入可能に|ポルトガルのサッカークラブ:S.L.Benfica

by BITTIMES

ポルトガルサッカーにおけるビッグ3の一つとして数えられるサッカーチーム「S.L.Benfica(SLベンフィカ)」は、仮想通貨決済を受け付けることを2019年6月5日に発表しました。同チームのサポーターはビットコイン(Bitcoin/BTC)とイーサリアム(Ethereum/ETH)で試合のチケットやグッズなどを購入することができます。

こちらから読む:日本国内でも対応店舗が増加中「仮想通貨決済」関連ニュース

S.L.Benfica(SLベンフィカ)とは

S.L.Benfica

S.L.Benfica(SLベンフィカ)は、ポルトガル・リスボンに本拠地を置く総合スポーツクラブであり、サッカーチームとして特に高い知名度を誇っています。

ポルトガル最大・ヨーロッパ最大級のファンを持つ「SLベンフィカ」は全世界に1,400万人ものファンを持つと言われており、ファンクラブの会員数は世界最多の20万人として「ギネス・ワールド・レコーズ」からも認定を受けています。

クラブ創設以来ずっとソシオ(ファンクラブ会員)がクラブを所有して運営している同チームは、37回目のポルトガルチャンピオンを獲得しており、世界で最も支持されているサッカークラブの1つでもあります。

UTRUSTと提携し「仮想通貨決済」を受け入れ

S.L.Benfica(SLベンフィカ)は、2019年6月5日にデジタル決済サービスを提供している「UTRUST(ユートラスト)」とパートナーシップを結び、仮想通貨決済を受け入れ始めたことを発表しました。

提携を結んだ「UTRUST」もTwitter上でこのことを次のように報告しています。

UTRUSTは「S.L.Benfica」で利用することができます🎉
私たちは、世界中に1,400万人のファンを持つ最大のサッカーチームでサービスを開始しています。

現在Benficaの公式ウェブサイトは仮想通貨決済を受け入れています。

SLベンフィカは現在「UTRUST」のサービスを介して、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
・UTRUST(UTK)
の3通貨を受け入れているため、ファンの人々はこれらの仮想通貨を使用して「試合チケット」や「グッズ」などを購入することができます。

ベンフィカの最高経営責任者(CEO)であるDomingos Soares de Oliveira(ドミンゴス・ソアレス・デ・オリヴェイラ)氏は、公式発表の中で次のように述べています。

「私たちのサポーターの多くがデジタルユーザーである」ということは始めから認識していたので、私たちは「新しい技術を取り入れ、サポーターの皆様に最高のオンライン体験を提供する最前線を走りたい」と考えています。

サッカー業界仮想通貨ブロックチェーンとの関わりが特に深い業界でもあり、これまでにも数多くのクラブチームが独自の仮想通貨を発行することなどを発表していましたが、公式の支払い手段として「ビットコイン」や「イーサリアム」などの仮想通貨を受け入れたのは今回が初めてであるとも言われています。

ファントークンを発行してサポーターの人々がチームの決定に参加できるようにする仕組みを採用するチームは徐々に増えてきていますが、今後はシンプルに仮想通貨決済を受け入れるチームも増えていくことが予想されます。

>>「SLベンフィカ」の公式発表はこちら
>>「UTRUST」の公式発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SwiftDemandがDAOベースの仮想通貨を開発中

SwiftDemandがDAOベースの仮想通貨を開発中

Huobi(フォビ)仮想通貨取引所をカナダにも開設

Huobi(フォビ)仮想通貨取引所をカナダにも開設

ブロックチェーンを使った資産管理に向け「NASDAQ」らと提携:シンガポール金融管理局

ブロックチェーンを使った資産管理に向け「NASDAQ」らと提携:シンガポール金融管理局

HONDA×GM:ブロックチェーン活用した「電気自動車・スマートグリッド」を共同研究

HONDA×GM:ブロックチェーン活用した「電気自動車・スマートグリッド」を共同研究

国産有機ワイン×ブロックチェーンで「エシカル消費」の実証実験|トークン・DAppsも活用

国産有機ワイン×ブロックチェーンで「エシカル消費」の実証実験|トークン・DAppsも活用

ウォレットアプリ「Enjin Wallet」がバイナンスチェーンに対応|DEXの交換機能も搭載

ウォレットアプリ「Enjin Wallet」がバイナンスチェーンに対応|DEXの交換機能も搭載

注目度の高い仮想通貨ニュース

チリーズ(CHZ)イタリアのサッカークラブ「AS Roma」と提携|仮想通貨発行を支援

チリーズ(CHZ)イタリアのサッカークラブ「AS Roma」と提携|仮想通貨発行を支援

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

【Bakkt公式発表】ビットコイン先物「2019年9月23日」開始へ|BTC価格も上昇

【Bakkt公式発表】ビットコイン先物「2019年9月23日」開始へ|BTC価格も上昇

リップル(XRP)活用したブラウザアプリが「App Store」に登場|日本でも利用可能

リップル(XRP)活用したブラウザアプリが「App Store」に登場|日本でも利用可能

仮想通貨による「給与支払い」が合法に|課税方法のガイダンスを公開:ニュージーランド

仮想通貨による「給与支払い」が合法に|課税方法のガイダンスを公開:ニュージーランド

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

Bakkt:業界待望のビットコイン先物「テスト開始」今後は30カ国以上に提供予定

Bakkt:業界待望のビットコイン先物「テスト開始」今後は30カ国以上に提供予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す