企業向け分散型台帳フレームワーク「Hyperledger Fabric 2.0」リリース

by BITTIMES   

Hyperledger Foundationは、2020年1月30日にオープンソースの分散型台帳技術「Hyperledger Fabric(ハイパーレジャー・ファブリック)」のバージョン2.0を公開したことを発表しました。

こちらから読む:近鉄、デジタル乗車券に技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

新機能追加と共にパフォーマンスも向上

Hyperledger-Fabric

Hyperledger Fabric(ハイパーレジャー・ファブリック)は「Linux Foundation」が開発したオープンソースのプロジェクト「Hyperledger(ハイパーレジャー)」を元に開発されているブロックチェーンプロジェクトであり、世界中で非常に多くの企業に利用されている分散型台帳技術(DLT)のフレームワークとして知られています。

2016年初頭に開始された「Hyperledger Fabric」のプロジェクトは、今や最も人気のオープンソースDLTプロジェクトの1つとなっており「Alibaba、AWS、Azure、Baidu、Google、Huawei、IBM、Oracle、SAP、Tencent」などといった主要なクラウドサービスプロバイダーで採用されています。

仮想通貨業界ではイーサリアム(Ethereum/ETH)などのブロックチェーン技術を用いたプロジェクトが数多く立ち上げられていますが、「Hyperledger Fabric」はこれらの大手企業の分散型台帳プロジェクトで広く普及しているフレームワークであるため、今回発表された「Hyperledger Fabric 2.0」は大きな注目を集めています。

「Hyperledger Fabric 2.0」には、"スマートコントラクトの分散ガバナンス"と呼ばれる仕組みをはじめとする、これまでにはなかった複数の新機能が搭載されていると伝えられています。

これは「台帳に新しいデータを追加する際に関係者全員の合意が必要となる仕組み」であり、一度記録されたデータを変更することが困難である分散型台帳技術において、データ記録に間違いがないことをより確実にすることができると期待されています。

またこの他にも「プライバシーが強化されたこと」や「パフォーマンスが向上したこと」なども報告されており、『Hyperledger Fabric 2.0のリリースは同プロジェクトにとって重要な節目である』と説明されています。

様々なプロジェクトの基盤として活用されている「Hyperledger Fabric」がアップグレードされたことによって、関連プロジェクト全体にパフォーマンス向上がもたらされると期待されます。

>>「Hyperledger」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

クラッシュした「謎のランボルギーニ」仮想通貨投資会社CEOの所有物と判明

クラッシュした「謎のランボルギーニ」仮想通貨投資会社CEOの所有物と判明

「Symbolでステーブルコインを発行する可能性」JPYC代表:岡部典孝氏

「Symbolでステーブルコインを発行する可能性」JPYC代表:岡部典孝氏

多言語対応のスマートチェックインサービス「maneKEY」公開|ブロックチェーン関連企業2社が協力

多言語対応のスマートチェックインサービス「maneKEY」公開|ブロックチェーン関連企業2社が協力

トロン(Tron/TRX)Sun Networkのテストネット公開「100倍のスケーラビリティ」実現へ

トロン(Tron/TRX)Sun Networkのテストネット公開「100倍のスケーラビリティ」実現へ

NASDAQ「ビットコイン先物取引」来年開始か|SEC委員長は取引所への懸念を表明

NASDAQ「ビットコイン先物取引」来年開始か|SEC委員長は取引所への懸念を表明

注目度の高い仮想通貨ニュース

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

【重要】OKCoinJapan「対BTCの取引ペア」取扱終了へ

【重要】OKCoinJapan「対BTCの取引ペア」取扱終了へ

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供開始:Slash × ライフカード

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供開始:Slash × ライフカード

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す