ビットコイン「1,000億円相当」が謎のウォレットに大量移動|Bakkt関連の可能性も

by BITTIMES

日本円換算で1,000億円を超える金額に相当する「約94,000BTC」ものビットコイン(Bitcoin/BTC)が、本日2019年9月6日に"所有者不明の匿名ウォレット"へと移動されたことが明らかになりました。一部では今回の移動が仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」に関連しているとの意見が出ています。

こちらから読む:Twitter CEOが"独自通貨"に言及「ビットコイン」関連ニュース

1つのアドレスに「約94,500BTC」が集結

今回明らかになった巨額のビットコイン送金では「約9万4,500BTC」が移動されており、送金の内訳では15のウォレットからたった1つのウォレットに送金されたことが示されています。

送信されたビットコインの56%は、1つのアドレスから送金されており、別の42%は3つのアドレスから送金されています。取引手数料は合計金額の0.00007%となる約700ドル(約75,000円)となっています。

(画像:blockchair.com)(画像:blockchair.com

Bakkt関連のウォレットアドレスか?

仮想通貨メディア「THE BLOCK」の報道によると、このビットコインを受信したウォレットは「5番目に大量のビットコインを保有しているウォレット」であり、仮想通貨取引所との関連性がないウォレットの中では最も巨額のビットコインを保有しているウォレットだとされています。

仮想通貨取引所と関係のあるウォレットは、ブロックチェーンエクスプローラーでその情報を確認することができますが、今回のウォレットは情報が紐づけられていない"未知のウォレット"となっています。

しかし、本日6日は仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」が仮想通貨のカストディサービスを開始する日付でもあるため、今回のウォレットアドレスはBakktに関連しているものなのではないか?と見られています。

Bakktは、2019年9月23日に「ビットコイン先物取引」を開始することを発表していますが、そのための準備として本日から仮想通貨の入金を受け付けています。Bakktのサービスには多くの機関投資家が参加すると見込まれているため、それによってビットコイン価格も大幅に上昇する可能性があると予想されています。

現時点でもビットコイン価格は上昇していますが、今後数週間の動きには特に注目が集まります。

2019年9月6日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、長期間に渡って下落傾向が続いていましたが、先月29日に100万円付近で反発して以降は徐々に回復してきており、2019年9月6日時点では「1BTC=1,149,464円」で取引されています。

現在は115万円付近の抵抗線で停滞を続けていますが、このラインを超えることができれば再び価格上昇が続くことになると予想されます。

2019年8月7日〜2019年9月6日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年8月7日〜2019年9月6日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Facebook:未来予測アプリ「Forecast」のベータ版公開|Libraとの連携期待する声も

Facebook:未来予測アプリ「Forecast」のベータ版公開|Libraとの連携期待する声も

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

Bitget「デリバティブ取引で300%以上成長」2022年2月過去最高取引高を達成

Bitget「デリバティブ取引で300%以上成長」2022年2月過去最高取引高を達成

仮想通貨市場「回復」なるか|BTC・XRPなどに上昇傾向【2019年10月7日】

仮想通貨市場「回復」なるか|BTC・XRPなどに上昇傾向【2019年10月7日】

Ripple社:SBI Holdingsなどから「200億円以上」の資金調達|2020年もさらに事業拡大へ

Ripple社:SBI Holdingsなどから「200億円以上」の資金調達|2020年もさらに事業拡大へ

マクドナルド・ネスレなど3社、ブロックチェーンで「デジタル広告」効率化へ

マクドナルド・ネスレなど3社、ブロックチェーンで「デジタル広告」効率化へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Block社のTBD:ビットコイン中心の新たな分散型ウェブ「Web5」を発表

Block社のTBD:ビットコイン中心の新たな分散型ウェブ「Web5」を発表

Zaif:新サービス「自動売買おてがるトレード」6月20日から提供開始

Zaif:新サービス「自動売買おてがるトレード」6月20日から提供開始

Sociosアプリ「PayPal用いた仮想通貨CHZの購入」が可能に|EEA5カ国で対応

Sociosアプリ「PayPal用いた仮想通貨CHZの購入」が可能に|EEA5カ国で対応

avex × Singularity 0 Universe「オリジナル音源付きアートNFT」制作へ

avex × Singularity 0 Universe「オリジナル音源付きアートNFT」制作へ

American Express × Abra「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

American Express × Abra「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

Huobi Japan:ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)取扱いへ

Huobi Japan:ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)取扱いへ

CoinBest:販売所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始

CoinBest:販売所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

BTCBOX:かんたん売買サービスで「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始

BTCBOX:かんたん売買サービスで「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始

Huobi Japan:IOST上場記念「2つのキャンペーン」開始|最大10万円相当プレゼント

Huobi Japan:IOST上場記念「2つのキャンペーン」開始|最大10万円相当プレゼント

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の入金が可能に「Play to Earnの日」の登録申請も

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の入金が可能に「Play to Earnの日」の登録申請も

福岡市「暗号資産スタートアップの資金調達手段拡大」に向け新規提案

福岡市「暗号資産スタートアップの資金調達手段拡大」に向け新規提案

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す