電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

by BITTIMES

通信事業者である「Telx Technologies」は2019年8月22日、電話番号を使用して仮想通貨を送受信することができる"世界初の暗号通貨SIMカードウォレット"「Telx SIM」をローンチしたと発表しました。このSIMカードは世界180カ国以上に対応しており、ビットコイン(Bitcoin/BTC)をはじめとする合計5種類の暗号資産に対応していると説明されています。

こちらから読む:NEM活用した次世代SNSが登場「仮想通貨」関連ニュース

SMSで仮想通貨を送金できる「Telx SIM」を発表

Telx Technologiesが発表したSIMカードは仮想通貨取引を促進するものであり、このSIMカードを利用しているユーザーはSMS経由で仮想通貨を送信することができると説明されています。

Telxのローンチを発表できることを大変嬉しく思います!

初の仮想通貨SIMカードと電話番号ウォレットを使用して、SMS経由で仮想通貨を送信することができます。

Telxシムの詳細はこちらをご覧ください。

日本を含めた「世界180カ国以上」に対応

このプロジェクトは「スマートフォン・インターネット接続・ウォレットアプリ・ウォレットアドレス」などを有していない人でも簡単に仮想通貨を世界中に送金できるようにすることを目的としています。同社はこのような目的を持ったSIMカードは世界で初めてだと説明しています。

Telxの公式発表によると、このSIMカードは世界180カ国以上で動作すると説明されており、この国のリストには日本も含まれています。

(画像:Telx)(画像:Telx)

ビットコインなど「7銘柄」に対応|コマンドで簡単送金

Telxの公式サイトによると、現在対応している仮想通貨は、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ダッシュ(Dash/DASH)
ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
の7銘柄とされています。

TelxのSIMカードを使用すれば、長いウォレットアドレスを使用しなくても"電話番号"だけで簡単に仮想通貨を送金し、当事者を識別することができます。Telxは仮想通貨を取引したり管理したりするためのいくつかのコマンドを用意しているため、利用者はSMSで『Send 1$ btc』などのコマンドを入力することによって自分の仮想通貨を相手に送金したり残高を確認したりすることができます。

(画像:Telx)(画像:Telx)

TelxのSIMカードは17ドル(約1,800円)とされているため、比較的安値に入手することができますが、同社はまだ設立されて間もない企業であると伝えられているため注意が必要です。

また日本でも利用可能とされていますが発表されたばかりであることもあり、実際に日本で使用したという報告は行われていないため、実際に「Telx SIM」を購入する場合には事前によく調べてから購入するようにしましょう。

Telxの詳しい情報は以下の公式サイトをご覧ください。
>>「Telxの公式サイト」はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ペトロ(PTR)は違法である|ベネズエラ国会

仮想通貨ペトロ(PTR)は違法である|ベネズエラ国会

大手金融顧問会社The Motley Fool「約5億円分のビットコイン投資」を予定

大手金融顧問会社The Motley Fool「約5億円分のビットコイン投資」を予定

【注意】Trezor:仮想通貨ハードウォレットに「脆弱性」ユーザーがとれる対策は?

【注意】Trezor:仮想通貨ハードウォレットに「脆弱性」ユーザーがとれる対策は?

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

日本国内の「ブロックチェーン普及促進」に向け業界団体が連携|参加企業500社を目指す

Square:ビットコイン決済のオープンソースプロジェクトに助成金「10万ドル」を寄贈

Square:ビットコイン決済のオープンソースプロジェクトに助成金「10万ドル」を寄贈

ダークウェブ上に「150億以上のアカウント認証情報」が流出|暗号資産保有者も要注意

ダークウェブ上に「150億以上のアカウント認証情報」が流出|暗号資産保有者も要注意

注目度の高い仮想通貨ニュース

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」3月15日からサービス開始:株式会社マーキュリー

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」3月15日からサービス開始:株式会社マーキュリー

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す