Flowブロックチェーン開発に向け「Warner Music」などから資金調達:Dapper Labs

by BITTIMES

仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)を用いたDAppsゲーム「CryptoKitties(クリプトキティーズ)」を提供していることで知られる「Dapper Labs」が、Flow(フロー)と呼ばれるブロックチェーンの開発資金として音楽業界を代表する大手企業「Warner Music(ワーナー・ミュージック)」などを含めた複数の大手企業から1,120万ドル(約12億円)を調達をしたことが明らかになりました。

こちらから読む:VRゲームへの技術活用進む「ブロックチェーン」関連ニュース

Flowブロックチェーンの開発資金「約12億円」を調達

Dapper Labsが行なった資金調達の出資者には、
・Warner Music(ワーナー・ミュージック)
・Animoca Brands(アニモカ・ブランド)
・Andreessen Horowitz(アンドリーセン・ ホロウィッツ)
・Degital Currency Group(デジタル・カレンシー・グループ)
・Union Square Ventures(ユニオン・スクエア・ベンチャーズ)
などの大手企業が参加しており、合計1,120万ドル(約12億円)の資金が調達されたと伝えられています。

調達された資金は「Dapper Labs」が現在開発しているイーサリアム(ETH)に似たパブリックブロックチェーン「Flow(フロー)」の開発・展開に使用されます。このブロックチェーンはスケーラビリティ(拡張性)の問題を解決することを目的として開発が進められており「ビットコインやイーサリアムよりもスピードが早く、開発者にも優しい、様々なことに活用できるブロックチェーン」になるとされています。

Dapper Labsが開発した人気のDAppsゲーム「CryptoKitties(クリプトキティーズ)」は世界中で大きな話題となり非常に多くのユーザーを抱えていましたが、その一方では取引処理能力の問題を抱えていました。「Flow」はこの問題を解決すべく、1秒あたり約1,000件のトランザクションを処理することができるように設計されており、2020年には1秒あたり10,000件のトランザクションを処理できるようになると伝えられています。

Warner Musicなども「Flow」を活用

Warner Music(ワーナー・ミュージック)は、この「Flow」を用いた"新しいデジタル資産"を開発することを予定しており、アーティストとファンの人々が新しい方法で交流できる仕組みを構築することを目指しているとされています。

Flowブロックチェーンは、以前に発表された「National Basketball Association(NBA)」と「Dapper Labs」が共同で開発しているブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」でも使用されるとのことです。

また「Dapper Labs」は、アサシンクリードやウォッチドッグスなどといった有名なゲームを開発している「Ubisoft(ユービーアイソフト)」ともパートナーシップを結んでいると伝えられているため、今後「Flow」のブロックチェーン技術を用いて開発されていくゲームやアプリケーションには期待が高まります。

「Flow」は、音楽スポーツゲームなどの分散アプリケーションプラットフォームとして2020年にリリースされる予定となっています。

>>「Dapper Labs」の公式発表はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

Chiliz&Socios:NBA所属チーム「Los Angeles Clippers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属チーム「Los Angeles Clippers」と提携

EOS関連の分散型ソーシャルメディア「Voice」公開予定日を早め7月リリースへ

EOS関連の分散型ソーシャルメディア「Voice」公開予定日を早め7月リリースへ

米ウィリストン市:仮想通貨決済で「公共料金の支払い」が可能に|BitPayと提携

米ウィリストン市:仮想通貨決済で「公共料金の支払い」が可能に|BitPayと提携

ドイツ金融規制当局:仮想通貨ATM関連企業に「自己勘定取引の即時停止」命令

ドイツ金融規制当局:仮想通貨ATM関連企業に「自己勘定取引の即時停止」命令

注目度の高い仮想通貨ニュース

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

JPYC株式会社「JPYC購入で1万円分のETHがもらえるキャンペーン」開始

JPYC株式会社「JPYC購入で1万円分のETHがもらえるキャンペーン」開始

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す