TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

by BITTIMES

TRON Foundation(トロン財団)は2019年8月19日に、TRONメインネット上のアカウント総数が350万を突破したことを報告しました。TRONは現在も開発を続けているものの、ここ最近では価格の下落が続いており、記事執筆時点では1円代に突入しています。

こちらから読む:バフェットランチ延期で批判相次ぐ「Tron/TRX」関連ニュース

アカウント数は「350万」、ブロック高さは「1,200万」

TRON Foundation(トロン財団)は2019年8月19日のツイートで、TRONメインネット上のアカウント総数が350万を突破し、ブロックの高さ(*1)が11,984,687に達したことを報告しました。
(*1)Block Height(ブロックの高さ):ブロックチェーンの繋がりを縦に積み上げた時の高さを表す単位のこと

TRONメインネットのアカウントの総数は350万を超え、ブロックの高さは1073のオンラインノードで11984687に達しました。

TRONのメインネット公開が約1年前であることを考える、TRONネットワークがこの1年間で急速に拡大したことがわかります。TRONのブロックチェーン技術は主にゲーム関連の分散型アプリケーション(DApps)で活用されており、非常に多くのユーザーを抱えていることでも知られています。

同社のブロックチェーン技術を用いたDAppsの多くは主に「ゲーム系DApps」となっているため、一般の人々にも親しみやすいものとなっており、ユーザー数も順調に増加していることが報告されていました。TRONの競合となるブロックチェーンプラットフォームとしては、イーサリアム(ETH)イオス(EOS)が挙げられますが、"アクティブユーザー数"に関してはTRONがダントツで1位であることが以前から報告されていました。

また先日19日には、近い将来「Tron Wallet」でビットコイン(BTC)を保管できるようになることも発表されています。ビットコインのサポート時期に関する具体的な日程は明らかにされていないものの、ビットコインが保管できるようになることによって「Tron Wallet」はより便利になり、アカウント数もさらに増加することになると期待されます。

TRX価格は下落傾向|時価総額ランキングは「14位」に

アカウント数は順調に増加しているものの、TRXの価格は下落傾向が続いています。TRX価格は過去数ヶ月間に渡ってわずかながらも順調にその価値を高め続け、今年6月には「1TRX=5円」近くまで上昇していたものの、7月頃からはあまり大きな上昇はみられておらず、2019年8月20日時点のTRX価格は「1TRX=1.86円」時価総額ランキングでは「14位」となっています。

2019年5月22日〜2019年8月20日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月22日〜2019年8月20日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

現在の下落は主に億万長者Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏との昼食会をキャンセルしたことに関連していると考えられています。この食事会には世界中から大きな注目が集まっていましたが、現時点では"延期"ということになっており、具体的な開催日時は発表されていません。

ランチがキャンセルされた後には、TRONのCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)やTRONに対する批判的な報道も多数出ていたため、これらのニュースが影響していると予想されます。

現在は一連の報道も落ち着いており、TRONの開発も順調に進められているため、今後再び価格が回復する可能性はあると考えられますが、ランチキャンセル後には投資家からの信頼もやや低下しており、不信感を抱く意見もあがっていたため、今後は信頼を回復していけるかにも注目です。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンの需要増加を受け「技術者育成コース」を開設|Singapore Polytechnic

ブロックチェーンの需要増加を受け「技術者育成コース」を開設|Singapore Polytechnic

仮想通貨交換業に「楽天」が参入|みんなのビットコインを買収

仮想通貨交換業に「楽天」が参入|みんなのビットコインを買収

ナンバーワンソリューションズ「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

ナンバーワンソリューションズ「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

イーサリアム(ETH)価格上昇「3,000ドル」突破|時価総額はディズニー・バンカメ超え

イーサリアム(ETH)価格上昇「3,000ドル」突破|時価総額はディズニー・バンカメ超え

ビットコイン価格急騰!一時「55万円」突破|高騰理由と今後の重要ポイント

ビットコイン価格急騰!一時「55万円」突破|高騰理由と今後の重要ポイント

自民党「デジタル通貨発行」視野に独自対策|法律見直しの可能性も

自民党「デジタル通貨発行」視野に独自対策|法律見直しの可能性も

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

PayPal(ペイパル)「仮想通貨機能備えたアプリウォレット」今後数ヶ月で公開予定

PayPal(ペイパル)「仮想通貨機能備えたアプリウォレット」今後数ヶ月で公開予定

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

コインチェック:合計400名様に1万円分のPLTが当たる「2大キャンペーン」開始

コインチェック:合計400名様に1万円分のPLTが当たる「2大キャンペーン」開始

ディセントラランド上にグローバル文化都市「メタトーキョー」構築へ:アソビシステム

ディセントラランド上にグローバル文化都市「メタトーキョー」構築へ:アソビシステム

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す