ダイムラー:ブロックチェーンベースの「自動車向けハードウェアウォレット」を開発

by BITTIMES

ブロックチェーンソリューションを提供しているヨーロッパの大手企業「RIDDLE&CODE(リドル&コード)」は、2019年7月22日に「Daimler Financial Services(ダイムラー・フィナンシャルサービス)」主導のコンソーシアムが「自動車向けのハードウェアウォレット・ソリューション」を開発していることを発表しました。

こちらから読む:EV充電スタンドにブロックチェーン「自動車」関連ニュース

交通データの交換で「渋滞・保険料」を削減

RIDDLE&CODE(リドル&コード)が発表したカーウォレットは「カーシェアリング」から「自律走行車両」に至るまでの様々なユースケースを持っており、安全な交通データを自動車とスマートシティ環境の間でリアルタイムに交換することによって、渋滞を削減し、保険料を下げ、事故が発生した場合にはブロックチェーンの認証データを使用することができると説明されています。

自律走行車は信頼を得るために安全な走りを続けなければなりません。自動車はすでにコンピューティングデバイスです。安全な方法で身元を証明することによって「車内で実行されるコード」と「交換されるデータの信頼性」を適切な関連機関が承認していることを確認することができます。RIDDLE&CODEは、これを暗号化されたハードウェアで保護し、台帳を用いて自動車を「未来のマーケットプレイス」へと変化させます。

ハードウェアウォレットソリューションは、保護されたブロックチェーンIDを車両に提供するRIDDLE&CODE独自の安全なデータストレージソリューション「Secure Element 2.0」を軸に構築されいると説明されています。プレスリリースによると、これらのIDを州が発行する車両IDと組み合わせることによって、安全な元帳取引が可能になるとされています。

次世代モビリティで「新たなビジネスモデル」を

RIDDLE&CODEは、この次世代型のモビリティサービスが「新しいビジネスモデル」を生み出すことになるだろうと語っています。ブロックチェーン技術を自動車に活用する動きは、大手自動車メーカーの間で続々と進められており、これまでには考えられなかったような新しいアイデアが続々と発表されています。

今年4月にはイギリスの大手自動車会社である「Jaguar Land Rover(ジャガー・ランドローバー)」が、仮想通貨アイオータ(IOTA/MIOTA)を用いた「スマートウォレット」と呼ばれる機能を車両に搭載するためのテストを行なっていることが明らかにされています。

自動運転車両を開発するためには自動車の走行に関する様々なデータを取得・共有する必要もあるため、そのような新しい自動車を開発するための基盤にはブロックチェーン技術が積極的に活用され始めています。今後数年間をかけてゆっくりと明らかにされていくことになると予想されるこのような取り組みには今後も期待が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

勉強しながら暗号資産がもらえる「CoinMarketCap Earn」提供開始

勉強しながら暗号資産がもらえる「CoinMarketCap Earn」提供開始

15歳天才ハッカー「Bitfi Wallet」にゲームをインストール|John McAfeeを嘲笑う

15歳天才ハッカー「Bitfi Wallet」にゲームをインストール|John McAfeeを嘲笑う

リップル(XRP)基軸の取引所「Bitrue」新たに3種類の通貨ペアを追加

リップル(XRP)基軸の取引所「Bitrue」新たに3種類の通貨ペアを追加

MetaMask(メタマスク)モバイル版リリースへ!人気のETHウォレットがスマホにも対応

MetaMask(メタマスク)モバイル版リリースへ!人気のETHウォレットがスマホにも対応

【FINNEY™】の基本情報・特徴・購入方法を解説|SIRIN LABS製ブロックチェーンスマホ

【FINNEY™】の基本情報・特徴・購入方法を解説|SIRIN LABS製ブロックチェーンスマホ

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

注目度の高い仮想通貨ニュース

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

Mercari(メルカリ)「暗号資産関連サービス提供」に向け複数の求人募集

Mercari(メルカリ)「暗号資産関連サービス提供」に向け複数の求人募集

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す