ロールス・ロイス:航空ブロックチェーン企業「ブロックエアロ」に助成金授与

by BITTIMES

航空機エンジンや船舶・エネルギー関連機械などを製造・販売しているイギリスの工業メーカー「Rolls-Royce(ロールス・ロイス)」は、航空部門向けのサプライチェーンに特化したブロックチェーンネットワークを開発するための助成金37,000ドル(約404万円)を航空宇宙ブロックチェーンのスタートアップ企業「Block Aero(ブロックエアロ)」に授与したことを発表しました。

こちらから読む:国内テレビ局がBCアプリの技術検証「ブロックチェーン」関連ニュース

航空機エンジンのメンテナンスを効率化

Rolls-Royce(ロールス・ロイス)は今月初めにハッカソンを開催し、航空機エンジンの生産やメンテナンスに関連する利害関係者をつなぐためのブロックチェーン開発を求めました。このハッカソンには多くのブロックチェーン開発企業が参加しましたが、今回は航空宇宙のサプライチェーンに関する専門知識を有していた「Block Aero(ブロックエアロ)」が優勝を掴みました。

「Block Aero」は、人工知能(AI)を使用して航空分野の資産管理プロセスを自動化する航空宇宙ブロックチェーンを開発しているスタートアップ企業であり、ブロックチェーン技術を使用して航空機の所有権やコンプライアンス、製造過程などに信頼性をもたらすプラットフォームを提供しています。

ロールス・ロイスのエンジンは「ボーイング787」や「エアバスA380」などといった様々な航空機で使用されていますが、エンジンのメンテナンスを行う際には複数の関連企業の間で「手動でのチェック・紙への記録作業」を行う必要があったため、多くの事務処理が必要になり、時間と費用がかかっていました。

しかし、これらの情報管理にブロックチェーン技術を取り入れて航空会社と製造業者全体をつなぐことによって、製造工程全体で効率的に情報を管理・共有して「どの部品を交換/修理する必要があるか」や「どの企業が責任を負う必要があるか」などを素早く特定することができると期待されています。

「Block Aero」はこれまでにも大手航空会社と共同でブロックチェーンプロジェクトに取り組んできており、今年の初めにはエンジンのオーバーホール時間を短縮するためにアラブ首長国連邦(UAE)アブダビの国営航空会社「Etihad Airways(エティハド航空)」ともテストプロジェクトを開始しているため、今後も同社の技術は積極的に活用されていくことになると予想されます。

(参照元:Rolls-Royce Blockchain Innovation Challenge

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン×AIで「次世代著作権管理システム」構築へ|エイベックスなど3社が実証実験

ブロックチェーン×AIで「次世代著作権管理システム」構築へ|エイベックスなど3社が実証実験

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

POL(ポル)無料で始められる「仮想通貨・ブロックチェーン」のオンライン学習サービス

POL(ポル)無料で始められる「仮想通貨・ブロックチェーン」のオンライン学習サービス

オンライン銀行アプリ「Revolut」日本で口座開設が可能に|仮想通貨機能は未対応

オンライン銀行アプリ「Revolut」日本で口座開設が可能に|仮想通貨機能は未対応

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

「LINEトークンエコノミー」発表!ブロックチェーンプラットフォームでDAppsの開発も

「LINEトークンエコノミー」発表!ブロックチェーンプラットフォームでDAppsの開発も

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す