Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

by BITTIMES

石油精製や通信事業などを手がけている韓国の財閥「SKグループ」が、Ripple(リップル)のブロックチェーン技術を活用した寄付プラットフォーム「ChainZ(チェンジ)」と、韓国ウォン(KRY)に裏付けられたの独自ステーブルコイン「ソーシャル・バリュー・コイン(Social Value Coin/SVC)」を公開したことが明らかになりました。

こちらから読む:デジタル銀行"Ziglu"2020年にサービス開始へ「仮想通貨」関連ニュース

「教育・飢餓・シングルマザー」などの分野で支援活動

SKグループに属する「SK holdings C&C」は、昨年8月にRipple(リップル)のブロックチェーン技術をフォークさせて立ち上げたブロックチェーン基盤の寄付プラットフォーム「ChainZ(チェンジ)」と、韓国ウォン(KRY)に裏付けられたの独自のステーブルコイン「ソーシャル・バリュー・コイン(Social Value Coin/SVC)」を発表したと伝えられていましたが、今回の報道ではこれらのプラットフォームが従業員向けに公開されたことが明らかにされています。

ソーシャル・バリュー・コイン(Social Value Coin/SVC)は「ChainZ」のプラットフォームで利用することができるステーブルコインとなっているため、資金の流れはブロックチェーン上に記録され、寄付情報を透明性の高い状態で記録することができると説明されています。

「ChainZ」のプラットフォームは現在「SKグループ」のスタッフのみが利用できるようになっており、従業員はスマートフォンアプリを通じて寄付を行うことができると伝えられています。

SKグループは2020年1月末に「ChainZ」のプラットフォーム上で"韓国国際飢餓対策機構"と呼ばれる初めての公開募金キャンペーンを立ち上げることを計画しており、この募金キャンペーンを通じて3,200万ウォン(約300万円)の募金を集めることを目指しているとのことです。

また、その後はNGO(非政府組織)などと協力して「教育・飢餓・シングルマザー」などといった様々な分野で支援を行うためのプロジェクトを立ち上げていく予定だと説明されています。

「ChainZ」のプラットフォームには「ソーシャル・バリュー・パワー(Social Value Power/SVP)」と呼ばれるユーティリティトークンも存在しており、優れた仕事を行い会社に貢献したスタッフ向けの報酬として提供されていると伝えられています。

仮想通貨やブロックチェーン技術は「世界中に気軽に送金できること」や「資金の流れに透明性をもたらすことができること」などから慈善活動でも広く採用されているため、今後もこのような事例は増えていくことになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

大手仮想通貨取引所が「ディズニー」の傘下に?Bitstampの親会社が持株売却を交渉

大手仮想通貨取引所が「ディズニー」の傘下に?Bitstampの親会社が持株売却を交渉

ウエストバージニア州:ブロックチェーンを用いた「選挙投票アプリ」の使用を開始

ウエストバージニア州:ブロックチェーンを用いた「選挙投票アプリ」の使用を開始

赤十字社:ブロックチェーン基盤の「現地通貨」発行へ|災害支援を促進

赤十字社:ブロックチェーン基盤の「現地通貨」発行へ|災害支援を促進

仮想通貨決済大手BitPay「XRPサポート」を正式発表

仮想通貨決済大手BitPay「XRPサポート」を正式発表

仮想通貨取引所「Bithumb」を約396億円で買収 ー シンガポール企業が筆頭株主に

仮想通貨取引所「Bithumb」を約396億円で買収 ー シンガポール企業が筆頭株主に

ブロックチェーン技術で「行政の透明性」を強化|提案評価システムに適用:韓国

ブロックチェーン技術で「行政の透明性」を強化|提案評価システムに適用:韓国

注目度の高い仮想通貨ニュース

中国:国家主導のブロックチェーンネットワーク「2020年4月」から本格稼働へ

中国:国家主導のブロックチェーンネットワーク「2020年4月」から本格稼働へ

BINANCE:仮想通貨販売所で「日本円」をサポート

BINANCE:仮想通貨販売所で「日本円」をサポート

Cardano創設者が語る「2020年代に起きること」仮想通貨革命は序章に過ぎない

Cardano創設者が語る「2020年代に起きること」仮想通貨革命は序章に過ぎない

【c0ban取引所】仮想通貨がもらえる「新規口座開設キャンペーン」延長決定

【c0ban取引所】仮想通貨がもらえる「新規口座開設キャンペーン」延長決定

任意の仮想通貨・法定通貨を「リアルタイム交換」決済技術で特許取得:Square

任意の仮想通貨・法定通貨を「リアルタイム交換」決済技術で特許取得:Square

自民党「デジタル通貨発行」視野に独自対策|法律見直しの可能性も

自民党「デジタル通貨発行」視野に独自対策|法律見直しの可能性も

コインチェック:大口OTC取引サービス「対応仮想通貨」を拡大

コインチェック:大口OTC取引サービス「対応仮想通貨」を拡大

Poloniexでメールアドレスなどの「個人情報漏洩」一部パスワードは強制リセットへ

Poloniexでメールアドレスなどの「個人情報漏洩」一部パスワードは強制リセットへ

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「先物取引」提供開始

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「先物取引」提供開始

2020年代は「イーサリアム価格上昇」が続く?BTCとETHの興味深い共通点

2020年代は「イーサリアム価格上昇」が続く?BTCとETHの興味深い共通点

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月19日〜25日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月19日〜25日

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す