ブロックチェーンでテレビ視聴者にコンテンツ配布|スマホアプリ「Card Hunter」登場

by BITTIMES

ユナイテッド株式会社・株式会社博報堂・原本株式会社の3社は、2019年11月27日にブロックチェーン技術を活用してテレビ番組視聴者にデジタルコンテンツをリアルタイム配布するスマホアプリ「Card Hunter(カードハンター)」を開発し、「テレビ神奈川」と協力して試験放送を実施することを発表しました。

こちらから読む:ペンタブ大手がブロックチェーン技術活用「国内ニュース」

Card Hunter(カードハンター)とは

ブロックチェーン技術を活用したスマホアプリ「Card Hunter(カードハンター)」は、
・ユナイテッド株式会社
・博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ
・原本株式会社
の3社によって共同開発されました。

このアプリは、ブロックチェーン技術を活用して"トークン"として実装された数量限定のデジタルコンテンツを、リアルタイムでテレビ番組視聴者に一斉配布できるスマホアプリとなっています。

アプリには「エヴィクサー株式会社」の"音声認識技術"が組み込まれているため、番組放送中にデジタルコンテンツ情報を埋め込んだ"音響透かし(*1)"が放送されることによってアプリがそれを検出し、デジタルコンテンツを受け取ることができる仕組みになっているとのことです。
(*1)音響透かし:音声信号に電子暗号化した文字や画像などの情報を埋め込む技術のこと

テレビ神奈川などと共に「技術検証」を実施

(画像:ユナイテッド株式会社プレスリリースから)(画像:ユナイテッド株式会社プレスリリースから)

今年12月には「株式会社博報堂DYメディアパートナーズ・株式会社テレビ神奈川・エヴィクサー株式会社」と共同で「Card Hunter」を用いた技術検証が行われる予定となっています。

この技術検証では、毎週月曜日~金曜日の23時30分から放送されているテレビ神奈川の音楽情報バラエティ「関内デビル」の番組内で、出演者6名×2種類(合計12種類)のオリジナルトレーディングカード情報を埋め込んだ音響透かしが12回にわたって放送されるとのことです。

番組視聴者は「Card Hunter」のアプリを使用することによって、1回の放送につき1種類のトレーディングカードを獲得することができ、12種類全てのカードを集めた視聴者は番組から"オリジナルプレゼント"を受け取ることができるようになっています。

獲得したトレーディングカードは、他の人と交換することもできるとされているため、新しいテレビの楽しみ方が生まれると期待されます。

>>「ユナイテッド株式会社」の公式発表はこちら
>>「Card Hunter」iOS版アプリのダウンロードはこちら
>>「Card Hunter」Android版アプリのダウンロードはこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

BMW:ブロックチェーン企業「Bloom」と提携|顧客への融資を合理化

BMW:ブロックチェーン企業「Bloom」と提携|顧客への融資を合理化

HEXA(ヘキサ)住民票NFTの「第3回無償配布」登録受付開始

HEXA(ヘキサ)住民票NFTの「第3回無償配布」登録受付開始

ブロックチェーン戦略アクションゲーム「Crypto Alchemist」事前登録受付を開始

ブロックチェーン戦略アクションゲーム「Crypto Alchemist」事前登録受付を開始

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックチェーンで「珈琲の製品情報」を共有|流通過程に透明性を:ウガンダ

ブロックチェーンで「珈琲の製品情報」を共有|流通過程に透明性を:ウガンダ

注目度の高い仮想通貨ニュース

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す