TRON(TRX)アカウント数が「350万」を突破|メインネット公開から1年で急成長

by BITTIMES

TRON Foundation(トロン財団)は2019年8月19日に、TRONメインネット上のアカウント総数が350万を突破したことを報告しました。TRONは現在も開発を続けているものの、ここ最近では価格の下落が続いており、記事執筆時点では1円代に突入しています。

こちらから読む:バフェットランチ延期で批判相次ぐ「Tron/TRX」関連ニュース

アカウント数は「350万」、ブロック高さは「1,200万」

TRON Foundation(トロン財団)は2019年8月19日のツイートで、TRONメインネット上のアカウント総数が350万を突破し、ブロックの高さ(*1)が11,984,687に達したことを報告しました。
(*1)Block Height(ブロックの高さ):ブロックチェーンの繋がりを縦に積み上げた時の高さを表す単位のこと

TRONメインネットのアカウントの総数は350万を超え、ブロックの高さは1073のオンラインノードで11984687に達しました。

TRONのメインネット公開が約1年前であることを考える、TRONネットワークがこの1年間で急速に拡大したことがわかります。TRONのブロックチェーン技術は主にゲーム関連の分散型アプリケーション(DApps)で活用されており、非常に多くのユーザーを抱えていることでも知られています。

同社のブロックチェーン技術を用いたDAppsの多くは主に「ゲーム系DApps」となっているため、一般の人々にも親しみやすいものとなっており、ユーザー数も順調に増加していることが報告されていました。TRONの競合となるブロックチェーンプラットフォームとしては、イーサリアム(ETH)イオス(EOS)が挙げられますが、"アクティブユーザー数"に関してはTRONがダントツで1位であることが以前から報告されていました。

また先日19日には、近い将来「Tron Wallet」でビットコイン(BTC)を保管できるようになることも発表されています。ビットコインのサポート時期に関する具体的な日程は明らかにされていないものの、ビットコインが保管できるようになることによって「Tron Wallet」はより便利になり、アカウント数もさらに増加することになると期待されます。

TRX価格は下落傾向|時価総額ランキングは「14位」に

アカウント数は順調に増加しているものの、TRXの価格は下落傾向が続いています。TRX価格は過去数ヶ月間に渡ってわずかながらも順調にその価値を高め続け、今年6月には「1TRX=5円」近くまで上昇していたものの、7月頃からはあまり大きな上昇はみられておらず、2019年8月20日時点のTRX価格は「1TRX=1.86円」時価総額ランキングでは「14位」となっています。

2019年5月22日〜2019年8月20日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月22日〜2019年8月20日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

現在の下落は主に億万長者Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏との昼食会をキャンセルしたことに関連していると考えられています。この食事会には世界中から大きな注目が集まっていましたが、現時点では"延期"ということになっており、具体的な開催日時は発表されていません。

ランチがキャンセルされた後には、TRONのCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)やTRONに対する批判的な報道も多数出ていたため、これらのニュースが影響していると予想されます。

現在は一連の報道も落ち着いており、TRONの開発も順調に進められているため、今後再び価格が回復する可能性はあると考えられますが、ランチキャンセル後には投資家からの信頼もやや低下しており、不信感を抱く意見もあがっていたため、今後は信頼を回復していけるかにも注目です。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンアイランド、マルタで仮想通貨関連の3法案が第2読会を通過

ブロックチェーンアイランド、マルタで仮想通貨関連の3法案が第2読会を通過

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

日本STO協会「公式ウェブサイト」を公開

日本STO協会「公式ウェブサイト」を公開

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

リップル上級副社長「韓国は仮想通貨規制を暖和する必要がある」

リップル上級副社長「韓国は仮想通貨規制を暖和する必要がある」

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産自動損益計算ツールのクリプタクト「BINANCE」とのAPI連携開始

暗号資産自動損益計算ツールのクリプタクト「BINANCE」とのAPI連携開始

【重要】ビットポイント:暗号資産レバレッジ取引サービス「2021年12月」に終了へ

【重要】ビットポイント:暗号資産レバレッジ取引サービス「2021年12月」に終了へ

Zaif:Symbol(XYM)取引で「1万円相当のCICC」が当たるキャンペーン開始

Zaif:Symbol(XYM)取引で「1万円相当のCICC」が当たるキャンペーン開始

Chiliz&Socios:イタリア・ナポリの「S.S.C Napoli」と提携|$NAPファントークン発行へ

Chiliz&Socios:イタリア・ナポリの「S.S.C Napoli」と提携|$NAPファントークン発行へ

Chiliz&Socios:NBAチーム「Denver Nuggets(デンバー・ナゲッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Denver Nuggets(デンバー・ナゲッツ)」と提携

Cool Wallet(クールウォレット)の「初期設定・ウォレット作成方法」画像付きで解説

Cool Wallet(クールウォレット)の「初期設定・ウォレット作成方法」画像付きで解説

Coinbase:ニューヨーク州でも「SHIB」取扱い開始|Krakenも上場準備

Coinbase:ニューヨーク州でも「SHIB」取扱い開始|Krakenも上場準備

Liquid by Quoine「暗号資産証拠金取引サービスの新規登録」再開へ

Liquid by Quoine「暗号資産証拠金取引サービスの新規登録」再開へ

Chiliz&Socios:コロンビアで初提携「Millonarios FC」の$MFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:コロンビアで初提携「Millonarios FC」の$MFCファントークン発行へ

米老舗デパートMacy's「感謝祭パレードの限定NFT」を発行|無料配布も予定

米老舗デパートMacy's「感謝祭パレードの限定NFT」を発行|無料配布も予定

JPYC株式会社:USDC発行企業「Circle」などから約5億円の資金調達

JPYC株式会社:USDC発行企業「Circle」などから約5億円の資金調達

Moonstake Wallet:登録・本人確認手続き(KYC)の方法|画像付きでわかりやすく解説

Moonstake Wallet:登録・本人確認手続き(KYC)の方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す