ブロックチェーンカードゲーム「コンサヴァ」正式リリース|クラウドセールも開催

by BITTIMES

日本国内のパブリックセールで過去最高の取引額を記録した話題のブロックチェーンゲーム「コントラクトサーヴァント –CARD GAME-(コンサヴァ)」は、2020年1月23日から正式にサービスを開始しました。コンサヴァは正式サービス開始に伴い、クラウドセールも開催しています。

こちらから読む:Crypto Alchemist、オープンβテスト開始「ゲーム」関連ニュース

カードの組み合わせは「1兆2,554億通り以上」

ブロックチェーンゲームの開発・運営を行っている「アクセルマーク株式会社」は、2020年1月23日に同社が開発したブロックチェーンカードゲーム「コントラクトサーヴァント –CARD GAME-(コンサヴァ)」が正式にサービスを開始したことを発表しました。

このゲームは様々な性質を持ったカード(サーヴァント)の中から8枚のカードを選び抜いて自分だけのデッキを構成し、他のプレイヤーとバトルを行う"陣形タクティカルバトルゲーム"となっており、カードの組み合わせは合計1兆2,554億通り以上もあるとされています。

マーケットに存在するサーヴァントは全て異なる性質を持っており、同じステータスのサーヴァントは一つとして存在していないため、プレイヤーには「デッキ戦略」と「目利き」が求められます。

ダッチオークション方式の「クラウドセール」も開催

ContractServant-CrowdSale

今回の発表では、本日23日からトークンサーヴァントを購入することができる「クラウドセール」が開始されることも発表されています。今回のクラウドセールは「2020年1月23日〜2020年2月6日15時00分」までの期間にかけて開催されることになっており、トークンサーヴァントは数量および期間限定の時間経過型ダッチオークション方式で販売されます。

クラウドセールには「コンサヴァのゲーム内」または「コンサヴァAPP」から参加できるようになっており、サーヴァントを購入したユーザーは抽選でアイテムが当たる「SALE LOTTO」に参加できるようになっています。

「SALE LOTTO」は、クラウドセールで販売されているサーヴァントを購入する毎に、冒険者アバターと交換可能な「冒険者の日記(*1)」が手に入る企画となっており、サーヴァントを購入すると当選した賞に応じて以下のアイテムがもらえるようになっています。
・特賞 冒険者の日記×40個 (最大当選数50回)
・一等 冒険者の日記×5個(最大当選数300回)
・二等 冒険者の日記×1個(最大当選数1200回)
・参加賞 冒険者の日記(最大当選数 無制限)
 LEGENDARY TOKEN購入でx12個  EPIC TOKEN購入でx4個
(*1)冒険者の日記:ゲーム内で表示出来る特別な冒険者アバターとSHOPで交換できるアイテム。冒険者の日記40個をアバター1つと交換できる。

2019年12月18〜27日にかけて開催されたプレセールの合計取引額は、日本国内で行われたパブリックセールでは過去最高額となる「約3,480ETH」に達したと報告されているため、今回の正式リリースによってコンサヴァのコミュニティはさらに拡大していくことになると予想されます。

コントラクトサーヴァントは「Webブラウザ」または「iOS・Android向けアプリ」でプレイすることができます。
>>「Webブラウザ版」はこちら
>>「iOS版アプリ」はこちら
>>「Android版アプリ」はこちら
>>「クラウドセールの詳細」はこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Microsoft × EY:Xboxの「ブロックチェーン契約管理プラットフォーム」を拡張

Microsoft × EY:Xboxの「ブロックチェーン契約管理プラットフォーム」を拡張

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

NEM財団:Symbol(XYM)公開に向け「日本チーム」を強化

NEM財団:Symbol(XYM)公開に向け「日本チーム」を強化

ブロックチェーンを活用した「現金処理装置」の特許出願|バンク・オブ・アメリカ

ブロックチェーンを活用した「現金処理装置」の特許出願|バンク・オブ・アメリカ

【重要】Liquid by Quoine:不正アクセスで「個人情報流出」の可能性|ユーザーは確認を

【重要】Liquid by Quoine:不正アクセスで「個人情報流出」の可能性|ユーザーは確認を

ORBS(オーブス)開発者向けのローカルテスト環境「GAMMA」の立ち上げを発表

ORBS(オーブス)開発者向けのローカルテスト環境「GAMMA」の立ち上げを発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す