IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

by BITTIMES

アイオータ財団(IOTA Foundation)は、2019年9月24日のブログ投稿で「Linux Foundation」と提携して、ハードウェア・シリコン・クラウド・OSから独立したエッジコンピューティング(*1)のためのオープンで相互運用可能なフレームワークの確立を目指す「LF Edge」フレームワークを共同開発していくと発表しました。
(*1)エッジコンピューティング:ユーザーやユーザーの端末の近くにサーバーを分散配置することによって通信遅延を抑制する技術のこと。

こちらから読む:自律分散型マーケットプレイスを立ち上げ「IOTA/MIOTA」関連ニュース

幅広く使える「相互運用可能なフレームワーク」を構築

(画像:IOTA財団)(画像:IOTA財団)

IOTA財団は、2019年9月24日にオープンソースコミュニティのリーダーとして2000年から業界を率いてきた「Linux Foundation」と提携を結び、Linux財団傘下の統括組織「LF Edge」が提供するフレームワークを開発していくことを発表しました。

公式発表によると、LF Edgeはハードウェア・クラウド・OSなどに依存しないエッジコンピューティングのためのオープンで相互運用可能なフレームワークを目指しており、製造・運送・小売などの様々な業界でコラボレーションとイノベーションを促進すると説明されています。

LF Edgeは、ハードウェア・シリコン・クラウド・またはオペレーティングシステムに依存しない、エッジコンピューティングのためのオープンで相互運用可能なフレームワークを確立することを目的とする包括的な組織です。

業界のリーダーを集めることによって、LF Edgeはハードウェアおよびソフトウェアの標準と、現在と将来のIoT及びエッジデバイス(*1)の維持に不可欠なベストプラクティスの共通フレームワークを作成します。

LF Edgeは、工業製造、都市と政府、エネルギー、運輸、小売、ホームオートメーションとビルオートメーション、自動車、ロジスティクス、ヘルスケアなど、複数の産業全体でコラボレーションとイノベーションを促進します。

(*1)エッジデバイス:別々のネットワーク間同士で通信を行い、データの効果や統合、同期などをシームレスに仲介する機器のこと

Linux FoundationのゼネラルマネージャーであるArpit Joshipura氏は、IOTA財団と提携してIOTAの技術を取り入れていけることを歓迎しており、『IOTA財団とのコラボレーションはオープンソースコミュニティが共に強くなるための方法の1つである』と語っています。

IOTA財団は、この他にも「EdgeX Foundry」などについても説明を行なっており、ここ最近でHyperledgerとの橋渡しに取り組んでいることも明らかにしています。これらのソリューションはすぐに開発できるものではないものの、将来的には開発を通じて学んだことをHyperledgerエコシステムの機能に移行し、複数のHyperledgerフレームワークに統合するとされています。

>>「IOTA財団の公式発表」はこちら

2019年9月25日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は、今月21日に34円近くまで回復したものの、本日の急落によってその他の仮想通貨と同様に上昇前の価格帯まで下落しており、2019年9月25日時点では「1MIOTA=26.75円」で取引されています。

MIOTAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年8月26日〜2019年9月25日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2019年8月26日〜2019年9月25日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン授業料受付をドイツの欧州経営大学(ESMT)が開始

ビットコイン授業料受付をドイツの欧州経営大学(ESMT)が開始

BINANCE:ヴェチェーン(VeChain/VET)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ヴェチェーン(VeChain/VET)の「先物取引」提供へ

コインベース:2022年に「サンフランシスコ旧本社」閉鎖へ|分散型会社運営に移行

コインベース:2022年に「サンフランシスコ旧本社」閉鎖へ|分散型会社運営に移行

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

Twitter「NFTをプロフィール画像に設定する新機能」を開発中

Twitter「NFTをプロフィール画像に設定する新機能」を開発中

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

イラン政府:禁止されていた仮想通貨マイニングの「再開」を許可

イラン政府:禁止されていた仮想通貨マイニングの「再開」を許可

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す