ビットコイン価格「90万円台」到達|第三次世界大戦への懸念でリスクヘッジの動き

by BITTIMES

米国とイランの情勢は現在も悪化し続けており、本日8日には「イランの革命部隊がイラクの米軍基地に対して複数のミサイル攻撃を行なったこと」が発表されています。第三次世界大戦(WW3)への懸念が高まっている一方では、緊急事態発生時の"安全資産"とみなされているビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨価格が急速に上昇しています。

こちらから読む:中東カタール、仮想通貨関連サービス禁止か「仮想通貨」関連ニュース

イラン革命部隊「米軍基地にミサイル攻撃」

米国防総省は2020年1月8日に「イランの革命防衛隊が10発を超えるミサイルをイラク国内にある複数の米軍基地に対して発射した」と発表しました。複数の報道によると、今回の攻撃では同国最大規模の米海兵隊航空基地である「アル・アサード基地」も攻撃を受けたとされており、状況はさらに深刻化してきています。

さらにイランの革命部隊は『米国が今回のミサイル攻撃への報復を行なった場合は、米国国内を攻撃する』と述べている他、『もしもイランの国土が攻撃された場合には「アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ」と「イスラエルのハイファ」を標的にする』とも語っているとも報告されているため、国際的に緊張が高まってきています。

米国防総省のJonathan Hoffman(ジョナサン・ホフマン)氏は、今回の攻撃について『今回のミサイル攻撃がイランによる攻撃であることは明白であり、現在米国は戦闘被害評価を開始している』と述べており、米国のDonald Trump(ドナルド・トランプ)大統領は、本日8日のツイートで『明日の朝には声明を発表する』と述べているため、米国側の対応は今夜にも発表されると予想されます。

情勢悪化で「ビットコイン価格は上昇」

米国とイランの関係は2020年1月3日にイランのQasem Soleimani(ガーセム・ソレイマニ)司令官が米軍からの爆撃で殺害されたことを受けて急速に悪化してきており、これを受けて"安全資産"とみなされているビットコイン(BTC)などに資産を移動する動きもみられはじめています。

ビットコインの価格は2020年1月3日の午前11時頃に74万円近くまで下落していたものの、その後は急速に上昇しており、2020年1月8日時点では「1BTC=90万円」まで上昇しています。

世間では「2020年に第三次世界対戦(WW3)が本格化する」といった意見も多く出ており、戦争への懸念が世界中で高まっていますが、仮想通貨のテクニカル分析を行なっていることで知られるベテラントレーダーのPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は、本日8日のツイートで『国際的な危機が起きた時はチャート分析は意味をなさない』と述べています。

チャーティストへ

国際的な危機が発生した時は価格チャートを捨ててください。サポートやレジスタンスの水準は何の意味もありません。

昨年末には中国国防省から「中国ロシアイランの3カ国が軍事演習を行うこと」も発表されており、世界情勢は不安定化してきているため、今後は国際情勢にも十分に注意を払っておく必要があると考えられます。

2020年1月8日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月3日に74万円付近まで下落したものの、その後は急速に上昇しており、2020年1月8日時点では「1BTC=900,893円」で取引されています。

2019年12月9日〜2020年1月8日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月9日〜2020年1月8日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック:貸仮想通貨サービスに「180日間(年率4.0%)」プランを追加

コインチェック:貸仮想通貨サービスに「180日間(年率4.0%)」プランを追加

ビットコインETF否認!混乱する市場、今後はどうなるのか?

ビットコインETF否認!混乱する市場、今後はどうなるのか?

ビットコイン「1,000万円」までの道程|アナリストが語る、3つの重要ポイント

ビットコイン「1,000万円」までの道程|アナリストが語る、3つの重要ポイント

Libra(リブラ)は「暗号資産に該当しない」可能性|金融庁の見解傾く

Libra(リブラ)は「暗号資産に該当しない」可能性|金融庁の見解傾く

オランダ銀行:ユーロ圏の「中央銀行デジタル通貨開発」に前向き姿勢

オランダ銀行:ユーロ圏の「中央銀行デジタル通貨開発」に前向き姿勢

日本円ステーブルコインJPYC「Polygon・xDAI」に対応|手数料高騰問題に対処

日本円ステーブルコインJPYC「Polygon・xDAI」に対応|手数料高騰問題に対処

注目度の高い仮想通貨ニュース

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す