通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

by BITTIMES

オーストリアの通信事業者であるA1テレコムがビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を含む主要仮想通貨によるモバイル決済を試験的に導入する事を発表しました。7つの店舗で仮想通貨による決済を受け入れ、どの程度の需要があるのか調査していくと伝えています。

こちらから読む:NBAチームが"BTC決済"を受け入れ「仮想通貨決済」関連ニュース

A1テレコム、主要仮想通貨のモバイル決済をテスト

A1テレコムはオーストリアの携帯電話を保有するユーザー約620万人のうち、約510万人にサービスを提供している大手通信事業者です。そのA1テレコムは2019年8月19日から仮想通貨のモバイル決済を試験的に行っています。

このテストではオーストリアの中の7つの自社店舗で仮想通貨のモバイル決済が可能となっており、サービスや商品購入時に以下の仮想通貨が使用できるようになっています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ステラ(Stellar/XLM)
ダッシュ(Dash/DASH)

新しいデジタル決済を日常的に

A1テレコムによれば、現在モバイル決済の方法は徐々に確立されているものの、普及しつつあるデジタル通貨の受け入れはいまだ国際レベルには達していないと指摘しています。

またオーストリアへ訪れた観光客やビジネス旅行者に対しても仮想通貨だけでなくAlipay、WeChat Pay等を使った決済インフラも整っていない状況であり、改善が必要であると述べています。そのため今回、主要なデジタル通貨での決済の実証試験を行い実際の需要がどの程度あるのか確認する狙いがあります。

A1テレコムの仮想通貨決済は、
・Salamantex(サラマンテックス・同国内の仮想通貨企業)
・Ingenico(インジェニコ・仏の決済ソリューション企業)
・Concardis(コンカルディス・独のキャッシュレス事業)
の3社と協力し可能になりました。これによりレジシステムと仮想通貨決済システムを簡単に統合し、ディーラーの為替変動リスクを極限にまで減らす事が可能になります。

A1のユーザーが商品やサービス購入時に選択した仮想通貨を固定レートで支払い、取引中に価格変動が起きた場合にはプロバイダーによって軽減される様になります。また店舗側はユーロで売上として受け取れるようになります。

さらにAlipay、WeChat Payも8月下旬から利用可能になると発表しています。現在キャッシュレス化が各国で推進されていますが、仮想通貨がどの程度シェアを獲得できるのかが今後の普及の鍵と言えます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

仮想通貨都市「AKONCITY」の詳細情報が明らかに|7つの主要地区で構成

仮想通貨都市「AKONCITY」の詳細情報が明らかに|7つの主要地区で構成

中東レバノン、法定通貨暴落で「ビットコイン需要」増加|中央銀行への放火報道も

中東レバノン、法定通貨暴落で「ビットコイン需要」増加|中央銀行への放火報道も

イスラエルで仮想通貨は財産として課税対象に

イスラエルで仮想通貨は財産として課税対象に

ステラ(Stellar/XLM)が「Samsung Galaxyスマートフォン」で利用可能に

ステラ(Stellar/XLM)が「Samsung Galaxyスマートフォン」で利用可能に

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

日本暗号資産市場社:ICB購入でイーサリアムがもらえる「ETH山分けキャンペーン」開催

日本暗号資産市場社:ICB購入でイーサリアムがもらえる「ETH山分けキャンペーン」開催

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

TaoTao株式会社:BINANCEとの「提携交渉終了」を発表

TaoTao株式会社:BINANCEとの「提携交渉終了」を発表

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す