企業向け分散型台帳フレームワーク「Hyperledger Fabric 2.0」リリース

by BITTIMES   

Hyperledger Foundationは、2020年1月30日にオープンソースの分散型台帳技術「Hyperledger Fabric(ハイパーレジャー・ファブリック)」のバージョン2.0を公開したことを発表しました。

こちらから読む:近鉄、デジタル乗車券に技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

新機能追加と共にパフォーマンスも向上

Hyperledger-Fabric

Hyperledger Fabric(ハイパーレジャー・ファブリック)は「Linux Foundation」が開発したオープンソースのプロジェクト「Hyperledger(ハイパーレジャー)」を元に開発されているブロックチェーンプロジェクトであり、世界中で非常に多くの企業に利用されている分散型台帳技術(DLT)のフレームワークとして知られています。

2016年初頭に開始された「Hyperledger Fabric」のプロジェクトは、今や最も人気のオープンソースDLTプロジェクトの1つとなっており「Alibaba、AWS、Azure、Baidu、Google、Huawei、IBM、Oracle、SAP、Tencent」などといった主要なクラウドサービスプロバイダーで採用されています。

仮想通貨業界ではイーサリアム(Ethereum/ETH)などのブロックチェーン技術を用いたプロジェクトが数多く立ち上げられていますが、「Hyperledger Fabric」はこれらの大手企業の分散型台帳プロジェクトで広く普及しているフレームワークであるため、今回発表された「Hyperledger Fabric 2.0」は大きな注目を集めています。

「Hyperledger Fabric 2.0」には、"スマートコントラクトの分散ガバナンス"と呼ばれる仕組みをはじめとする、これまでにはなかった複数の新機能が搭載されていると伝えられています。

これは「台帳に新しいデータを追加する際に関係者全員の合意が必要となる仕組み」であり、一度記録されたデータを変更することが困難である分散型台帳技術において、データ記録に間違いがないことをより確実にすることができると期待されています。

またこの他にも「プライバシーが強化されたこと」や「パフォーマンスが向上したこと」なども報告されており、『Hyperledger Fabric 2.0のリリースは同プロジェクトにとって重要な節目である』と説明されています。

様々なプロジェクトの基盤として活用されている「Hyperledger Fabric」がアップグレードされたことによって、関連プロジェクト全体にパフォーマンス向上がもたらされると期待されます。

>>「Hyperledger」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

Operaブラウザ:トロン(Tron/TRX)など「複数のブロックチェーン」対応へ

Operaブラウザ:トロン(Tron/TRX)など「複数のブロックチェーン」対応へ

ビットコイン、再び「上昇トレンド」突入か|著名アナリストは300万円到達を予想

ビットコイン、再び「上昇トレンド」突入か|著名アナリストは300万円到達を予想

EUはフィンテック行動計画でブロックチェーンの活用を目指す

EUはフィンテック行動計画でブロックチェーンの活用を目指す

ビットコインの「超強気相場」再び|今後12〜18ヶ月は非常に重要:Anthony Pompliano

ビットコインの「超強気相場」再び|今後12〜18ヶ月は非常に重要:Anthony Pompliano

クジラが保有する仮想通貨「約50億円相当」が流出|個人がハッキング被害に

クジラが保有する仮想通貨「約50億円相当」が流出|個人がハッキング被害に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」ガバナンストークンAXSで約9,000万円を調達

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」ガバナンストークンAXSで約9,000万円を調達

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月25日〜31日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月25日〜31日

Cardano(ADA)の投票アプリ「Catalyst Voting」Google Playストアに登場

Cardano(ADA)の投票アプリ「Catalyst Voting」Google Playストアに登場

Ripple社が支援するゲーム関連企業「Forte」新たに4社とのパートナーシップを発表

Ripple社が支援するゲーム関連企業「Forte」新たに4社とのパートナーシップを発表

Trezor(トレザー)匿名性を強化するプライバシー保護機能「Tor Switch」導入

Trezor(トレザー)匿名性を強化するプライバシー保護機能「Tor Switch」導入

CoinGecko「Chiliz関連ファントークン」の情報提供を開始|ウィジェットも利用可能に

CoinGecko「Chiliz関連ファントークン」の情報提供を開始|ウィジェットも利用可能に

【重要】Liquid by Quoine:不正アクセスで「個人情報流出」の可能性|ユーザーは確認を

【重要】Liquid by Quoine:不正アクセスで「個人情報流出」の可能性|ユーザーは確認を

暗号資産取引所Bybit:ドイツの名門サッカークラブ「Borussia Dortmund」と提携

暗号資産取引所Bybit:ドイツの名門サッカークラブ「Borussia Dortmund」と提携

Braveブラウザ:月間アクティブユーザー数「1年間で2倍以上」に増加

Braveブラウザ:月間アクティブユーザー数「1年間で2倍以上」に増加

KuCoin「全ての暗号資産の入出金サービス」を再開|ハッキングから約2ヶ月

KuCoin「全ての暗号資産の入出金サービス」を再開|ハッキングから約2ヶ月

コインチェック「取扱い暗号資産に関する参考情報」を公開|取扱見直しの可能性も

コインチェック「取扱い暗号資産に関する参考情報」を公開|取扱見直しの可能性も

暗号資産取引所FTX:Zoom・Uber・Squareなど「株式トークン9銘柄」を追加

暗号資産取引所FTX:Zoom・Uber・Squareなど「株式トークン9銘柄」を追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す