ブロックチェーン認証された「ジャージ・ユニフォーム」を導入:ACFフィオレンティーナ

by BITTIMES

イタリアのプロフットボールクラブである「ACF Fiorentina(ACFフィオレンティーナ)」は、2020年1月5日にアイオータ(IOTA/MIOTA)の技術を活用した分散型認証プロトコルを提供する「Genuino」と提携を結び、"クラブチームの公式ジャージ・ユニフォームであることを証明するためにブロックチェーン技術を活用していく"と発表しました。

こちらから読む:多機能コンセプトカー"EDAG CityBot"を紹介「IOTA」関連ニュース

「信頼できる公式ユニフォーム」をファンの人々に

ACF Fiorentina(ACFフィオレンティーナ)は、2020年1月5日に同チームが「選手が使用するジャージ・ユニフォームをブロックチェーン技術で認証する"世界初のフットボールクラブ"になったこと」を発表しました。

ACFフィオレンティーナは日本にサポーターが多くいることでも知られており、「TOYOTA(トヨタ)・MAZDA(マツダ)・任天堂(ニンテンドー)」とスポンサー契約を結んでいた時期がある他、2004年には中田 英寿(なかた ひでとし)選手を獲得しています。

ジャージの認証には、アイオータ(IOTA/MIOTA)の技術を活用した分散型認証プロトコルを提供する「Genuino」の技術が使用されており、各ジャージには偽造品でないことを証明するための専用チップが搭載されていると伝えらえています。ACFフィオレンティーナは、この技術を採用することによって『透明性・信頼性・ブランドと消費者の関係を高めることができる』と述べています。

専用チップを搭載したジャージは、2019年12月15日と12月20日行われた試合で試験的に使用された後に、2020年1月7日〜10日にかけてラスベガスで開催された「Consumer Electronics Show(CES)」で展示されたと報告されています。

2019年〜2020年のシーズン中に認定されるジャージは、ACFフィオレンティーナが開催するチャリティーオークションでファンやサポーター、コレクターに提供される予定となっています。

スポーツの世界では、選手が実際に使用したグッズはファンの間で高値で取引されていますが、その一方では"サイン入りグッズ"などを偽造した商品も出回っていたため問題となっていました。試合で実際に使用したジャージをブロックチェーン技術で証明・確認・追跡できるようにすれば、偽造品問題を解決し、グッズの価値を高めることができると期待されます。

>>「ACF Fiorentina」の公式サイトはこちら
>>「Genuino」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

ロシア金融監視機関:AI用いた「暗号資産取引追跡ツール」を開発|DASHなどにも対応

ロシア金融監視機関:AI用いた「暗号資産取引追跡ツール」を開発|DASHなどにも対応

ブロックチェーン企業がプロゴルフ協会「ヨーロピアンツアー」と提携 ー LIFE labs

ブロックチェーン企業がプロゴルフ協会「ヨーロピアンツアー」と提携 ー LIFE labs

韓国・国土交通部:データ管理にブロックチェーン活用「スマートシティ化」への新たな一歩

韓国・国土交通部:データ管理にブロックチェーン活用「スマートシティ化」への新たな一歩

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

ブロックチェーン×位置情報連動型ゲーム「駅メモ!Our Rails」公開へ:モバイルファクトリー

ブロックチェーン×位置情報連動型ゲーム「駅メモ!Our Rails」公開へ:モバイルファクトリー

注目度の高い仮想通貨ニュース

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す