ブロックチェーンで「性的暴行・DV」の被害者を支援:Smashboard

by BITTIMES   

Smashboard(スマッシュボード)と呼ばれるスマートフォン向けアプリは、ブロックチェーン技術を用いて「性的暴行・虐待」や「家庭内暴力(DV)」などの被害を受けている人々を支援しています。

こちらから読む:国際宇宙ステーションにBC技術を「ブロックチェーン」関連ニュース

「証拠データの記録」や「相談場所」などを提供

インドを拠点とするソーシャルメディアネットワークである「Smashboard(スマッシュボード)」は、イーサリアム(ETH)のブロックチェーン技術を用いて「性的暴行・虐待」や「家庭内暴力(DV)」などといった深刻で複雑な問題の解決に取り組んでいます。

レイプ(強姦)や家庭内暴力などの被害は未だに世界中で数多く報告されていますが、実際にそのような被害に遭っている人々の中には「その事実を他の人に相談したり打ち明けたりすることができずにいる人」も多く、「勇気を出して警察などに被害を訴えたにも関わらず、証拠不足などの理由によって何もできなかった」といったケースも多数報告されています。

「Smashboard」はこのような問題を解決するために作成されたiOS/Android向けのアプリケーションであり、ブロックチェーン上に「性的暴行の出来事」や「日記」などの重要なデータを記録して証拠として利用できるようにしたり、匿名で他のユーザーに相談したりすることができるようになっていると伝えられています。

ブロックチェーン技術を用いてデータを記録することによって、重要な証拠となるデータを確実かつ安全に保管することができるようになり、被害者が匿名でサービス利用できるようにすることによって、実名では人に相談しづらいような内容も安心して他の人や専門家に相談することができるようになります。

さらにこのアプリは、
・メンタルヘルス、法務実務者のリスト
・ユーザーがコミュニティに助けを求めるためのフォーラム
・フェミニスト関連の記事を表示するニュースフィード
・性的暴行の記録を共有するためのジャーナリスト
なども提供しています。

仮想通貨「SMASH」の発行も計画

Smashboardは、ユーザーIDやデータを保護するためにブロックチェーン技術を使用していますが、将来的に仮想通貨が合法化された場合には「SMASH」と呼ばれる仮想通貨を発行することも計画しています。

この仮想通貨は「フェミニストの活動」や「デジタルツールの開発」などの資金調達などに使用することが想定されているとのことです。

Smashboardは現在「英語・スペイン語・フランス語」のみに対応していますが、今後は言語オプションを拡張する予定だとされています。Smashboardに関する詳しい情報は以下の公式サイトをご覧ください。
>>「Smashboard」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:仮想通貨P2P取引で「ベネズエラボリバル(VES)」に対応

BINANCE:仮想通貨P2P取引で「ベネズエラボリバル(VES)」に対応

大学のブロックチェーン研究「世界規模で推進」Ripple社の支援プログラムに11校が参加

大学のブロックチェーン研究「世界規模で推進」Ripple社の支援プログラムに11校が参加

double jump.tokyo:NFT領域で「Astar Network(ASTR)」と提携

double jump.tokyo:NFT領域で「Astar Network(ASTR)」と提携

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

GMOコイン「モナコイン(Monacoin/MONA)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産でサポート

GMOコイン「モナコイン(Monacoin/MONA)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産でサポート

ビットコインはここから回復できるのか?著名アナリストの価格予想

ビットコインはここから回復できるのか?著名アナリストの価格予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

毎日更新のSHIB公式ニュースサイト「The Daily Shib」登場

毎日更新のSHIB公式ニュースサイト「The Daily Shib」登場

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す