仮想通貨を預けて金利が稼げる「レンディングサービス」を発表:BINANCE

by BITTIMES   

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、2019年8月26日に仮想通貨を預けることによって利息を稼ぐことができる新サービス「Binance Lending(バイナンス・レンディング)」を発表しました。

こちらから読む:BTC決済対応団体"10万社"を突破「仮想通貨」関連ニュース

Binance Lending(バイナンス・レンディング)とは

BINANCE(バイナンス)が発表した「Binance Lending(バイナンス・レンディング)」は、自分が保有している仮想通貨を預けて貸出を行うことによって、利息を稼ぐことができるサービスです。

このサービスは2019年8月28日15時(日本時間)から先着順で利用できるようになっており、ユーザーは8月29日〜9月11日までの14日間に渡って仮想通貨を預けることで利息を稼ぐことができます。

対象となる仮想通貨

第一回目のレンディングサービスで対象となる仮想通貨は、
バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)
テザー(Tether/USDT)
イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)
の3銘柄となっています。これらの通貨は需要に基づいた上で決定されていると説明されており、将来的にはより多くのトークンをサポートする予定だと伝えられています。

年利

年利は通貨によって違いがあり、14日間を期日とするレンディングの年利は、
・BNB:15%
・USDT:10%
・ETC:7%
に設定されています。

なお、金利は導入期間の初期の市場の反応などに基づいて調整されると説明されています。

貸し出せる仮想通貨の上限

貸し出すことができる数量の上限は以下のように設定されています。
BNB:200,000BNB
USDT:10,000,000USDT
ETC:20,000ETC

(画像:Binance)(画像:Binance)

取引無しで安定して仮想通貨を増やしたい方に

「Binance Lending」で仮想通貨を貸し出したユーザーは、貸出期間が終了した時に預けていた仮想通貨と利子を受け取ることができます。しかし14日間の期間が終了するまでは預け入れた仮想通貨を引き出すことはできないため、引き出しを行う予定のない余裕のある範囲で貸し出し額を決定することが重要です。

このサービスは、仮想通貨を長期保有することを予定していて、取引などを行うことなく安定して保有量を増やしていきたい場合に魅力的な選択肢となります。

具体的な例を挙げると、10ロットのBNB貸付(合計100BNBの貸付)に加入した場合、満期日に得られる利息は「0.057534BNBx10=0.57534BNB」ということになります。

より詳しい説明は以下のBINANCE公式サイトでご確認ください。
>>「BINANCE」の公式発表はこちら

2019年8月27日|Binance Coin(BNB)の価格

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の価格は先月17日に2,700円まで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年8月27日時点では「1BNB=2,746.10円」で取引されています。

BNBを購入することができる仮想通貨取引所BINANCEの登録方法はこちら

2019年5月29日〜2019年8月27日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)2019年5月29日〜2019年8月27日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok/BOB」日本先行発売を開始:PundiX(NPXS)

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok/BOB」日本先行発売を開始:PundiX(NPXS)

日本暗号資産市場社:ステーブルコイン「ICHIBAコイン(ICB)」発行へ

日本暗号資産市場社:ステーブルコイン「ICHIBAコイン(ICB)」発行へ

デジタル円の発行「数年かかる可能性が高い」元日本銀行局長

デジタル円の発行「数年かかる可能性が高い」元日本銀行局長

TaoTao株式会社:BINANCEとの「提携交渉終了」を発表

TaoTao株式会社:BINANCEとの「提携交渉終了」を発表

JCBA×JVCEA「2021年度の暗号資産税制改正」に関する要望書を共同作成

JCBA×JVCEA「2021年度の暗号資産税制改正」に関する要望書を共同作成

注目度の高い仮想通貨ニュース

楽天ウォレット「XRPの証拠金取引サービス」再開へ

楽天ウォレット「XRPの証拠金取引サービス」再開へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月15日〜21日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月15日〜21日

総合格闘技RIZIN:IOST活用のNFTマーケット「RIZIN FIGHTING COLLECTION」公開へ

総合格闘技RIZIN:IOST活用のNFTマーケット「RIZIN FIGHTING COLLECTION」公開へ

MicroStrategy「ビットコイン約200億円相当」を追加購入

MicroStrategy「ビットコイン約200億円相当」を追加購入

Liquid Global:不正アクセスで「仮想通貨5銘柄が流出」BTC・ETH・XRPなど

Liquid Global:不正アクセスで「仮想通貨5銘柄が流出」BTC・ETH・XRPなど

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

Socios.com:NBAチーム「Detroit Pistons(デトロイト・ピストンズ)」と提携

Socios.com:NBAチーム「Detroit Pistons(デトロイト・ピストンズ)」と提携

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Chicago Bulls(シカゴ・ブルズ)」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Chicago Bulls(シカゴ・ブルズ)」と提携

暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す