Coinbase:Visaカード発行の「主要メンバー」として正式認定【仮想通貨企業初】

by BITTIMES

米国の大手仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」は、2020年2月19日にクレジットカード大手「Visa(ビザ)」から"プリンシパル・メンバーシップ(カード発行などを直接行うことができる権利)"を取得したと発表しました。純粋な仮想通貨企業がVisaの主要メンバーに選ばれたのは今回が初だと説明されています。

こちらから読む:マイニング大手Canaan、Northern Dataと提携「仮想通貨」関連ニュース

仲介者なしで「Visaカード発行」が可能に

Coinbase(コインベース)が取得したVisaの"プリンシパル・メンバーシップ"とは、厳密な審査を通過した企業にのみ与えられるメンバー登録証のことであり、このメンバー登録を受けた企業はVisaとライセンス契約を結んで直接Visaカードを発行したり、他の企業にデビットカードを発行したりすることができるようになります。

そのため今回正式にプリンシパルメンバーとして登録を受けた「Coinbase」は、仲介業者なしでVisaカードを発行したり、その他企業のVisaカード発行をサポートしたりすることができるようになります。なおコインベースの発表によると、"純粋な仮想通貨企業"がプリンシパルメンバーとして登録されたのは今回が初だと説明されています。

Coinbaseは2019年初頭にVisaと連携して「Coinbase Card(コインベースカード)」を発行しており、Visa加盟店で10種類の仮想通貨による支払いを行うことができるサービスを提供していました。このカードは支払いに利用された仮想通貨を自動的に法定通貨へと変換して支払いを行うデビットカードであり、イギリスイタリアスペインフランスドイツオランダスウェーデンエストニア・ノルウェー・ポルトガル・デンマークなどといった29カ国向けに提供されていました。

仮想通貨決済関連のサービス拡大へ

Coinbaseは「今回のメンバーシップ獲得は仮想通貨が実用的なものとして広く普及していくための重要な節目である」と説明しており、プリンシパルメンバーとして登録を受けたことによって、コインベースカードの利用者により多くの機能を提供することができると述べています。

このメンバーシップによって、コインベースカードの利用者により多くの機能を提供することができるようになります。「新しいサービスの追加」や「より多くのマーケットでのサポート」まで、仮想通貨を用いた支払い体験を進化させ、より豊かなものにするための様々なことを計画しています。

コインベースカードは発行された枚数の半数以上が定期的に使用されており、最も使用頻度が高い国はイギリス、それに続く形でイタリア・スペイン・フランスなどでも積極的に使用されていると報告されています。

現時点で仮想通貨は主に"投資目的"で利用されており、実社会での活用を重要視する意見も多く出ていたため、今後コインベースが展開していくコインベースカード関連のサービスには期待が高まります。

>>「Coinbase」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE「イーサリアム先物取引」のテストを開始

BINANCE「イーサリアム先物取引」のテストを開始

フランス代表FW「Mbappe(ムバッペ)」選手がビットコインを要求|意味深ツイートの真相とは

フランス代表FW「Mbappe(ムバッペ)」選手がビットコインを要求|意味深ツイートの真相とは

ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

Gemini「オーストラリア・香港・カナダ」の法定通貨をサポート

Gemini「オーストラリア・香港・カナダ」の法定通貨をサポート

韓国の仮想通貨取引所が北朝鮮からハッキングを受けていた事が判明

韓国の仮想通貨取引所が北朝鮮からハッキングを受けていた事が判明

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

Aker ASA:ビットコイン特化の投資部門設立「1BTC=数億円到達の可能性もある」と予想

Aker ASA:ビットコイン特化の投資部門設立「1BTC=数億円到達の可能性もある」と予想

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す