ペンタブレット製品大手「ワコム」アートブロックチェーン活用でスタートバーンと提携

by BITTIMES

アート×ブロックチェーンの分野でプロジェクトを展開している「スタートバーン株式会社(Startbahn)」は、2019年11月26日にペンタブレット製品を展開している「株式会社ワコム(Wacom)」と協力して、"アートブロックチェーンネットワークを活用したデジタルアート作品の権利保護および流通基盤構築"に取り組んでいくことを発表しました。

こちらから読む:ブロックチェーンで"マンガの売上"をファンに還元「アート」関連ニュース

デジタルアート作品の「権利保護・流通基盤構築」に着手

「スタートバーン株式会社」と「株式会社ワコム」は、スタートバーンが推進するアートの評価・流通のためのインフラ「Art Blockchain Network」とワコムの「デジタル署名認証技術」を連携して、デジタルアート作品の権利保護および流通基盤構築に取り組んでいくことを発表しました。

スマートフォンやタブレットなどのデジタルデバイスで創作活動を行うなど「アートの表現手法」は世界中で多様化してきており、ワコムが展開している"ペンタブレット製品"は、世界150以上の国と地域で「映画制作・工業デザインのスタジオ・デザイナー・マンガ家」などといった幅広いクリエイターに愛用されています。

しかし、デジタル形式で制作された作品はデータを簡単に複製することができてしまうため、アート作品の真正性と唯一性を担保した状態でアート市場に二次流通させることが難しく「適切な市場の形成が進んでいない」という問題がありました。

ペンタブクリエイターに「適切な収入源」を提供

(画像:スタートバーンプレスリリースから)(画像:スタートバーンプレスリリースから)

今回協力することを発表した両社は、ワコムの「デジタル署名認証技術」をブロックチェーン証明書で"作品の流通・著作権管理"ができる「Art Blockchain Network」と組み合わせることによって、ペンタブで創作活動を行っているクリエイターが自分の作品の権利を証明し、二次流通市場で発生した還元金を収益源とすることができる環境を国内外で展開していくとしています。

また、ブロックチェーンで著作権が証明されている作品が市場に流通することによって、それらの作品を扱う「コレクター・ギャラリー・オークション」などが真正性と唯一性を担保したデジタル作品を現在市場に流通しているアート作品と同じように市場で取引することができるようになるとも説明されています。

「スタートバーン」と「ワコム」は、今回発表されたクリエイター支援の取り組みについて、2019年11月27日に「ANAインターコンチネンタルホテル東京」で開催される"デジタルペンとインク"に関する世界最先端・最大級のイベント「Connected Ink 2019」で説明を行う予定です。

>>「スタートバーン」の公式発表はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Decentraland・The Sandboxなどで「JPYC経済圏」構築へ|JPYCとアドミンが事業提携

Decentraland・The Sandboxなどで「JPYC経済圏」構築へ|JPYCとアドミンが事業提携

NEMブロックチェーンで子供たちの教育支援|10歳の少女が立ち上げた「KidLet」が話題に

NEMブロックチェーンで子供たちの教育支援|10歳の少女が立ち上げた「KidLet」が話題に

DEPも獲得できるNFTサッカーシミュレーションゲーム「GOAL SEEKERS」開発開始:DEA社

DEPも獲得できるNFTサッカーシミュレーションゲーム「GOAL SEEKERS」開発開始:DEA社

Oasys:縦型ショート動画クイズアプリ「QAQA」で技術採用|BLQS Verseを構築

Oasys:縦型ショート動画クイズアプリ「QAQA」で技術採用|BLQS Verseを構築

Operaブラウザが「ビットコイン・トロン」に対応|Android向けベータ版アプリ公開

Operaブラウザが「ビットコイン・トロン」に対応|Android向けベータ版アプリ公開

ビットフライヤー:BTCがもらえる「友だち招待プログラム」提供開始

ビットフライヤー:BTCがもらえる「友だち招待プログラム」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す