ワクチン輸送を「ブロックチェーン・IoT」で安全に|偽造品問題などにも対処:StaTwig

by BITTIMES

インドの起業家であるSiddarth Chakravarty氏は、ワクチンの供給に関する問題を解決するために「StaTwig」という会社を立ち上げ、ブロックチェーン技術とモノのインターネット(IoT)を活用してワクチンの製造から医療センターまでの輸送を追跡するソリューションを開発しています。

こちらから読む:NEM活用したプロジェクトに岐阜県が助成金「医療」関連ニュース

ブロックチェーンとIoTで「ワクチン配送の問題」に対処

UNICEF(ユニセフ/国際連合児童基金)とWHO(世界保健機関)の研究報告では、2018年は世界中で少なくとも2,000万人の子供たちが「ジフテリア・破傷風・はしか」などのワクチンを受けることができなかったと指摘されています。

また、生産されたワクチンの30%が異常が無駄になっているため、ワクチンを受けれない子供がいるだけでなく、ワクチンを生産するための費用も無駄になっているとも報告されています。

医薬品・食品業界は以前に、輸送中の製品の温度変化に合わせて色を変えることによって、医薬品や食品の温度変化を察知し、それらの製品が腐敗するのを防止する取り組みを行なっていましたが、これらのデバイスでは温度変化が発生した性格な時間や場所を特定することができないため"非効率的"なものとなっていました。

インドの起業家であるSiddarth Chakravarty氏はこのような問題を解決するために「StaTwig」という会社を立ち上げ、ブロックチェーン技術」と「モノのインターネット(IoT)」を用いてワクチンの追跡を行うソリューションを開発していると伝えられています。

ワクチンの追跡や注文予測なども可能

Chakravarty氏によると、ワクチンが輸送中に腐敗する主な理由は"頻繁な温度変化"であり、わずかな温度変化でもワクチンの有効性に影響を与える可能性があるといいます。

StaTwig社が開発しているブロックチェーンソリューションは、ワクチン製造工場から医療センターまでの輸送を追跡し、可視化することができるものとなっており、製造業社がサプライチェーンを監視して問題点を解決することができるだけでなく、偽造ワクチンなどの流通に対処することもでき、注文の予測などにも役立つと説明されています。

単に貨物を追跡して"配送がいつ行われたのか"を知ることができるだけでなく、次の注文がいつ行われるかを予測するのにも役立ちます。

需要と供給の予測は、効率性を高めることができるだけでなく、コスト削減にも繋がるため、ビジネスにおいて非常に重要な側面です。その上で製造業社は自らが製造した"本物の製品"がエンドユーザーに届いたことを保証することができます。

ブロックチェーン技術を用いて製品のサプライチェーンを管理する取り組みはすでに世界中で進められており、複数の企業が実際に成果をあげたことを報告しています。

StaTwig社はユニセフからも支援を受けているため、同社のブロックチェーンソリューションはワクチン供給の分野で広く活用されていくことになると期待されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンでテレビ視聴者にコンテンツ配布|スマホアプリ「Card Hunter」登場

ブロックチェーンでテレビ視聴者にコンテンツ配布|スマホアプリ「Card Hunter」登場

Epic Games:公式ストア「仮想通貨決済導入はミス」技術採用には多くの課題

Epic Games:公式ストア「仮想通貨決済導入はミス」技術採用には多くの課題

【F1業界初】RedBull HONDA:仮想通貨「FuturoCoin」とスポンサー契約

【F1業界初】RedBull HONDA:仮想通貨「FuturoCoin」とスポンサー契約

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

BINANCE:世界に流通する「180種類全ての法定通貨」サポートを計画

BINANCE:世界に流通する「180種類全ての法定通貨」サポートを計画

NEM(XEM)の報酬システムがさらに平等に|カタパルトアップデートで「PoS+」実装

NEM(XEM)の報酬システムがさらに平等に|カタパルトアップデートで「PoS+」実装

注目度の高い仮想通貨ニュース

CoinGecko「Chiliz関連ファントークン」の情報提供を開始|ウィジェットも利用可能に

CoinGecko「Chiliz関連ファントークン」の情報提供を開始|ウィジェットも利用可能に

デジタル円の発行「数年かかる可能性が高い」元日本銀行局長

デジタル円の発行「数年かかる可能性が高い」元日本銀行局長

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

コインベース:暗号資産対応のVISAデビットカード「Coinbase Card」米国でも発行へ

コインベース:暗号資産対応のVISAデビットカード「Coinbase Card」米国でも発行へ

コインチェック「取扱い暗号資産に関する参考情報」を公開|取扱見直しの可能性も

コインチェック「取扱い暗号資産に関する参考情報」を公開|取扱見直しの可能性も

インド初の暗号資産銀行サービス「UNICAS」登場|実店舗などでBTCなど8銘柄取り扱い

インド初の暗号資産銀行サービス「UNICAS」登場|実店舗などでBTCなど8銘柄取り扱い

Softbank孫社長「ビットコインは理解できない」BTC投資でビジネスに支障も

Softbank孫社長「ビットコインは理解できない」BTC投資でビジネスに支障も

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

Mercado Bitcoin「サッカー選手の権利」に投資できるトークン発行へ|Vasco da Gamaと協力

Mercado Bitcoin「サッカー選手の権利」に投資できるトークン発行へ|Vasco da Gamaと協力

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す