ビットコイン「1,000億円相当」が謎のウォレットに大量移動|Bakkt関連の可能性も

by BITTIMES

日本円換算で1,000億円を超える金額に相当する「約94,000BTC」ものビットコイン(Bitcoin/BTC)が、本日2019年9月6日に"所有者不明の匿名ウォレット"へと移動されたことが明らかになりました。一部では今回の移動が仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」に関連しているとの意見が出ています。

こちらから読む:Twitter CEOが"独自通貨"に言及「ビットコイン」関連ニュース

1つのアドレスに「約94,500BTC」が集結

今回明らかになった巨額のビットコイン送金では「約9万4,500BTC」が移動されており、送金の内訳では15のウォレットからたった1つのウォレットに送金されたことが示されています。

送信されたビットコインの56%は、1つのアドレスから送金されており、別の42%は3つのアドレスから送金されています。取引手数料は合計金額の0.00007%となる約700ドル(約75,000円)となっています。

(画像:blockchair.com)(画像:blockchair.com

Bakkt関連のウォレットアドレスか?

仮想通貨メディア「THE BLOCK」の報道によると、このビットコインを受信したウォレットは「5番目に大量のビットコインを保有しているウォレット」であり、仮想通貨取引所との関連性がないウォレットの中では最も巨額のビットコインを保有しているウォレットだとされています。

仮想通貨取引所と関係のあるウォレットは、ブロックチェーンエクスプローラーでその情報を確認することができますが、今回のウォレットは情報が紐づけられていない"未知のウォレット"となっています。

しかし、本日6日は仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」が仮想通貨のカストディサービスを開始する日付でもあるため、今回のウォレットアドレスはBakktに関連しているものなのではないか?と見られています。

Bakktは、2019年9月23日に「ビットコイン先物取引」を開始することを発表していますが、そのための準備として本日から仮想通貨の入金を受け付けています。Bakktのサービスには多くの機関投資家が参加すると見込まれているため、それによってビットコイン価格も大幅に上昇する可能性があると予想されています。

現時点でもビットコイン価格は上昇していますが、今後数週間の動きには特に注目が集まります。

2019年9月6日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、長期間に渡って下落傾向が続いていましたが、先月29日に100万円付近で反発して以降は徐々に回復してきており、2019年9月6日時点では「1BTC=1,149,464円」で取引されています。

現在は115万円付近の抵抗線で停滞を続けていますが、このラインを超えることができれば再び価格上昇が続くことになると予想されます。

2019年8月7日〜2019年9月6日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年8月7日〜2019年9月6日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Watford FC:ビットコインロゴを「ユニフォーム」にプリント|大手ブックメーカーと提携

Watford FC:ビットコインロゴを「ユニフォーム」にプリント|大手ブックメーカーと提携

仮想通貨は「社会システム」を激変させる|投資家ティム・ドレイパーが重要性を解説

仮想通貨は「社会システム」を激変させる|投資家ティム・ドレイパーが重要性を解説

仮想通貨禁止の中国で「イーサリアムが使えるホテル」がオープン ー 以太酒店(ETH HOTEL)

仮想通貨禁止の中国で「イーサリアムが使えるホテル」がオープン ー 以太酒店(ETH HOTEL)

Craig Wright:リップルを批判「XRPは違法な未登録証券」

Craig Wright:リップルを批判「XRPは違法な未登録証券」

PundiX(NPXS)の仮想通貨決済アプリが「Samsung Galaxy S10」で利用可能に

PundiX(NPXS)の仮想通貨決済アプリが「Samsung Galaxy S10」で利用可能に

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月19日〜25日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月19日〜25日

注目度の高い仮想通貨ニュース

BITPoint Japan:サービス停止中の「成約注文・手数料」に関する返金を開始

BITPoint Japan:サービス停止中の「成約注文・手数料」に関する返金を開始

仮想通貨BATによる投げ銭機能が「Reddit・Vimeo」でも利用可能に:Braveブラウザ

仮想通貨BATによる投げ銭機能が「Reddit・Vimeo」でも利用可能に:Braveブラウザ

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

Libraの通貨バスケット「日本円など5銘柄」で構成か|内容と比率が明らかに

Libraの通貨バスケット「日本円など5銘柄」で構成か|内容と比率が明らかに

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

ブルンジ共和国:仮想通貨取引の「全面禁止」を決定|投資家・消費者の保護を優先

ブルンジ共和国:仮想通貨取引の「全面禁止」を決定|投資家・消費者の保護を優先

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

Trezor「ビットコイン(BTC)専用」ファームウェアのベータ版公開

Trezor「ビットコイン(BTC)専用」ファームウェアのベータ版公開

カルダノ(ADA)Shelleyテストネットの「第1段階」を完了|ステーキングに関する続報も

カルダノ(ADA)Shelleyテストネットの「第1段階」を完了|ステーキングに関する続報も

STOの自主規制団体「2020年4月の認定」目指す:SBI北尾社長

STOの自主規制団体「2020年4月の認定」目指す:SBI北尾社長

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す