New Balance×Cardano:ブロックチェーン用いた「サプライチェーン管理」で提携

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)ブロックチェーンの開発を主導している「IOHK」は、世界的なスポーツシューズメーカーである「New Balance(ニューバランス)」とパートナーシップを結び、Cardanoブロックチェーンを使用してスニーカーのサプライチェーン管理などに活用していくことを発表しました。

こちらから読む:技術開発も順調に進行中「Cardano/ADA」関連ニュース

カルダノブロックチェーンで「偽造品」に対処

2017年9月29日にメインネットを公開した「カルダノ(Cardano/ADA)」は、本日2019年9月29日で"2周年"を迎えます。この記念すべき日を迎えた「IOHK」は、世界的なスポーツシューズメーカーである「New Balance(ニューバランス)」とパートナーシップを結び、Cardanoブロックチェーンを使用してスニーカーのサプライチェーン管理などに活用していくことを発表しました。

このプロジェクトは初めに"テスト"という形で始まり、最終的には世界中でプロジェクトを展開していくことを計画しています。これらのプロジェクトで仮想通貨「ADA」が使用される予定はありませんが、Cardanoブロックチェーンを用いてトレーニングシューズのサプライチェーン管理を行うと伝えられているため、Cradanoの技術活用を大きく促進させる可能性を秘めています。

マサチューセッツ州ボストンに本拠を置く「New Balance」は、世界有数のアスレチックシューズブランドの一つであり、収益は2013年の27億ドル(約2,914億円)から2018年の41億ドル(約4,425億円)と劇的に増加していますが、その一方では"偽造品"の問題も深刻化していたため、ブロックチェーンで「本物であること」を証明することによって、さらに業績を上げることができると期待されます。

報道によると、昨年「New Balance」は約2,500万足もの偽物の靴を没収したと報告されていますが、Cardanoブロックチェーンが実際に導入されれば、New Balanceの偽造品を最小限に減らすことができるでしょう。

技術導入のテストは近日中に公開される予定だと報じられていますが、Cardanoの広報担当者は「今回のパートナーシップがいつ開始されるか」についてコメントすることを拒否しており、10月に「New Balance」から公式発表が行われるまで詳細情報を明かすことはできないとしています。

今回のパートナーシップは「Cardano/ADA」の普及をさらに促進させることになると期待されますが、先日にはCradanoプロジェクトの重要な開発段階である「Shelley(シェリー)」のテストネットが第2段階に突入したことも報告されており、それほど遠くない将来にはADAを長期保有することによって報酬を得ることができる"ステーキング"も可能になる予定となっているため、これらの発表もCardanoの成長を後押しすることになると予想されます。

2019年9月29日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、今月25日に4円台まで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年9月29日時点では「1ADA=4.18円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年8月30日〜2019年9月29日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年8月30日〜2019年9月29日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「ペット業界」に新たなコミュニティを|スイス企業がアプリ開発

ブロックチェーンで「ペット業界」に新たなコミュニティを|スイス企業がアプリ開発

BLOCKCHAIN.COM:仮想通貨取引所で「トルコリラ」をサポート

BLOCKCHAIN.COM:仮想通貨取引所で「トルコリラ」をサポート

決済大手PayPal:Libra協会への「参加見送り」を正式に発表

決済大手PayPal:Libra協会への「参加見送り」を正式に発表

Facebookが独自の仮想通貨を発行?|ICOの予定は

Facebookが独自の仮想通貨を発行?|ICOの予定は

DMM:日本発のゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」に出資

DMM:日本発のゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」に出資

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

注目度の高い仮想通貨ニュース

チャーリー・マンガー氏:暗号資産を「汚い下水道」と表現|投資は避けるべきと発言

チャーリー・マンガー氏:暗号資産を「汚い下水道」と表現|投資は避けるべきと発言

日本初の「位置情報付地図アイコンNFT」提供開始:ジオテクノロジーズ

日本初の「位置情報付地図アイコンNFT」提供開始:ジオテクノロジーズ

Solana関連ウォレット「Solflare」大手暗号資産取引所FTXと提携

Solana関連ウォレット「Solflare」大手暗号資産取引所FTXと提携

「ビットコインは無価値になるかもしれないが、下落したら買う」Thomas Peterffy氏

「ビットコインは無価値になるかもしれないが、下落したら買う」Thomas Peterffy氏

LINE BITMAX「暗号資産信用取引サービス」提供開始|6銘柄に対応

LINE BITMAX「暗号資産信用取引サービス」提供開始|6銘柄に対応

カルダノ・エイダの大型アップグレード「Vasil」再び延期に

カルダノ・エイダの大型アップグレード「Vasil」再び延期に

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

出品完全審査制・招待制のアプリ型NFTプラットフォーム「HARTi」正式ローンチ

出品完全審査制・招待制のアプリ型NFTプラットフォーム「HARTi」正式ローンチ

JCBA×JVCEA「2023年度の暗号資産税制改正要望書」金融庁に提出

JCBA×JVCEA「2023年度の暗号資産税制改正要望書」金融庁に提出

カルビー初のNFT「Astar Farm」で限定配布|Astar Networkを活用してWeb3.0市場参入

カルビー初のNFT「Astar Farm」で限定配布|Astar Networkを活用してWeb3.0市場参入

Bitget:報酬総額100,000USDTの「お友達に40USDTプレゼント」イベント開催

Bitget:報酬総額100,000USDTの「お友達に40USDTプレゼント」イベント開催

Tesla(テスラ)保有するビットコインの「約75%」を売却

Tesla(テスラ)保有するビットコインの「約75%」を売却

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す