ビットコインの「オプション取引」提供開始:仮想通貨デリバティブ取引所FTX

by BITTIMES   

仮想通貨デリバティブ取引所である「FTX」が、2020年1月11日に仮想通貨のオプション取引を開始したことが明らかになりました。同取引所のオプション取引は"サービス開始初日だけで100万ドル(約1.1億円)の取引量を記録した"と報告されています。

こちらから読む:2020年代はETH価格上昇が続く?「仮想通貨」関連ニュース

仮想通貨取引所「FTX」とは

FTX-logo

FTXは2019年に立ち上げられた比較的新しい仮想通貨のデリバティブ取引所であり、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(XRP/XRP)
トロン(Tron/TRX)
イオス(Eos/EOS)
バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)
などといった20種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

仮想通貨の「先物取引」や「大口取引向けのOTC取引」などを提供している同社は、レバレッジを自動調整する「レバレッジトークン」と呼ばれるシステムも導入しており、世界中の様々な地域向けにサービスを提供しています。

仮想通貨関連の幅広いサービスを提供している「FTX」は仮想通貨情報サイト「Coingecko」の"デリバティブ取引所の取引量ランキング"で7位(過去24時間で約373億円)にランク付けされており、ここ最近で注目の仮想通貨デリバティブ取引所として知られています。

取引量はわずか2時間で「100万ドル」に到達

FTXのCEOであるSam Bankman-Fried(サム・バンクマン・フリード)氏は、2020年1月12日のツイートで同社が「ビットコインオプション取引」を開始したことを発表しました。なお、現時点でオプション取引に対応している仮想通貨はビットコインのみとなっており、その他仮想通貨への対応予定などは明らかにされていません。

フロード氏はその後のツイートで「公開初日のオプション取引量がわずか2時間で100万ドル(約1.1億円)に達し、最初の12時間で約2,000件の取引が行われたこと」も報告しているため、現時点で高い需要を得ていることがわかります。

ビットコインのオプション取引を提供する取引所は増えてきており、最近では「Bakkt(バックト)」や「CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)」なども『ビットコインのオプション取引を提供する』と発表しています。

>>「FTX」の公式サイトはこちら

2020年1月13日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月8日に90万円付近まで回復して以降は横ばいの状態が続いてており、2020年1月13日時点では「1BTC=890,428円」で取引されています。

2019年12月30日〜2020年1月13日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月30日〜2020年1月13日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

LINE独自の仮想通貨「LINK/LN」日本国内でも取り扱いへ

LINE独自の仮想通貨「LINK/LN」日本国内でも取り扱いへ

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

【重要】Liquid:本人確認書類など「28,000件流出」の可能性|ユーザーからの批判殺到

【重要】Liquid:本人確認書類など「28,000件流出」の可能性|ユーザーからの批判殺到

キルギス共和国「暗号資産取引所のライセンス制度導入」を計画

キルギス共和国「暗号資産取引所のライセンス制度導入」を計画

BINANCE:ライトコインの「先物取引」提供へ|対応仮想通貨の拡大続く

BINANCE:ライトコインの「先物取引」提供へ|対応仮想通貨の拡大続く

注目度の高い仮想通貨ニュース

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す