IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

by BITTIMES

アイオータ財団(IOTA Foundation)は、2019年9月24日のブログ投稿で「Linux Foundation」と提携して、ハードウェア・シリコン・クラウド・OSから独立したエッジコンピューティング(*1)のためのオープンで相互運用可能なフレームワークの確立を目指す「LF Edge」フレームワークを共同開発していくと発表しました。
(*1)エッジコンピューティング:ユーザーやユーザーの端末の近くにサーバーを分散配置することによって通信遅延を抑制する技術のこと。

こちらから読む:自律分散型マーケットプレイスを立ち上げ「IOTA/MIOTA」関連ニュース

幅広く使える「相互運用可能なフレームワーク」を構築

(画像:IOTA財団)(画像:IOTA財団)

IOTA財団は、2019年9月24日にオープンソースコミュニティのリーダーとして2000年から業界を率いてきた「Linux Foundation」と提携を結び、Linux財団傘下の統括組織「LF Edge」が提供するフレームワークを開発していくことを発表しました。

公式発表によると、LF Edgeはハードウェア・クラウド・OSなどに依存しないエッジコンピューティングのためのオープンで相互運用可能なフレームワークを目指しており、製造・運送・小売などの様々な業界でコラボレーションとイノベーションを促進すると説明されています。

LF Edgeは、ハードウェア・シリコン・クラウド・またはオペレーティングシステムに依存しない、エッジコンピューティングのためのオープンで相互運用可能なフレームワークを確立することを目的とする包括的な組織です。

業界のリーダーを集めることによって、LF Edgeはハードウェアおよびソフトウェアの標準と、現在と将来のIoT及びエッジデバイス(*1)の維持に不可欠なベストプラクティスの共通フレームワークを作成します。

LF Edgeは、工業製造、都市と政府、エネルギー、運輸、小売、ホームオートメーションとビルオートメーション、自動車、ロジスティクス、ヘルスケアなど、複数の産業全体でコラボレーションとイノベーションを促進します。

(*1)エッジデバイス:別々のネットワーク間同士で通信を行い、データの効果や統合、同期などをシームレスに仲介する機器のこと

Linux FoundationのゼネラルマネージャーであるArpit Joshipura氏は、IOTA財団と提携してIOTAの技術を取り入れていけることを歓迎しており、『IOTA財団とのコラボレーションはオープンソースコミュニティが共に強くなるための方法の1つである』と語っています。

IOTA財団は、この他にも「EdgeX Foundry」などについても説明を行なっており、ここ最近でHyperledgerとの橋渡しに取り組んでいることも明らかにしています。これらのソリューションはすぐに開発できるものではないものの、将来的には開発を通じて学んだことをHyperledgerエコシステムの機能に移行し、複数のHyperledgerフレームワークに統合するとされています。

>>「IOTA財団の公式発表」はこちら

2019年9月25日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は、今月21日に34円近くまで回復したものの、本日の急落によってその他の仮想通貨と同様に上昇前の価格帯まで下落しており、2019年9月25日時点では「1MIOTA=26.75円」で取引されています。

MIOTAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年8月26日〜2019年9月25日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2019年8月26日〜2019年9月25日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huobi Japan「SOLOエアドロップ2倍キャンペーン」開始|最大1万円相当が当たる

Huobi Japan「SOLOエアドロップ2倍キャンペーン」開始|最大1万円相当が当たる

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

ビッグアイズコインとカルダノのクールなNFTを所有することで、環境を保護できることをご存知ですか?

ビッグアイズコインとカルダノのクールなNFTを所有することで、環境を保護できることをご存知ですか?

ESPN Global:ビットコイン決済対応の「ゲームプラットフォーム」を発表

ESPN Global:ビットコイン決済対応の「ゲームプラットフォーム」を発表

インド:ブロックチェーンを活用して出生証明書を管理へ

インド:ブロックチェーンを活用して出生証明書を管理へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

MetaTokyo「Village Vanguard・ケシオン」と提携|Web3エンタテインメント事業展開へ

MetaTokyo「Village Vanguard・ケシオン」と提携|Web3エンタテインメント事業展開へ

WLKN報酬付きの新作ゲームアプリ「Walken Runner」正式リリース

WLKN報酬付きの新作ゲームアプリ「Walken Runner」正式リリース

経済産業省「NFT活用したメタバース実証事業イベント」実施へ

経済産業省「NFT活用したメタバース実証事業イベント」実施へ

ポルシェ「NFTコレクション展開・仮想世界への参入」を発表

ポルシェ「NFTコレクション展開・仮想世界への参入」を発表

Trust Wallet(トラストウォレット)とは?特徴・使用方法などを初心者向けに解説

Trust Wallet(トラストウォレット)とは?特徴・使用方法などを初心者向けに解説

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す