ワクチン輸送を「ブロックチェーン・IoT」で安全に|偽造品問題などにも対処:StaTwig

by BITTIMES

インドの起業家であるSiddarth Chakravarty氏は、ワクチンの供給に関する問題を解決するために「StaTwig」という会社を立ち上げ、ブロックチェーン技術とモノのインターネット(IoT)を活用してワクチンの製造から医療センターまでの輸送を追跡するソリューションを開発しています。

こちらから読む:NEM活用したプロジェクトに岐阜県が助成金「医療」関連ニュース

ブロックチェーンとIoTで「ワクチン配送の問題」に対処

UNICEF(ユニセフ/国際連合児童基金)とWHO(世界保健機関)の研究報告では、2018年は世界中で少なくとも2,000万人の子供たちが「ジフテリア・破傷風・はしか」などのワクチンを受けることができなかったと指摘されています。

また、生産されたワクチンの30%が異常が無駄になっているため、ワクチンを受けれない子供がいるだけでなく、ワクチンを生産するための費用も無駄になっているとも報告されています。

医薬品・食品業界は以前に、輸送中の製品の温度変化に合わせて色を変えることによって、医薬品や食品の温度変化を察知し、それらの製品が腐敗するのを防止する取り組みを行なっていましたが、これらのデバイスでは温度変化が発生した性格な時間や場所を特定することができないため"非効率的"なものとなっていました。

インドの起業家であるSiddarth Chakravarty氏はこのような問題を解決するために「StaTwig」という会社を立ち上げ、ブロックチェーン技術」と「モノのインターネット(IoT)」を用いてワクチンの追跡を行うソリューションを開発していると伝えられています。

ワクチンの追跡や注文予測なども可能

Chakravarty氏によると、ワクチンが輸送中に腐敗する主な理由は"頻繁な温度変化"であり、わずかな温度変化でもワクチンの有効性に影響を与える可能性があるといいます。

StaTwig社が開発しているブロックチェーンソリューションは、ワクチン製造工場から医療センターまでの輸送を追跡し、可視化することができるものとなっており、製造業社がサプライチェーンを監視して問題点を解決することができるだけでなく、偽造ワクチンなどの流通に対処することもでき、注文の予測などにも役立つと説明されています。

単に貨物を追跡して"配送がいつ行われたのか"を知ることができるだけでなく、次の注文がいつ行われるかを予測するのにも役立ちます。

需要と供給の予測は、効率性を高めることができるだけでなく、コスト削減にも繋がるため、ビジネスにおいて非常に重要な側面です。その上で製造業社は自らが製造した"本物の製品"がエンドユーザーに届いたことを保証することができます。

ブロックチェーン技術を用いて製品のサプライチェーンを管理する取り組みはすでに世界中で進められており、複数の企業が実際に成果をあげたことを報告しています。

StaTwig社はユニセフからも支援を受けているため、同社のブロックチェーンソリューションはワクチン供給の分野で広く活用されていくことになると期待されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

大手企業「8割以上」がブロックチェーン活用方法を模索|世界一の会計事務所が調査報告

大手企業「8割以上」がブロックチェーン活用方法を模索|世界一の会計事務所が調査報告

Coinbase:Gramトークンなど「仮想通貨17銘柄」の取り扱いを検討

Coinbase:Gramトークンなど「仮想通貨17銘柄」の取り扱いを検討

世界初、空港内のショップで仮想通貨決済を導入したオーストラリア

世界初、空港内のショップで仮想通貨決済を導入したオーストラリア

自殺的な中国人民銀行ビットコイン規制の将来

自殺的な中国人民銀行ビットコイン規制の将来

注目度の高い仮想通貨ニュース

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

米タイヤ・ホイール販売業者「DOGEなどの仮想通貨決済」に対応

米タイヤ・ホイール販売業者「DOGEなどの仮想通貨決済」に対応

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す