Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

by BITTIMES

石油精製や通信事業などを手がけている韓国の財閥「SKグループ」が、Ripple(リップル)のブロックチェーン技術を活用した寄付プラットフォーム「ChainZ(チェンジ)」と、韓国ウォン(KRY)に裏付けられたの独自ステーブルコイン「ソーシャル・バリュー・コイン(Social Value Coin/SVC)」を公開したことが明らかになりました。

こちらから読む:デジタル銀行"Ziglu"2020年にサービス開始へ「仮想通貨」関連ニュース

「教育・飢餓・シングルマザー」などの分野で支援活動

SKグループに属する「SK holdings C&C」は、昨年8月にRipple(リップル)のブロックチェーン技術をフォークさせて立ち上げたブロックチェーン基盤の寄付プラットフォーム「ChainZ(チェンジ)」と、韓国ウォン(KRY)に裏付けられたの独自のステーブルコイン「ソーシャル・バリュー・コイン(Social Value Coin/SVC)」を発表したと伝えられていましたが、今回の報道ではこれらのプラットフォームが従業員向けに公開されたことが明らかにされています。

ソーシャル・バリュー・コイン(Social Value Coin/SVC)は「ChainZ」のプラットフォームで利用することができるステーブルコインとなっているため、資金の流れはブロックチェーン上に記録され、寄付情報を透明性の高い状態で記録することができると説明されています。

「ChainZ」のプラットフォームは現在「SKグループ」のスタッフのみが利用できるようになっており、従業員はスマートフォンアプリを通じて寄付を行うことができると伝えられています。

SKグループは2020年1月末に「ChainZ」のプラットフォーム上で"韓国国際飢餓対策機構"と呼ばれる初めての公開募金キャンペーンを立ち上げることを計画しており、この募金キャンペーンを通じて3,200万ウォン(約300万円)の募金を集めることを目指しているとのことです。

また、その後はNGO(非政府組織)などと協力して「教育・飢餓・シングルマザー」などといった様々な分野で支援を行うためのプロジェクトを立ち上げていく予定だと説明されています。

「ChainZ」のプラットフォームには「ソーシャル・バリュー・パワー(Social Value Power/SVP)」と呼ばれるユーティリティトークンも存在しており、優れた仕事を行い会社に貢献したスタッフ向けの報酬として提供されていると伝えられています。

仮想通貨やブロックチェーン技術は「世界中に気軽に送金できること」や「資金の流れに透明性をもたらすことができること」などから慈善活動でも広く採用されているため、今後もこのような事例は増えていくことになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨決済アプリ「SPEDN」公開|スタバなど小売大手「15社」で暗号資産が利用可能に

仮想通貨決済アプリ「SPEDN」公開|スタバなど小売大手「15社」で暗号資産が利用可能に

2018年10月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

2018年10月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

Chiliz:プレミアリーグ所属「Aston Villa FC」と提携|$AVLファントークン発行へ

Chiliz:プレミアリーグ所属「Aston Villa FC」と提携|$AVLファントークン発行へ

コインベース:暗号資産対応のVISAデビットカード「Coinbase Card」米国でも発行へ

コインベース:暗号資産対応のVISAデビットカード「Coinbase Card」米国でも発行へ

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

Chiliz&Socios:クロアチアの強豪「Dinamo Zagreb」と提携|$DZGファントークン発行へ

Chiliz&Socios:クロアチアの強豪「Dinamo Zagreb」と提携|$DZGファントークン発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:2,000円分の暗号資産がもらえる「のりかえ・おかえりキャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円分の暗号資産がもらえる「のりかえ・おかえりキャンペーン」開始

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

子供やペットとの思い出を「NFT化してメタバース展示」OwlTing×MomentX

子供やペットとの思い出を「NFT化してメタバース展示」OwlTing×MomentX

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」正式リリース|BTC・ETHなどに対応

貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」正式リリース|BTC・ETHなどに対応

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

カルダノ(Cardano/ADA)「BITPOINT PRO」で板取引可能に|指値・逆指値注文も可能

カルダノ(Cardano/ADA)「BITPOINT PRO」で板取引可能に|指値・逆指値注文も可能

Club CAMELOT:メタバースナイトクラブ「Discover feed」のローンチ記念イベント開催へ

Club CAMELOT:メタバースナイトクラブ「Discover feed」のローンチ記念イベント開催へ

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す