Cardano財団:ブランド強化に向け「McCann Dublin」と協力

by BITTIMES

カルダノ財団(Cardano Foundation)は、2019年12月13日にブランド・デザイン・デジタルコンテンツを専門とするアイルランドの企業「McCann Dublin(マッキャン・ダブリン)」をCardanoと財団のブランド戦略および設計機関として任命したことを発表しました。

こちらから読む:ステーキング報酬の"計算機能"公開「Cardano/ADA」関連ニュース

ブランドを再評価し「カルダノ採用」を促進

カルダノ財団(Cardano Foundation)は、2019年12月13日にCardanoのブランドやアイデンティティを強化するためにアイルランドの「McCann Dublin(マッキャン・ダブリン)」と協力していくと発表しました。

McCann Dublin(マッキャン・ダブリン)は、グローバルに活動を行なっているブランド・デザイン・デジタルコンテンツを専門として企業・プロジェクトなどのサポートを行なっている会社であり、過去には「Microsoft・LinkedIn・Norwegian Airlines・国境なき医師団」などといった有名企業・プロジェクトの支援も行ってきたと伝えられています。

「カルダノ財団」と「McCann Dublin」の協力は、カルダノのブランドを再評価して、カルダノ財団の使命と目標に沿ったブランド再編を行うことを目的としたものであり、プロジェクトの本質と価値を見直すことによってブランドの価値を高め、カルダノの採用を促進することができると期待されています。

Cardanoのブロックチェーン技術は徐々に企業でも活用され始めてきており、今年10月には世界的に有名なシューズメーカーである「New Balance(ニューバランス)」が真贋判定システムに技術活用を開始したほか、先月末にはADA決済を簡単に処理することができる決済ソリューション「ADAPay(エイダペイ)」も公開されているため、「McCann Dublin」と協力して基盤価値を強化し、マーケティング活動を行っていくことによって、2020年はCardanoの技術活用が急速に進むことになると期待されます。

>>「Cardano財団」の公式発表はこちら

2019年12月14日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月末に5円台まで回復したものの、その後はやや下落しており、2019年12月14日時点では「1ADA=4.02円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年11月14日〜2019年12月14日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月14日〜2019年12月14日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LINE:参加費無料の「ブロックチェーン開発者向けオンラインイベント」初開催

LINE:参加費無料の「ブロックチェーン開発者向けオンラインイベント」初開催

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

Binance US:XEM・TRXなど「仮想通貨18銘柄」上場を検討

Binance US:XEM・TRXなど「仮想通貨18銘柄」上場を検討

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始NEW

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月19日〜25日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月19日〜25日

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す