米大統領選で仮想通貨による活動資金の寄付を受け入れ:アンドリュー・ヤン

by BITTIMES   

米国大統領選のための活動資金の寄付をビットコインなどの仮想通貨でも受け入れている候補者が話題となっています。暗号通貨は世間的にも徐々に受け入れられているものの、今回のケースは『選挙活動』という重要な内容でもあるため多くの議論が交わされています。

こちらから読む:ビットコインとは何か?「初心者にもわかりやすく簡単に説明」

Andrew Yang(アンドリュー・ヤン)氏

andrew-yang

2020年の米国大統領選の候補者である民主党のAndrew Yang(アンドリュー・ヤン)氏は、選挙資金のための寄付をビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などの仮想通貨でも受け入れることを発表しました。

重大発表 - 私の選挙運動では、現在ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨による寄付を受け入れています。共に未来を築いて行きましょう。

ヤン氏は、起業家を支援する非営利団体である「Venture for America(ベンチャー・フォー・アメリカ)」という団体を2011年に立ち上げた起業家でもあり、米国の都市やコミュニティの発展を促進するために起業家と若い人材を繋ぐ活動に取り組んでいます。

"ベーシックインカム(*1)を導入すべきだ"と考えている同氏は『米国の全ての大人に月額1,000ドル(約11万円)の普遍的な基本所得を配布すべきである』と主張している本なども執筆しています。
(*1)ベーシックインカム:すべての国民が最低限の生活を送るために必要なお金を政府が定期的に支給する政策

しかしヤン氏は、人工知能(AI)や自動化などの技術には反対しており、そのような技術は「近い将来に何百万人もの人々から仕事を奪うことになるだろう」と考えており、現在は人間の幸福を最大限に引き出すことを目指す『人間資本主義』と呼ばれる新しいタイプの資本主義経済を支持しています。

ビットコイン、イーサリアム、ERC20トークンを受け入れ

ヤン氏の選挙活動は、ビットコインやイーサリアムの他にもERC20の規格に基づいた複数のアルトコインでの寄付にも対応しており、米国に居住する18歳以上の人や、永住権を持っている人であれば、誰でも簡単に寄付を行うことができます。

実際に献金を行うためには、初めに専用の入力フォームに必要事項を記入して送信する必要があります。その後正式に寄付が認められた場合には、寄付用の仮想通貨ウォレットアドレスが送られてくるため、そのアドレスに送金することで寄付を行うことができます。なお、個人で寄付を行う場合の最大金額は、2,500ドル(約27万5,000円)までに設定されています。

また寄付を行う際の注意事項として、「追跡することができない寄付を行うことができるため、寄付用のウォレットアドレスを共有しないように」とも忠告されています。

仮想通貨献金に関する議論

仮想通貨での選挙献金の受け入れには多くの意見が寄せられており、Twitter(ツイッター)上では批判する声も相次いでいます。

批判的な意見としては、「仮想通貨は"ダークマネー"だ」といったものから「外国からの寄付の手段として違法に利用される可能性がある」といったものなどさまざまであり、肯定的な意見としては、「選挙の候補者が仮想通貨での寄付を受け入れてもいい時代だ」といった声もみられています。

ですが、大統領選で仮想通貨での寄付を受け入れるケースは今回が初めてではありません。

Rand-Paul

ケンタッキー州の共和党員であるRand Paul(ランド・ポール)米上院議員やミズーリ州の共和党員であるAustin Petersen(オースティン・ピーターセン)氏なども、過去にビットコインでの寄付を受け入れており、ビーターセン氏に寄せられたビットコインによる寄付の総額は9,700ドル(約107万円)となっています。

また、テキサス州の自由党は2014年からビットコインでの寄付を受け入れており、ワシントン州、モンタナ州、米国連邦政府は仮想通貨での寄付を許可しています。またウィスコンシン州も現在受け入れを検討しており、仮想通貨での寄付を受け入れる地域は増えてきています。

2020年の米国大統領選挙には、複数の仮想通貨関係者も立候補を検討していることを語っています。それらの人々が実際に立候補するのかは定かではないものの、次回の選挙時には"仮想通貨"が重要なキーワードの一つとなるでしょう。

以前に大統領選に立候補することを語っていた人物の記事はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入はセキュリティ面でも安心できるbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オレゴン州:ブロックチェーンの中心地を目指すプロジェクトが発足|NikeやIntelも協力

オレゴン州:ブロックチェーンの中心地を目指すプロジェクトが発足|NikeやIntelも協力

Calibraウォレットに「AIチャットボット」搭載か|Facebook、Servicefriendを買収

Calibraウォレットに「AIチャットボット」搭載か|Facebook、Servicefriendを買収

仮想通貨交換業者にbitFlyerら11社が登録完了

仮想通貨交換業者にbitFlyerら11社が登録完了

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok/BOB」日本先行発売を開始:PundiX(NPXS)

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok/BOB」日本先行発売を開始:PundiX(NPXS)

フィンテック市場でドイツがイギリスを超える日

フィンテック市場でドイツがイギリスを超える日

注目度の高い仮想通貨ニュース

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

XRP価格「1桁突入」の可能性も?著名トレーダーは「さらなる下落」を予想

XRP価格「1桁突入」の可能性も?著名トレーダーは「さらなる下落」を予想

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

日立:イーサリアム関連のDApps開発基盤「PegaSys Plus」販売へ

日立:イーサリアム関連のDApps開発基盤「PegaSys Plus」販売へ

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

仮想通貨を「金融商品」として認めるガイドライン公開:ドイツ規制当局

仮想通貨を「金融商品」として認めるガイドライン公開:ドイツ規制当局

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

BINANCE×Chiliz:FCバルセロナ提携記念「CHZプレゼントキャンペーン」開催

BINANCE×Chiliz:FCバルセロナ提携記念「CHZプレゼントキャンペーン」開催

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

【ハードウェアウォレット一覧】対応銘柄・特徴などメーカー別に紹介:仮想通貨まとめ

【ハードウェアウォレット一覧】対応銘柄・特徴などメーカー別に紹介:仮想通貨まとめ

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)がUSDT無期限契約を開始|選択肢の拡大とリスクマネジメントが可能に

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)がUSDT無期限契約を開始|選択肢の拡大とリスクマネジメントが可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す