ブロックチェーン認証された「ジャージ・ユニフォーム」を導入:ACFフィオレンティーナ

by BITTIMES

イタリアのプロフットボールクラブである「ACF Fiorentina(ACFフィオレンティーナ)」は、2020年1月5日にアイオータ(IOTA/MIOTA)の技術を活用した分散型認証プロトコルを提供する「Genuino」と提携を結び、"クラブチームの公式ジャージ・ユニフォームであることを証明するためにブロックチェーン技術を活用していく"と発表しました。

こちらから読む:多機能コンセプトカー"EDAG CityBot"を紹介「IOTA」関連ニュース

「信頼できる公式ユニフォーム」をファンの人々に

ACF Fiorentina(ACFフィオレンティーナ)は、2020年1月5日に同チームが「選手が使用するジャージ・ユニフォームをブロックチェーン技術で認証する"世界初のフットボールクラブ"になったこと」を発表しました。

ACFフィオレンティーナは日本にサポーターが多くいることでも知られており、「TOYOTA(トヨタ)・MAZDA(マツダ)・任天堂(ニンテンドー)」とスポンサー契約を結んでいた時期がある他、2004年には中田 英寿(なかた ひでとし)選手を獲得しています。

ジャージの認証には、アイオータ(IOTA/MIOTA)の技術を活用した分散型認証プロトコルを提供する「Genuino」の技術が使用されており、各ジャージには偽造品でないことを証明するための専用チップが搭載されていると伝えらえています。ACFフィオレンティーナは、この技術を採用することによって『透明性・信頼性・ブランドと消費者の関係を高めることができる』と述べています。

専用チップを搭載したジャージは、2019年12月15日と12月20日行われた試合で試験的に使用された後に、2020年1月7日〜10日にかけてラスベガスで開催された「Consumer Electronics Show(CES)」で展示されたと報告されています。

2019年〜2020年のシーズン中に認定されるジャージは、ACFフィオレンティーナが開催するチャリティーオークションでファンやサポーター、コレクターに提供される予定となっています。

スポーツの世界では、選手が実際に使用したグッズはファンの間で高値で取引されていますが、その一方では"サイン入りグッズ"などを偽造した商品も出回っていたため問題となっていました。試合で実際に使用したジャージをブロックチェーン技術で証明・確認・追跡できるようにすれば、偽造品問題を解決し、グッズの価値を高めることができると期待されます。

>>「ACF Fiorentina」の公式サイトはこちら
>>「Genuino」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

メルカリ:NFT事業でプロ野球パ・リーグ6球団と連携「Exciting Moments β」公開へ

メルカリ:NFT事業でプロ野球パ・リーグ6球団と連携「Exciting Moments β」公開へ

ブロックチェーンは「電子書籍」に所有権をもたらす|未来の図書館は分散型管理?

ブロックチェーンは「電子書籍」に所有権をもたらす|未来の図書館は分散型管理?

コロナウイルス、仮想通貨・ブロックチェーン業界にも影響「サービス無償提供」の発表も

コロナウイルス、仮想通貨・ブロックチェーン業界にも影響「サービス無償提供」の発表も

人気アニメ「ドロヘドロ」のブロックチェーン証明書付きアート作品が登場:BlockPunk

人気アニメ「ドロヘドロ」のブロックチェーン証明書付きアート作品が登場:BlockPunk

ビットコイン・ストリートアート|世界中に描かれる経済革命のシンボル

ビットコイン・ストリートアート|世界中に描かれる経済革命のシンボル

Louis Vuitton・Diorのオーナー企業「LVMH」ブロックチェーン導入へ|60以上の高級ブランドに実装

Louis Vuitton・Diorのオーナー企業「LVMH」ブロックチェーン導入へ|60以上の高級ブランドに実装

注目度の高い仮想通貨ニュース

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す