ビットコインクジラ、100万円付近での「押し目買い」を確認|恐怖指数は減少傾向

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月10日頃から急速に下落しているため、市場では恐怖心が強まってきていますが、大手仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」が公開しているデータでは、ビットコインを大量に保有している"クジラ"たちは「売りではなく、買っている」ということが示されています。

こちらから読む:90万円台目前で"価格予想"の意見分かれる「ビットコイン」関連ニュース

クジラの67%は「売りではなく買い」

米国の大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)が公開している新しいデータでは、巨額のビットコインを保有している投資家(クジラ)の大半は現在ビットコインを"売る"のではなく"購入している"ということが示されています。

有名な仮想通貨メディア「The Block」の研究責任者であるLarry Cermak(ラリー・サーマック)氏は、2019年8月15日のツイートでコインベースのデータを引用し、仮想通貨を大量保有している投資家の67%は売りではなく「買い」のポジションを取っていると報告しています。

興味深いことにコインベースのデータによると、巨額のBTC保有者(上位10%)の中の67%は過去24時間で売却するのではなく、購入しているようです。

ラリー氏が掲載しているデータは、仮想通貨の取引活動やコインベースユーザーが市場にどのよう反応しているかに関する情報を提供するように設計されています。

画像左下に掲載されている「Top holder activity」は、コインベースで大量に仮想通貨を保有しているユーザーを分析し、過去24時間でポジションを売買したユーザーの数を示しており、今回の画像では「買いが67%」となっています。

また、その右側に掲載されている「Typical hold time」は、顧客のアカウントに保有されている仮想通貨が売却、または別のアドレスやウォレットに送金されるまでの平均日数を示しており、今回の画像では「89日間」となっています。

ビットコインが今年7月頃から100万円付近のサポートラインを維持し続けていることを踏まえて考えると、現在のビットコイン市場における100万円のラインは"買いのポイント"として意識されている可能性が高いと予想されます。

ビットコイン市場への「恐怖心」はやや低下

仮想通貨市場における「恐怖と欲の感情」を数値で確認することができるウェブサイト「alternative.me」のデータでは、先日まで"恐れの感情"が非常に強くなっていたビットコイン市場が徐々に変化してきていることが示されています。

このデータは「100」に近づくほど投資家の"欲"が強まっていることを示しており、反対に「0」に近いほど"恐怖心"が強まっていることを示しています。つまり「0」は底値が近づいてきていることを示しており、「100」は天井が近づいてきていることを示しています。

本日2019年8月16日のデータでは、この数値は「31」となっており、やや恐れの感情が強いことが示されていますが、先日15日の数値は「13」となっているため、現在は徐々に強気な感情が戻ってきている段階なのだと予想されます。

(画像:alternative.me)(画像:alternative.me

ビットコイン価格は依然として100万円台での推移を続けているため、今後もまだ注意は必要ですが、今回のデータに基づいて考えると、近日中には再び価格上昇が起こる可能性もあると考えられます。

2019年8月16日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日15日に102万円付近まで下落して以降はやや回復してきており、2019年8月16日時点では「1BTC=1,075,991円」で取引されています。

2019年8月2日〜2019年8月16日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年8月2日〜2019年8月16日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

電気自動車のF1「フォーミュラE」のブロックチェーンゲーム開発へ:アニモカ・ブランド

電気自動車のF1「フォーミュラE」のブロックチェーンゲーム開発へ:アニモカ・ブランド

ロシア中央銀行:CBDCデジタルルーブル「2021年末までにテスト実施」の可能性

ロシア中央銀行:CBDCデジタルルーブル「2021年末までにテスト実施」の可能性

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

Lumi Wallet:iOSアプリに「Apple Payによる仮想通貨購入機能」追加

Lumi Wallet:iOSアプリに「Apple Payによる仮想通貨購入機能」追加

Apple共同創設者:暗号資産の詐欺動画問題で「YouTube・Google」に対し訴訟

Apple共同創設者:暗号資産の詐欺動画問題で「YouTube・Google」に対し訴訟

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

Flare Networks「ステラ(XLM)」と「ドージコイン(DOGE)」のサポートを示唆

Flare Networks「ステラ(XLM)」と「ドージコイン(DOGE)」のサポートを示唆

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

ロシアの暗号資産取引所ライブコイン:ハッキング受け「事業閉鎖」を発表

ロシアの暗号資産取引所ライブコイン:ハッキング受け「事業閉鎖」を発表

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す