金融大手Fidelity:仮想通貨カストディ「本格的に運用開始」他にはない利点を強調

by BITTIMES

投資信託の販売・運用を行なっている世界的金融大手「Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)」の仮想通貨関連サービス子会社である「Fidelity Digital Asset(FDA)」が、仮想通貨のカストディ及び取引サービスを正式に提供し始めたことが「Financial Times」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:日本政府、仮想通貨献金は"合法"と判断「仮想通貨」関連ニュース

「Fidelity Digital Asset」完全始動

Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)は805兆円以上の資産を管理する米国の大手金融サービスプロバイダーであるため、同社が昨年立ち上げた仮想通貨関連サービス子会社「Fidelity Digital Asset(FDA)」には世界中で注目が集まっていました。

Fidelity Digital Asset(FDA)は、元々2019年第1四半期にサービスを開始することを予定していましたが、実際には"一部の顧客のみ"にサービスを提供していました。しかし、同社のCEOであるAbigail Johnson(アビゲイル・ジョンソン)氏は、「Financial Times」とのインタビューの中で『現在は完全に運用開始となった』と語っています。

FDAが提供しているサービスは、機関投資家や個人などといった"適格投資家"向けのものとなっており、ビットコイン(BTC)のカストディと取引サービスを提供しています。ジョンソン氏は"カストディサービスの利点"として「資産を安心して預けることができる点」や「遺産相続の際に役立つ点」などを挙げています。

「ブランド力」や「金融業界との繋がり」で優位

仮想通貨のカストディサービスは、すでに大手仮想通貨取引所である「Coinbase(コインベース)」などが提供していますが、ジョンソンCEOは"両社には明確な違いがある"と語っており、『"Coinbase"は未だに新しくてほどんどの人には馴染みのない企業であり、従来の金融アドバイザーとの繋がりも薄いが、"Fidelity"が持つブランド力や金融業界との繋がりは別格だ』と説明しています。

Fidelityは、Bakkt(バックト)と同様に仮想通貨業界で特にされていた企業であるため、同社が正式にサービスを開始したことによって、より多くの投資家が市場に参入すると期待されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

VanEck・SolidX:ビットコインETF「機関投資家限定」で今週販売か=WSJ報道

VanEck・SolidX:ビットコインETF「機関投資家限定」で今週販売か=WSJ報道

「イーサリアム価格は2018年に3倍の15万円を超えるだろう」ノボグラッツ氏インタビューにて発言

「イーサリアム価格は2018年に3倍の15万円を超えるだろう」ノボグラッツ氏インタビューにて発言

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

【重要】ビットポイント:暗号資産レバレッジ取引サービス「2021年12月」に終了へ

【重要】ビットポイント:暗号資産レバレッジ取引サービス「2021年12月」に終了へ

仮想通貨で成功している億万長者は何人?暗号資産と富裕層に関するレポート公開

仮想通貨で成功している億万長者は何人?暗号資産と富裕層に関するレポート公開

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す