TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

by BITTIMES

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、先日10日に投稿したツイートで米国の主要な仮想通貨取引所への「TRX上場」を"最優先事項"として積極的に取り組んでいることを報告しました。

こちらから読む:バフェットランチ延期後、批判報道相次ぐ「Tron/TRX」関連ニュース

「BINANCE・Coinbase」への上場は?投資家の声に回答

Justin Sun(ジャスティン・サン)氏が「米国仮想通貨取引所へのTRX上場」を約束するツイートは、TRXをサポートしているデジタルプラットフォーム「TronSpark」が世界最大級の仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」などの取引所に上場されていないことを懸念するコメントを投稿したことから始まりました。

TRXは「Binance.com」などでは取引することができるものの、米国のコインベースには上場しておらず、BINANCE(バイナンス)が新しく米国に立ち上げる仮想通貨取引所「BINANCE US」が先日公開した"上場予定リスト"にも含まれていませんでした。

「TronSpark」はこのような現状に対して『私たちは皆TRONを愛しているが、米国市民がTRXを取引できる場所が必要だ』とツイートし、『多くの投資家たちがこのことを非常に心配している』と指摘しました。これに対してサン氏は次のように回答し、TRONのチームが「米国取引所へのTRX上場」を最優先事項として取り組んでいることを報告しています。

はい。これは現在、私たちの最優先事項です。私を含めた完全なチームでこの問題に専念しています。私たちはこれらすべてを素早く実行します!

今のところ「TRX上場」に関する詳しい予定などは明らかにされていないため、実際にTRXが上場されるかどうかは定かではないものの、今回「TronSpark」が投稿したツイートは米国に住む多くの仮想通貨投資家たちが「TRX」の取り扱いを望んでいることを示しています。

TRONとBINANCEは長年の関係があるため、BINANCE側もTRXの取り扱いには前向きに取り組むのではないかと期待されます。また、Coinbaseも取り扱い通貨を増やしていく意向を表明しているため、「BINANCE US」での取り扱いが開始された場合には「Coinbase」にも上場する可能性があると考えられます。

トロンはここ最近で様々な方面から批判的な意見を浴びていましたが、その後も多くの投資家たちに支持されており、先日10日には100倍のスケーラビリティを実現するトロンのサイドチェーン「Sun Network(サンネットワーク)」のバージョン1.0をリリースしています。

ネットワークの拡大に向けて積極的に開発を続けているTron(TRX)には今後も注目です。

2019年8月11日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は先月21日に4円近くまで上昇したものの、その後は下落が続いており、2019年8月11日時点では「1TRX=2.14円」で取引されています。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年7月12日〜2019年8月11日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月12日〜2019年8月11日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

3ACに巨額融資の仮想通貨企業「Voyager Digital」米裁判所に破産申請

3ACに巨額融資の仮想通貨企業「Voyager Digital」米裁判所に破産申請

LocalBitcoinsのビットコイン取引量、南米3カ国で「過去最高」を記録

LocalBitcoinsのビットコイン取引量、南米3カ国で「過去最高」を記録

日本航空×博報堂:地域の特別体験を提供するNFT「KOKYO NFT」の実証実験開始

日本航空×博報堂:地域の特別体験を提供するNFT「KOKYO NFT」の実証実験開始

ビットバンク:Mt.Gox弁済手続における「代理受領業者」に指定

ビットバンク:Mt.Gox弁済手続における「代理受領業者」に指定

コインベース:暗号資産対応のVISAデビットカード「Coinbase Card」米国でも発行へ

コインベース:暗号資産対応のVISAデビットカード「Coinbase Card」米国でも発行へ

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

ワールドコインの「Orb」は安全なのか?個人情報収集に関する監査結果報告

ワールドコインの「Orb」は安全なのか?個人情報収集に関する監査結果報告

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す