通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

by BITTIMES

アメリカを拠点とする大手電気通信事業者である「Verizon(ベライゾン)」が、ブロックチェーン技術を用いた新しいSIMカード「バーチャルSIM(vSIM)」に関する特許を取得したことが米国特許商標庁(USPTO)の文章で明らかになりました。

こちらから読む:NASAが暗号関連の技術者を募集「ブロックチェーン」関連ニュース

物理的SIMカードを「ソフトウェア型」に置き換え

米国特許商標庁(USPTO)が公開した書類には、電気通信大手「Verizon(ベライゾン)」が取得した新しいSIMカード「バーチャルSIM(vSIM)」に関する内容が記されており、デバイスに挿入する従来の「物理的なSIMカード」をブロックチェーンを暗号化した「ソフトウェア型のSIM」に置き換える方法が説明されています。

モバイルネットワーク上のデバイスは、1つ以上のvSIMを保存するためのユーザーアカウントと、アカウントに関連付けされるネットワークサービスを選択します。

次にネットワークデバイスは「ネットワークサービス用のvSIM証明書」と「国際モバイル加入者識別情報(IMSI)」を含めたブロックチェーンを作成します。vSIM証明書はユーザーアカウントにリンクされ、クライアントのモバイルデバイスでアクティブ化することができるとされています。

「分散型コンセンサスネットワーク」に参加しているノードは、Verizonが「vSIMブロックチェーン」と呼んでいる記録を維持します。タイムスタンプ付きのトランザクションを暗号化技術で保護されたブロックに保存することによって、悪意のある改ざんから保護することができるとのことです。

またvSIMは、ユーザーアカウントに関連付けられた複数のモバイルデバイスのどれかで取得・利用したり、同一のユーザーアカウントに関連付けられたデバイス間で転送したりできるだけでなく、一時的に他のユーザーに割り当てることもできるとされています。

そのため、会社が多数のvSIMを購入してそれらを自由にスタッフに割り当て、後でシステムを使用して他の従業員に咲い割り当てすることもできると考えられています。

ブロックチェーンや仮想通貨の技術は通信事業でも積極的に活用され始めており、最近ではオーストリアの通信事業者であるA1テレコムが主要仮想通貨によるモバイル決済を試験的に導入する事を発表している他、通信業界向けブロックチェーン基盤の構築に向けたプロジェクトなども立ち上げられています。

>>公開された「Verizonの特許」はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アプトス(Aptos/APT)メインネットローンチ|大手暗号資産取引所にも続々上場

アプトス(Aptos/APT)メインネットローンチ|大手暗号資産取引所にも続々上場

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

Ripple社「CBDC・ステーブルコイン開発用のプラットフォーム」を発表

Ripple社「CBDC・ステーブルコイン開発用のプラットフォーム」を発表

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

Gemini:複数銘柄対応の「ステーキングサービス」提供開始

Gemini:複数銘柄対応の「ステーキングサービス」提供開始

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

注目度の高い仮想通貨ニュース

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す