Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

by BITTIMES

ブロックチェーン技術や仮想通貨報酬システムなどを取り入れた人気のブラウザ「Brave(ブレイブ)」は、バージョン1.0をリリースしたことを発表しました。新しいバージョンでは仮想通貨「ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)」で報酬を受けることができる「Brave Rewards」がiOS端末でも利用できるようになっています。

こちらから読む:BINANCE、全ての法定通貨サポートへ「仮想通貨」関連ニュース

次世代型ブラウザ「Brave Ver1.0」公開

Brave(ブレイブ)は、2019年11月13日に「Windows・macOS・Linux・Android・iOS」向けの新しいバージョンである「Ver1.0」をリリースしたことを発表しました。このブラウザーはユーザーのプライバシーを重視したブラウザとなっており、「WEBサイト上に表示される広告をブロックする機能」や「広告表示を許可することによって仮想通貨で報酬を得ることができる機能」などが搭載されています。

次世代型ブラウザとも呼ばれる「Brave」は、3〜6倍の高速ブラウジングを提供するだけでなく、一般的なブラウザと同様の「プライベートブラウジングモード」にプラスして「Torネットワーク(*1)を介したブラウジング」を行うこともできるようになっています。
(*1)Torネットワーク:匿名で暗号化されたネットワークのこと。

また「Brave」には広範なトラッキング防止機能も搭載されているため、ユーザーは「誰かにインターネット上での行動を追跡されているかもしれない」といった不安を解消することもできます。

Brave Rewardsが「iOS端末」に対応

「Brave」の代表的な機能の一つである「Brave Rewards」は、WEBサイトの作成者に仮想通貨で寄付したり、広告を表示することによってベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)で報酬受け取ることができる機能を提供しています。この「Brave Rewards」はこれまでデスクトップアプリやAndroidデバイスでのみの提供となっていましたが、新しいバージョンではiPhone・iPad向けにも提供されています。

これまで利用可能だった「Braveブラウザ」は"ベータ版"となっていましたが、今回リリースされた「Ver1.0」は"正式版"となっています。「Brave」はベータ版の時点でも"世界中で毎月870万人の人々"に利用されていたと報告されているため、今後はユーザー数がさらに増加していくことになると期待されます。

「BraveブラウザのVer1.0」は、Windows・macOS・Linux・Android・iOS向けに日本語を含めた52ヶ国語で提供されています。実際に利用してみたい方は以下のリンク先のページからダウンロードすることができます。

>>「AppStore」からのダウンロードはこちら
>>「Google Play」からのダウンロードはこちら
>>「デスクトップ版」のダウンロードはこちら
>>「Braveの公式サイト(日本語)」はこちら

2019年11月14日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は2019年9月末頃から順調に回復してきており、2019年11月14日時点では「1BAT=28.02円」で取引されています。

BATを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年8月16日〜11月14日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2019年8月16日〜11月14日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術を「国際宇宙ステーション」に打ち上げ:SpaceChain(SPC)

ブロックチェーン技術を「国際宇宙ステーション」に打ち上げ:SpaceChain(SPC)

バスケ業界を代表する「仮想通貨投資家」|NBA選手Spencer Dinwiddie

バスケ業界を代表する「仮想通貨投資家」|NBA選手Spencer Dinwiddie

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

BINANCE:証拠金取引の利用禁止リストから「日本」を除外

BINANCE:証拠金取引の利用禁止リストから「日本」を除外

BSV価格100%高騰|クレイグ・ライト氏「110万BTCの鍵情報」入手か

BSV価格100%高騰|クレイグ・ライト氏「110万BTCの鍵情報」入手か

Theta Network:韓国のゲームプラットフォーム「Ludena Protocol」と提携

Theta Network:韓国のゲームプラットフォーム「Ludena Protocol」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Chiliz Exchange:Trabzonsporの公式ファントークン「$TRA」取扱いへ

Chiliz Exchange:Trabzonsporの公式ファントークン「$TRA」取扱いへ

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す