電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

by BITTIMES

通信事業者である「Telx Technologies」は2019年8月22日、電話番号を使用して仮想通貨を送受信することができる"世界初の暗号通貨SIMカードウォレット"「Telx SIM」をローンチしたと発表しました。このSIMカードは世界180カ国以上に対応しており、ビットコイン(Bitcoin/BTC)をはじめとする合計5種類の暗号資産に対応していると説明されています。

こちらから読む:NEM活用した次世代SNSが登場「仮想通貨」関連ニュース

SMSで仮想通貨を送金できる「Telx SIM」を発表

Telx Technologiesが発表したSIMカードは仮想通貨取引を促進するものであり、このSIMカードを利用しているユーザーはSMS経由で仮想通貨を送信することができると説明されています。

Telxのローンチを発表できることを大変嬉しく思います!

初の仮想通貨SIMカードと電話番号ウォレットを使用して、SMS経由で仮想通貨を送信することができます。

Telxシムの詳細はこちらをご覧ください。

日本を含めた「世界180カ国以上」に対応

このプロジェクトは「スマートフォン・インターネット接続・ウォレットアプリ・ウォレットアドレス」などを有していない人でも簡単に仮想通貨を世界中に送金できるようにすることを目的としています。同社はこのような目的を持ったSIMカードは世界で初めてだと説明しています。

Telxの公式発表によると、このSIMカードは世界180カ国以上で動作すると説明されており、この国のリストには日本も含まれています。

(画像:Telx)(画像:Telx)

ビットコインなど「7銘柄」に対応|コマンドで簡単送金

Telxの公式サイトによると、現在対応している仮想通貨は、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ダッシュ(Dash/DASH)
ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
の7銘柄とされています。

TelxのSIMカードを使用すれば、長いウォレットアドレスを使用しなくても"電話番号"だけで簡単に仮想通貨を送金し、当事者を識別することができます。Telxは仮想通貨を取引したり管理したりするためのいくつかのコマンドを用意しているため、利用者はSMSで『Send 1$ btc』などのコマンドを入力することによって自分の仮想通貨を相手に送金したり残高を確認したりすることができます。

(画像:Telx)(画像:Telx)

TelxのSIMカードは17ドル(約1,800円)とされているため、比較的安値に入手することができますが、同社はまだ設立されて間もない企業であると伝えられているため注意が必要です。

また日本でも利用可能とされていますが発表されたばかりであることもあり、実際に日本で使用したという報告は行われていないため、実際に「Telx SIM」を購入する場合には事前によく調べてから購入するようにしましょう。

Telxの詳しい情報は以下の公式サイトをご覧ください。
>>「Telxの公式サイト」はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

バイナンス:新サービス「Binance Cloud」を発表|仮想通貨取引所立ち上げを支援

バイナンス:新サービス「Binance Cloud」を発表|仮想通貨取引所立ち上げを支援

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

キャッシュレス化が招く「プライバシー問題」解決の鍵はビットコイン:Arthur Hayes

キャッシュレス化が招く「プライバシー問題」解決の鍵はビットコイン:Arthur Hayes

シンガポール当局がICO発行者に停止命令|取引所8社にも警告

シンガポール当局がICO発行者に停止命令|取引所8社にも警告

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・WLD・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・WLD・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す