中国で「ブロックチェーン・ビットコイン」への関心が急増|習近平国家主席の発言受け

by BITTIMES

中国の習近平(しゅう きんぺい)国家主席が先週ブロックチェーン技術を全面的に取り入れていく計画を語った後に同国で「ブロックチェーン」と「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」の検索量が急増していることが報告されています。

こちらから読む:カカオのブロックチェーンに大手企業が多数参加「国際ニュース」

ブロックチェーンの検索量「170%」急増

中国の習近平国家主席が先週ブロックチェーン技術について語った後も、中国国内ではブロックチェーン関連の報道が相次いでいます。このようなことの影響もあってか、中国の検索エンジン「Baidu(バイドゥ)」と、メッセージングアプリ「WeChat(ウィーチャット)」ではブロックチェーン関連キーワードの検索量が急増していることが報告されています。

仮想通貨メディア「The Block」の報告によると、「ブロックチェーン」というキーワードは習近平国家主席がブロックチェーンについて語った先週25日に「Baidu」で72,049回検索されており、前日比で1382.79%増加していると報告されています。

また「WeChat」では検索量が329%増加し、3,331,874回検索されており、翌日には「WeChat」と「Baidu」の両方で「ブロックチェーン」の検索ボリュームが約170%増加したと報告されています。

ビットコインの検索量も急増中

別の報告ではブロックチェーンだけでなく「ビットコイン」の検索量も同様に増加していると報告されており、26日時点の「Baidu」では前日比で244.9%、「WeChat」では316.85%急増していると報告されています。

「ビットコイン」の検索量が増加しているのは、中国でブロックチェーン関連の報道に合わせてビットコイン関連の報道を行われているためだと考えられます。先日は中国の国営テレビ局である「CCTV.com」がビットコインを紹介する番組を放送し、"史上初のブロックチェーンアプリケーション"としてビットコインの基本的な技術と分散型台帳技術の仕組みを説明したことが報告されています。

ブロックチェーン技術について学ぶ際には、必然的に「ビットコイン」について学ぶことになるため、中国でブロックチェーンに対する関心が高まるにつれて、ビットコインへの関心もさらに高まることになると予想されます。

AIとブロックチェーン「貿易金融」に活用する動きも

中国では早速ブロックチェーン関連の研究が進められていることも報告されており、27日のロイターの報道では「中国国家外貨管理局(SAFE)はブロックチェーンと人工知能(AI)を国をまたいだ貿易金融の分野に活用する計画を立ている」と報告されています。

SAFEは特に"リスク管理"の分野に注意を払っているとされており、同局の副局長であるLu Lei(ルー・レイ)氏は『デジタル金融フィンテックの発展を注視する必要がある』と語ったとされています。

デジタル金融とフィンテックの急速な発展に特別な注意を払う必要があります。

(新しい)ビジネス形態がどこに向かっているのか完全に確信できない場合、リスク管理に注意を払わなければなりません。

習近平国家主席がブロックチェーン技術に言及した後には、ビットコインをはじめとする複数の仮想通貨の価格も急騰しており、アルトコイン市場では、ネオ(NEO)やオントロジー(ONT)などといった中国系仮想通貨の価格も高騰しているため、今後も中国の動きには特に注目が集まります。

>>「The Block」の報道はこちら
>>「ロイター」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

プレミアリーグ所属の「エヴァートンFC」仮想通貨取引プラットフォームeToroと提携

プレミアリーグ所属の「エヴァートンFC」仮想通貨取引プラットフォームeToroと提携

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

ブロックチェーンは音楽業界をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは音楽業界をどのように変えるのか?

日本の仮想通貨取引所が一気に「50社」増える可能性も?

日本の仮想通貨取引所が一気に「50社」増える可能性も?

イギリス税務当局:仮想通貨の「税金」に関するガイドラインを公開|個別に税制適用へ

イギリス税務当局:仮想通貨の「税金」に関するガイドラインを公開|個別に税制適用へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

SBIHD:セキュリティトークン事業で「野村」と提携へ|合弁会社BOOSTRYに資本参加

SBIHD:セキュリティトークン事業で「野村」と提携へ|合弁会社BOOSTRYに資本参加

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

BTCBOX「台湾向け暗号資産取引サービス」提供へ|地元企業とライセンス契約

BTCBOX「台湾向け暗号資産取引サービス」提供へ|地元企業とライセンス契約

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

BINANCE:Cardano(ADA)・Chainlink(LINK)の「レバレッジトークン」追加へ

BINANCE:Cardano(ADA)・Chainlink(LINK)の「レバレッジトークン」追加へ

音楽イベントでNEM技術活用へ「世界初の楽曲プレゼント企画」開催:DJ Takamasa Owaki

音楽イベントでNEM技術活用へ「世界初の楽曲プレゼント企画」開催:DJ Takamasa Owaki

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

暗号資産運用大手:大口ファンドの「BTC・ETH比重」増加|XRPはマイナス調整

暗号資産運用大手:大口ファンドの「BTC・ETH比重」増加|XRPはマイナス調整

【Cardano/ADA】2020年内に「スマートコントラクト・ネイティブアセット」が登場

【Cardano/ADA】2020年内に「スマートコントラクト・ネイティブアセット」が登場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す