Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

by BITTIMES

Bakkt(バックト)は、2019年11月12日に同社が提供する仮想通貨のカストディ(保管)サービス「Bakkt Warehouse」が全ての機関で利用できるようになったことを発表しました。同社のカストディサービスは、これまでビットコイン先物の顧客向けにのみ提供されていました。

こちらから読む:IOTA共同設立者"仮想通貨ビジネス"から撤退「仮想通貨」関連ニュース

「Bakkt Warehouse」が全ての機関で利用可能に

Bakkt(バックト)は、2019年11月12日の発表で同社がこれまでビットコイン先物のクライアントのみに提供していた仮想通貨のカストディサービス「Bakkt Warehouse」が全ての機関で利用できるようになったと発表しました。

同社の発表によると、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から正式に"全ての機関"にビットコインのカストディサービスを提供する許可を得たため、今回のサービスを提供することができるようになったと説明されています。

最初にカストディサービスを提供する企業としては、
Pantera Capital(パンテラ・キャピタル)
・Galaxy Digital(ギャラクシーデジタル)
・Tagomi(タゴミ)
の3社が挙げられています。

暗号資産を「最高レベルのセキュリティ」で保護

Bakktが提供するカストディサービスに預けられた資産は、銀行レベルの非常に強固なセキュリティで保護されているほか、災害や緊急事態が発生した際に資産を保護するための対策も取られており、トランザクションを完全に処理するためには地理的に分散された複数の署名が必要なシステムが採用されているため、仮想通貨を最高レベルのセキュリティで保管したい企業にとって非常に魅力的なサービスとなっています。

また、同社に預けられた資産は1億2,500万ドル(約134億円)の保険で保護されているため、万が一何か問題が発生した場合にも保険でのサポートを受けることができます。

仮想通貨市場は長期的に成長を続けているものの「仮想通貨の流出」や「秘密鍵の紛失」などによって、顧客資産が失われる事件が多数発生しており、業界の重要な課題として指摘されていたため、「Bakkt Warehouse」が様々な機関で利用されるようになれば、業界全体の信頼性が向上すると期待されます。

>>「Bakkt」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

元Google CEO「Chainlink Labs」に戦略アドバイザーとして参加

元Google CEO「Chainlink Labs」に戦略アドバイザーとして参加

RippleNetと国際送金アプリ「OnePay FX」が統合 ー 利用可能国がさらに拡大

RippleNetと国際送金アプリ「OnePay FX」が統合 ー 利用可能国がさらに拡大

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

VR空間に構築された「ブロックチェーンイベント会場映像」を公開【BlockDown 2020】

VR空間に構築された「ブロックチェーンイベント会場映像」を公開【BlockDown 2020】

avex × Singularity 0 Universe「オリジナル音源付きアートNFT」制作へ

avex × Singularity 0 Universe「オリジナル音源付きアートNFT」制作へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cornucopias:史上初の「BSC-Cardanoブリッジ」を稼働

Cornucopias:史上初の「BSC-Cardanoブリッジ」を稼働

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

社会貢献型Web3アプリ「TEKKON」位置情報のみを登録できる新機能追加

社会貢献型Web3アプリ「TEKKON」位置情報のみを登録できる新機能追加

Huobi Japan:ディープコイン上場記念「3つのキャンペーン」を同時開催

Huobi Japan:ディープコイン上場記念「3つのキャンペーン」を同時開催

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

フィデリティ:個人投資家向け暗号資産取引サービス「Fidelity Crypto」提供へ

フィデリティ:個人投資家向け暗号資産取引サービス「Fidelity Crypto」提供へ

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

STEP APP:ローンチイベント「東京」で開催へ|豪華ゲストも参加

STEP APP:ローンチイベント「東京」で開催へ|豪華ゲストも参加

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す